2020年07月31日

卒業6800 俺800 凛声(壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6800京都船旅5700
古譜4700大原練習4600天の下5000  俺800 凛声(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
暗い夜に鳴く 音の澄んだ鳴き声
リリン 爽やかな音 きれいだね
凛声 静かに聞く どこからか
聞こえる どこからか聞こえる
時間はどれくらいか 怨霊は如何か
橋架けてくれるかな リンリンリン
鳴き音と
  深い谷渡る 山の橋架け工事
  深谷川のヤル 岸工事 鉄炮水を
  治め 安心の地にする 時間は
  どれ位か お伴の音 如何か 
  橋架けてくれるかな リンリンリン
  音がする

 狐の天気予報。〇r1999/04/25
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200730
【歌解説】
丘の怨霊
  音量が隠れています。
 丘の怨霊、長岡の橋掛け
 リンリンリンという、鉄砲水のまえぶれの音。 
ヤル:工事のこと、岸冠話
深い:『ふくい』という読み、地の言葉、長岡の『ふくず
   る』という言い。他に、大阪市深野南、ふくのみ
   なみ、と読む。
   深居、ふくいという、しんきょという、福の居るという、
   これを、福居という、福井を深井という、ふくふくのふか
   という。これを、ふくずる、という。深福という。ふく
   ふくという、しんぷくのことという。後 、振幅という、
   福が振るえる範囲という。ふくずるしょっそく、という。
   これを、岸あら闇の言いという、護岸工事のことをいう。
   福行深、ふくこうしん護岸という。行深という、下への
   行進という。水の地下への進みと言う、福行深という、
   福行深幅という水行の領である。音による音量振幅の
   話である。
おともの音:怨霊のお伴の音。音物音という、ぶんぜる山の言い
   という、怨霊の音を、物音という、音物音ともいう、
   うらみ音という。
   怨音、えんおんの言いという。おんおんという言い
   表しをする、怨霊の音、声という、オオカミという、
   大神とも、これをおおかみ、という、おかみの丘見
   という。深丘怨音(しんきゅうえんおん)という、
   かけまくもという意という。神社の言葉である。
   怨みを恨ともいう、魂のこととも。鎮魂(ちんごん)の
   運びという、これを神山(かみやま)という、鎮魂の丘
   という、この岡を、おかおるおか、という。顔の丘と
   いう、アメリカのスカイモクという、スカイラークの
   運びという。スカイライトの言いという、ライトが魂
   である意という。ラッシュモアの話である。顔丘とい
   う、中国、論語の人物という、話である。論丘という、
   論語の丘という、論を掛けたロング丘という、ろんヒル
   の鉄炮という、後、鉄砲を作る運びとなる。箱に灯を
   入れる灯篭という、この灯を、はこび、という、灯篭
   の灯である。西陣の灯篭が゜それである、神社の灯と
   も。古く神社を陣丘という、長岡天満宮の西を西陣と
   いう、これを、灯る槍という、灯槍の言葉という、
   後、灯りの乱れをいう言葉とも、灯槍。後、この乱れ
   をトオルという、灯り通しという語源である。
   提灯行列のことである、灯り通しという、これをする
   ことを労う、足洗い、という。率先の語源である。
   足洗深行という、率先のことである。
   神社の労いを、足洗う言葉という。
   労いを洗いという、この洗いを荒いという、清荒神
   のことという、その謂れである。陣より出た丘出の
   言葉という、神の救出という、おかみやま、という、
   かまりる、という、かみせに、ともいう。陣丘の冠
   語という、これを、陣露という、神武の語源である。
    冠語の冠を、看に書く、看と書く冠語である。
   後、冠語になる、これを神武通しという、神武の
   受け継ぎという、闇成りの山という、身なりという、
   身を保つこことである。人身人徳という、仁徳の
   語源とぞう。
    陣身陣得のことという、陣徳の言いという、
   陣々連べる、という。連減の語源である。経るの
   ことを、減じるという、昔の言いである。水源と
   いう、水を経た、水を減じたことという、川を作る
   ことである。この音の歌である。童歌道謡という。
   道の話である。水道のことという、川行という、
   水の流れを整える、整水整路という、これを、岸の
   ことという、護岸という意味である。治水のことで
   ある。凛録のお書きという歌である。
   いかすみ浦お書きという、本文である。
   霞出しの意味である、いかすみという、裏を黒と
   いう、これを玄という、玄色という、これを、クラ
   イと読む、減じの宮という、減宮という、玄宮の古
   い表しである。陣落ちの意味である。陣へ行くこと
   という、減封(げんぽう)ともいう、落ち行きのこと
   である、源泉山のお書きという。源の氏の元の意味
   である。中国風の減宮という、後、阮という中国
   である。後、現を経て、元という、元寇のことと
   いう。阮の頃の中国、神祇の中国という、これを、
   神祇官という、官職にする、神丹(じんたん)という、
   仁丹という意味という、官職の神祇の出という。
    この官職の場を、祇官園(ぎかんおん)という、
   えんをおんという話である。演義の分かれ出とい
   う、語源のことという。二つに分かれて行く、ぎか
   んおん、ぎかんえんである。病気のやまいという、
   の病気を直るという、直の宴しという、直会(なお
   らい)という、神社の会食である。やまいをいう。
   うやまう、やまいうという、山という役小角の出
   である。山岳の修行ともいう、その別れという、
   意味が分かれることをいう。これから出た言葉
   をいう。天と点という類の話である。

 怨霊が来るくらい夜、橋を掛けてくれという、リンリン
リンと澄んだ声でいう。
 どの方から来るか、どれ程かかるか、怨霊は『どれ、
暗い』という。恐い鉄炮水という、音量のことという、
どれ位の水か、怨霊の恐さという、澄んだ声という。
 丘は水琴窟であろうか。そういう音である。怨霊の声、
鉄砲水の音である。

京都府長岡京市 
 一文橋という、これが、山掛けの長い端であった頃という。
その下の川の灌漑である。鉄砲水を、この川で防いだのであ
る。夜鳴きが聞こえなくなったという、昼なき、という、
昼山のお鳴きという。この言いが、長岡の天陣の言いという、
天神の前の地である。中飾りという、これが、長岡天神の
発祥という。菅原の中行きという、菅所という、かんさまの
お行き、という。後、長岡天満宮という。長岡天満宮という
場所である、この以前の地である、天陣という、この頃の
鉄砲水である。

 大きな山の端という、橋の長さが、500メーター程である。
山から山へ掛ける橋である。この下の谷を、ほっき、という、
ほっき谷という。そこの地を灌漑する大工事という、これ
が、亀岡の明智の大工事の工法という、山に食いを打つ工法
である。これが掛かる亀岡例という、長岡のこの当時の呼び
である。

 大きな崖があった山岡である、『岡座見、おかざみ』とい
う名の山という、両山をそういう。この両山に橋を架け、
山を繋ぐ道という橋である。この下に流れる川を、ひとはた
川という。一畑川、後、一文(いちもん)川という。一文橋
という、今の橋名である。後、一ツ橋という、これを、
いっきょうばし、といういっきょうの橋であることという。
ひとつばし・もろゆら、という、橋の名である。

 これを、長槍橋の橋という、この『長槍橋』の『橋』が、
卿である、『卿』は、橋に使う字ともいう。これが、『卿』
を場所に使う、地名の字という、この地名を字(あざ)という、
『字』の意味である。干拓をする前の地を卿という。
これが、地名の、人織り(じんおり)という、後、陣という
名が付く建物という。卿から出た陣という場所である。

 この一文字から西を西陣という、西陣という地名の出で
ある。これを、西方卿土という、西陣の前の言いである。
この西方卿土を、後、西方浄土という、後、仏教にする
話という、これが、仏教の古仏教である。

 仏教の話に橋の話がある。この話をする所を卿という、
仏卿場という。仏教の主に橋の工事をいう箇所という。
これが、大乗仏教の一部という。大乗という、橋の琴である。

 この仏教の西方浄土という、死が話という、これを、
はじもむ、という御所の寝興という、寝ることを死という。
これが、来生を明日という、過去を前世という、言葉の使い
の仏教という。明日、目が開くことを開眼という、この『眼
』が橋を意味することという。これが、仏教にある開眼抜告
という話とぞう。開眼という一般の仏教の言葉という。

 これが、鎌子の仏教である、藤原鎌子という、この橋の
話で、眼を診る医学という、この眼が体のツボである。
ツボを眼という仏教の針医学という、主に針医学である。

 これで、目から目を、梁という橋と表す、仏教の
針の医学という。橋梁という話という、これを、きょう
きょうという言いをする、古仏教という。

 仏教の話を掛けた橋を、梁という、きょうと呼ぶ僧侶と
いう、古仏僧という。工事の話もする、仏教の大典という、
後、大乗という。これを、大乗仏教という、後、工事の話
を省くことという。この省きを、しょっきという、食器。
 食べることで、はしかけた、という箸の話という。
これが、古典の仏教である。今の、僧という、以前の、総
という、後、曽という。これが、曽我の名元という、後、
来栖をいう、蘇我という、この蘇我が橋架けの蘇我である。

 明日の工事を、祖橋堡(そきょうほ)という、祖橋塁(そ
きょうほ、と読む、仏教の呉音読み)、祖橋塁(そきょうるい
)の話という。祖が曽を意味することという。

 曽我入鹿という、これを、入郷という、『鹿』が場所和表す
字である。蘇我が入った所という、入鹿(にゅうが、いるか)
という橋の掛かりの場という、入り口である。これを、蘇莫
者(そばくしゃ、そまくしゃ)という、橋を渡る人である。

 蘇りのない人という、橋を『蘇る』という、黄泉が得る、
読みが得る、これを、橋という、箸の話である。
黄泉という読みという、どちらも場所を表すこの頃という。
よみばし、という、橋のことという。明日書き読みの頃で
ある。これが、仏教の中の橋塁という、これを、きょうほ、
という、享保の改革の田沼意次という、他や沼が多くあっ
たので意を次ぐことという、留意(りゅうい、るいい)の
ことである。

 これを、甚兵衛話という、田沼を、とくよき、という、
徳川吉宗に充てる見方という、これを、弁景の箸という、
内裏の弁慶という、慶びの弁という、
『いち掛け、に掛け、さん掛けて、・・ひのき林の裏も
みや・・、これこれ姉さんどこ行くの、渡しは九州鹿児島へ
』という、ひのき林が山の景である、これを、箸弁景という、
子供の歌う童歌という、古い一文橋のたもとの谷の家屋の
歌という。

 後、祇園会(ぎおんえ)という、技音(ぎおん)という、
場所が、この山掛け橋の場所である、祇園会の祭りの、
赤染衛門という、橋弁慶という、赤の谷という、ひのきと
いう木が植えられていた、場所である。山架け橋の所で
ある。橋弁慶という場所である。古い長岡京の、今の一文
橋の所である。

 ここの工事の物語である、これを、藤津原遣(ふじつばら
やり)という、のち、歌という、歌になる場の工事という、
長嶋三個という歌である。上の童歌である。

 「お墓の前で、手を合わせ、西郷隆盛どこからと、うすうす
、わられる日の山と、渡れはきょうきょう、橋の下』という、
『西郷』が、西方のことである、隆盛教という場所である。
『きょうきょう』が上のきょうきょうである、橋塁という、
恐々にかけてある歌である。

 西郷隆盛教という、後の言いである、新語という冠語の
部類の言葉という、『教』が場所を表す話という。

 これを、同時の意味掛けという、一文(いちぶん)の教え
という。一文(いちもん)橋の話という。この文である。
一文のお書きという。

 田沼山という、ひのきの山という、楓のことである。
赤く染まる山という、一文山ともいう。一文橋の架かる
山の名という、今は一文橋で平地である。
 恐々、今日今日の解釈という恐れ入る話である。
 こわごわ渡る渡瀬川という、橋の架かった山を、渡し
の山という、橋渡しのことという。恐れ入り箸という、
食べ物の食べ方でもある、渡り箸ともいう。あっちを食べて、
こっちを食べてという、食べ方である。箸をつけて、それを
置き、違うものに箸をつける、そういう渡り箸である、山々
の御馳走という、走りしり由良という、膳のことをいう。

 御所の一食事法である。弁慶かよはれ、という、迎賓の
言葉の走りという、初めである。所司代作法ともいう、
『かきかき、かきかく、ここみみの食べ』という、こみ山の
食べという食べ方である。長尾城の作法である、この地の城
である、しょっくというショックレールという、しょくせまの
しょろれる、という。食事のことである。ショックスともい
う。今様、食す、である。おり食べという食べ方である。
『はしかけ、みたべ、にしん食べ、・・・・』という、上の
童歌である。西郷隆盛のことを、にしん、という、鰊という
魚の名である。藤原鎌子の西郷隆盛という、長岡京の藤原卿
という、話である。

 田沼意知(おきとも)ともいう、沖知る人である。改革とい
う、海革という、海革めの工事という、きょうほの改革とい
う、恐流という、流れに鰊がいた頃という。この鰊を、
いざらぐげ、という、いざびあ、という。鰊のいさり、と
いう。泥海の中の魚という、それを釣る、いさりあけ釣り、
という。釣りの名人の話という。

 つりかけきょうの話という。吊り橋をにしん渡りという、
西郷の里山という、にしん山という山である。裁縫工法と
いう、針の工法という、そういう、工事という。
一文橋のことである。縫い針の手の話という、ならじょし
だいの名誉教授という、双蒼教受という、奈良女子医大の
丘という、ここを、医大の丘という、友ヶ丘という、現、
長岡京友岡である。

 この岡を奈良丘という、女子丘という、おなご岡という、
女坂という、友岡の麓の丘である。これが、蓋される話と
いう、並んだ山の高い方を蓋山という一般名詞である。
奈良丘友の話という、譜足されるという駄作という、
音楽譜のことであるかも。

 蓋山から出た鉄砲水という、これを、更山(さらやま)と
いう、鉄砲水が出る所である、『さら』『ふた』という所で
ある。吹き出す釜の炊きという、滝水という、びっくり水と
いう、鉄炮の産地という、『さら』という『ふた』というと
いう所である。

 釜揚げの話という、長岡更という、ながふた、という、
長友という人である。長い交わりの友のよき、という、
よき丘の丘夕暮れという、旧友という、丘友という、これを、
ならびつき、という、朋という字の一義である。
ならびつきのとも、と言えば、朋の字である、字の呼びと
いう。友の字を、夕照という、夕暮れ丘の三という、みずと
いう言いである。
いちに、みすせにま、という数えである。『いち、に、さん』
を『一、さん、に』と数える、三をみずという数えである。
『ひと、ふた、みず、よ、ずい』やらの数えという。
『もも、ゆよ、くかか(くかる、とも)、しお、ん』という、
6〜10である。しおん数えという、更の数えとも。

 この『とも』で終わる言いという、更終わりという、これ
を、蓋始めという数え方である。後、2から始める数え方
という。鉄炮内の蚊像という、ニー、ニー、さん、し・・・
という数え方である。蓋始めという、ダブル連という、
にんころ連という、アメリカのダラス、アラモの古い数え
とも、にんごろ、やっこら、れっせこ、・・というインデアン
の数えという、塁の数えである、とりでの数えという。長岡が
かかるアラモの砦である。

 長岡を、いんはそ、という、スー族の呼びである。スー族の
周りの長岡である。この岡を、しょれぐざ、という、しょっ
こい、という、猪口(ちょこ)という、食べ物をちょこという、
ちょこそれ、という食事のことである。ちちすという、添え
という、おかずのことである、副食という。

 ちちす渡りという、これを、おかずの渡し受けという、
おかずを箸で渡す、箸で受ける、箸を口にする、自分が食
べることをいう。赤子に食べさす、ちちんぱ、という。
ちちいぷいの、ぱいそ、という。双胸という、赤子の
双胸である。

 一人を一双という、二双船という、双船の双筐という、
これを、蓋、という。まるたという、一つの船である。
船を、まるふたれ、という、これを、まるたという。
丸太と書く、船倉の言いである。三光という、船のことを
三光という、ひとふたまるたの三光という、船の航海のこと
である。船後にできる波筋を、三光という、三光跡という、
これが、船蔵の言いである。造船の言葉である、三光と
いう、三光跡という造船所のことである。

 船を造ることを三光という、跡は関、堰ともいう。
造船堰という、跡で、造船所 であることという、
今使っている造船所を造船堰という、関ともいう、跡とも
いう。造船所跡という、使用中のことという、これが、
ひとふたの言いの意味である。

 譜足される跡という、楽譜の使用という、楽譜を譜跡と
いう、布石という話である。未来の布石である。
これが、双日(そうきょう、と読む)の意味である、双ぶ京都
いう、双今日という、言葉である。北条早雲の言葉である。
これを、徳川家康という、同一人物になる話という。
これが、蒼郷のかいけである、皆生と書く。
生きることをそうきょうという、皆、生きるという意味とい
う。後、皆既食という並膳の話である。星に使う食である。

 これが、駄作の品学である、科学という、科品山という、
『そうきょうのしなじな』という、学びの露という、学膳、
学食を、こうる、という、コール・サイエンスという、
才媛の語源である。長岡の蓋山の出である、鉄砲水をサイ
エンスという、再演の芸文である、文芸のかなづつ、という。
菌パッチという、金八の言葉の出という、男を金八という
話である。金科玉条の言いという、菜園の奈良丘という、
友ヶ岡の、岡という、金八の山麓という、これをロング・
トーンという、岡ほトーンという、音のことという。

 丘譜という丘の譜である、休符のことという、古語である。
はちすという、蜂須賀小六という、峰の譜である、山の記と
いう、『踊って、そんそう』という古い歌である、邦の歌と
いう、蜂須賀小六のお鉄炮という、秀吉のヘロヘロ玉である。

 淡路の長岡という、ながくみとも、という。この『くみ』
が丘の意味である。長岡を、ながくみ、という。これが、
旧友という、旧を丘という、久しい岡という、これを、久公
と表す、丘の古友という、これを長友という、長友の意味で
ある、久公という、長い交わりのことである、長友、久公と
いう。この言いを、丘の言いという、岡の言いとも。
船蔵の友という、海軍の船の場合を、かいせん関という、
この『かいせん』を海の船という、スカイ乱舞という、スカ
イのこっけ、という、スカイをすあけ、という。スーレル
・パンソワという長岡の後宮という、これを、やすみ、
という、宮日(みやび)という、宮参りの日の休みである。
休日という、宮闇という、きゅうそくという。音楽の休みの
意味である。

 音符を100%発音することに、80パーセントの発音という、
現今、コンピューター音楽のゲートという発生時間という、
80%前後のゲートである。このゲートを、跡という、音楽跡
という、曲跡むとも。堰を80パーセントという、100%をタイ、
スラーにすることという、120をかかり跡という、関跡という、
間跡とも。
 間跡90という、90%のゲートという。これを、音門という。
これが、おとみかどという、音帝という、音に関わる場であ
る。歌唱中とも。音帝、音庭の広がりという、パーファー
という、フィーファーという、この言葉の出が、上の長友
である。

 場が取り持つ友という、長友の意味である。この長友を
音楽の友という、音楽の場を含む、言いという。
音専門の役者を長友という、歌舞伎の裏方を旧友という、
表に出る音楽関係を、おもてなが、という、これを、
ひょうちょうという、表長という、この延伸がゲートで
ある、ゲートを表長という。音門の土御門という、門が
音を表すことという。音表という、楽譜を音表という、
音表しという、表音楽譜という、これを、門学という
音の部分の学びという、門楽という音楽の古語である。

 これの意味の言葉を、門楽唱人という、合唱の人という、
斉唱という、音楽上での表しである。後、文覚という、
覚醒の心理の学問の部分とする、これを、音による音巻と
いう、心理学のことを音巻という、心理学者の到達した
末を、音巻の気という、書巻の気の類の言葉である。

 文覚上人という、仏教僧の名前という、音がかかる話と
いう、文覚上人勧進帳という浄瑠璃がそうである。仏教会記
という、これを、かいきという、かいけという、浄瑠璃の
ことである。フイーファーという、浄瑠璃のことでもある。
音の延伸という、場を持った音という、

 トモグラフィーという、地震、音響、場、領域にかかる
言葉である、友蔵という、友蔵の響という、友響という振動
で、共振である、これを、深層心理という、音による解析と
いう、人の場合は、声、言葉、話・・・・という。トモグラ
フィーの心理解析と話という。音楽の心理という。

 たまずさの怨霊という物語の言葉という、このことの表し
である。里見八犬伝の金八という、その物語である。
文覚上人たまりょ、という言葉の解である。

 神社の人縛りという、ひとをしぼるという、人を一方向
から論ずることという、パブロフ心理学のことという、
人縛りの金縛りという、金八のことという。オカルト物に
出てくるものという、華木という、はるきという、言葉の
延伸である。

 華をはると読むことを解析すれば、上のような文になる
話とぞそ。長岡の鉄炮水の掛かりである。リンリンリンと
鳴く凛唱音という、輪唱の語源とも。そのようにやって
くる鉄炮水である。正(やなぎ)。J30.
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willow, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write English.
English ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/25 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@563
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187756296

この記事へのトラックバック