2020年07月07日

卒業6550Korea  俺550 監督 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
You would click muisic score, music start.
音楽
【曲名】 卒業6550京都船旅5450
古譜4450大原練習4350天の下4750 Korea  俺550 監督 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 



    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
    There are flint sounds in music.
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
君は行く 朗花の都へ キャンベラ(監督)
カンガルとコアラ 仲良くしてる
動物を大切にする人が住む町
教えには とおとおい町の庭
祖先の地は 思想の庭と教えられ

 狐の天気予報。〇r1999/04/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
そうきょうはよい時です。20200706
【音楽】
 オーストラリア、思想と監督の国。カンガルーとコアラの
脳使い。考える人という、カンガルーである、これを、かん
てき、という、カンガルーのことである。『かんてき』の
『かん』を、説くコアラという。庭に来るカンガルーとコ
アラという。オーストの名の由来という、かんてきのことで
ある。英語でオースという、これが、カンガルーのオースと
いう。カンガルーの国である。オーストラリアの御国という、
御国柄の歌とぞう。オーストラリアのキャンベラの『キャン』
である。ここを、おうという、オウスのことという。
 キャンベラを、かん市という、これが、監督の監である。
字母の国という、オーストラリアの国のことという。

Right and letter という。ラヨイダンレーの国とぞう。
正しい字と文という、これを、韓国が、ヨという、よいの
ことである。韓国の『オセヨ』という、この『ヨ』である。

『チョモニ、オセヨ』という、これを、韓国の韓半という。
チョモニというのが、それである。よいことを尊ぶ韓国で
ある。
 これを、オーストリアが、『ラ』を入れたという、オース
トラリアの、よいよい言葉という、オーストラリアを、Good
 Good countryという、 Double good countryという。
これが、will-willow のオーストラリアである。よいよい柳
という、これを、Good will rightという、オーストリアの
『ラ』の意味である、very、double という意である。

 挨拶が、wiwi うぃうぃ という、今の will willで、
good will という、挨拶である。 キャンベラの古い挨拶
という。後、アデレードの挨拶である。キャンベラと、
アデレードという、 goodwillで、double townである。
この二つの死を、Goodsという、オーストラリアン、グッド
いである。双京という町名である。双京町という、オースト
ラリアである。
 オーストリアとオーストラリアを、大双京国という。
ドゥーブレというフランスのダブルの呼びという。フランスの
ヨリゼ宮という、そこのドゥーブレである。大良という、大
良のフランスという。フランスの、ボンサンスである。良識の
国のフランスという。米国が、このフランスを、ビッグ、
グッデスという。BB ビービーの呼びという。ベベの
ドゥーブル・ベベである。
 オーストラリアが、これを、カム、グッドグッドという、
これが、韓国の、カンサムニーダである。国際の韓国である。
カンサムニーダという、韓国の言いとぞう。カンサムの、
ハンニョンという、ハンニョンレールという、京の御所の
韓半である、御所の冠話である。お国づくし、という。
カンガルーの脳のコアラの脳をいう、コアラのお国という、
カンガルーのめでという。カンガルーのかんがえるである。
考える、思想という。思想と監督の国という。
 コントロール・オブザーバーという、オブザベーション
ラックのらっくつ、という。キャンベラを、楽津という、
らくちんの言いという、オーストラリアの国の楽しい
言葉という、ハッピーレーレという。ドイツ網の言葉とぞそ。
 これが、ヨーロッパのオーストの言いにかかる、オースト
ラリアの呼びを、オストマンデルという、オストマンのオー
ストという、冠語のオーストラリアである。小崎御所の官話
である。コアラの町という、人の脳の中心部上である。
 左右に振り分けたカンガルーとコアラの言いである。
コアラ脳のという、カンガルー脳という、これが、二つの
曲がりの海馬である。海馬のことを、コアラ・カンガルーと
いう、オーストラリアの思想という、監督を伴うことという。
思想の国という、オーストラリアのめでとぞそ。
 ロダンモーハンという、京都の古い言いとぞう。京都の明
日の町という、USのアメリカという、ユナイテッドの脳と
いう、脳の使いのアメリカという、ユナイテッド・ステーツと
いう、脳の使い方とぞそ。USブレインという。
 オーストラリアのコアラを、ブレという、USの言いとぞそ。
これが、古いレーニンの町である、ソ連のレーニンである。
レニングラードの町という。
 思想を、こっぱく、という日本の古い言葉である。黒白と
いう表記をすることという。骨白とも。
 白い骨の話という。ほねじらという、これを羅漢という、
よいという意味ともぞ。クッドモーニングの国である。
 よい朝という、これを、ちょうという、趙の字の意とぞそ。
長ともいう、よい長の山という、宵長とあらわす、朝を、将
長という、将朝という、この『朝』が朝鮮の朝である。将良
という古いなである、朝鮮のことという、将良国という、
ショウランフアーというこの『フアー』が花である。
 良花の韓国という、ショーランラースーという、冠語の言
いである。韓国まじえの国づくしである。
 これを大良というアフリカの脳という。アフリカが大をいう、
台でもある。アフリカ大陸という、大陸のアフリカである。
 古い言いの大良台地という、アフリカの脳大陸という、
 ブレナンワックという、アフリカの脳のめでという。
 ユーラルという、ユーラロという、『ラ』が良い意味である。
中国のうぃ宮という、後、ウイグル宮という、ウイグルのモ
ウスという、これが、ウイグルの言葉である。ウイグル語が
モーの言葉である。モーの尻という、物知りのことという。
ウイグルの宮の言葉とぞそ。国境の台連である。
 ヨーロッパのウという場所である。これを、ウーミハマと
いう、海浜の台連という。二つの大連の町とぞそ。
ハルピンの古い名前である。ウッカンベークーという両方の
大連である。古い頃のことという。冠語の言葉とぞそ。
タイハンという読みである。
 中国の北京朗語がこれをいう、ペッキンシャンクウという、
クウニャンロウのお書きとぞそ。今の、北京の紫禁城で
ある、古くクーニャンという北京朗語である。冠話の北浦
冠話である。オーイルロンズゥという、オーイルのとの言い
とぞそ。昔の話である。
 ウイグル語が看護を宿す言葉である。後、大夏の国の言
葉という。冠語である。アンテレという、アンテレーゼとい
う、アントワープという、アンレスの言葉のことという。
アンテレーゼの町という、オーストの国のことを、アンテ
レーゼという、意味が、大きい夏という、大夏の国という。
ウイグルとオーストラリアの大夏である。双京夏国という。
双京の国を興す話という。イージスローハンという、御所の
話である。USという、USの宮むのお書きという。
 US立国である。これが、アントンの呼びである。アメ
リカをアントンという、アントローゼの言いとぞう。古い、
ワシントンである。ワシントンのことを、アントローゼと
いう、アントンという、ワシントンの古名である。
アントンとアントローゼの言いを、ワットの言いという。
アントワットという、ワシントンのアントワープという、
アントンれっくの言葉という。
 アントワープという、ろく山の言いである。後、ラシュ
モアという、ラシュトンの言いという。ニューヨークのこと
を、ラッシュという、ラッシュのげちすという、ゲチスモア
という、これが、これが古いリンカーンの町の言いである。
ゴーワナ、ラッシュという、リンカーンの町のニューヨーク
呼びである。リッヒ、ゲチスモアという、これが、リンカー
ンのも一つの言いである。合わせてゴーリキという、
この言いがロシアのレニングラードの言いである。
 ニューヨークをいう、自由の女神をいう、ゴーラクという、
ラックスレーレという、レブンスという、イーレブンスと
いう、イレブンの自由という、11の意味である。
自由と責任という、思想と監督のことともいう。
 アメリカ・ニューヨヘクの交まじえの国づくしとぞそ。
正(やなぎ)。J06
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Korea report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/04/01 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@561
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187670824

この記事へのトラックバック