2020年06月10日

卒業6196 ANGOLA campo 俺196 楢野 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/05 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6196京都船旅5096
古譜4096大原練習3996天の下4396 ANGOLA campo 俺196 楢野 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
楢野 坂見山の中程ふのと
登って塩の屋の磯池 楢野の池
青槍 遠くに見え やまふれ気の
上がり消え かげろい 人のように
ゆらめく 青野の原 広野の原
山槍微笑んでいるよう

 狐の天気予報。〇r1999/03/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】
そうきょうはよい時です。20200610
ふのと: ふもとの辺り
かげろい
 小さな丘へ登り、周りの広い平地を見る。
やまふれ気が上がって消え、後、かげろいが立つ。ひのき
もの浜という場所の歌。いつも歌う山で、山が歌うという、
これを、ひのきものという。山の声という、これを、かよらむ
という。ひひ山のお絵とぞう。山が歌うという形容とぞう。
実際に声のような音が聞こえる時がある。ひひふふという声と
いう。ふふふの笑みという。この音に、かげろいが立つ、広
野の原という。広っぱのことという。まよかまれともいう。
 青江山よわ、あるて、せよせよという。せてす山のおよ絵
という。これを、やまぎという、やまふれ気という。楢山こ
うひくの歌という。五拍子の中の言いという。
 五拍子をとる山の声とぞう。ふふふひひという声のような
音とぞう。古い御代のことという。楢よわ山お書きという。
京都交野
 京都の交野(かたの)ともいう。近江山交野の言いという。
ひひひふれという。山の拝みという、山を尊ぶ言いとぞう。
五拍手の参という参拝である。五つの拍手という。京の古い
宮の柏手である。天神の宮の古い形式である。ごよそるとい
う拍手である。俣山の拝みともいう。古い話の夢らるという、
夢のさきまうとぞいう。ゆめさきのさきまえという。夢前(
さきまえ)という、読みのことという。ゆめを、さきという。
さきさきのさきまれは、という。まますてという。これを、
てそという。ゆめざわれや、とぞう。さき山のおいすめ、と
いう。この『すめ』が、すめらのすめである。

 『すめすめおがれ』という、すめのおがらく、という。
ゆよふれの拝みという。近江山の拝みである。京都の真ん中
である 山である。高さ五の高さである。高砂という言葉の
語源である。高砂宮浜(たかさみやはま)という。京都の古い
頃である。後、山鹿沈んでいく、近江山である。

 近江ふつという、ふつやつおやりという。めゆてすの
うちうちという。古い言いの書きである、この書きという。
蘇我赤兄
 この日、飛行機で行くという、飛行機の操縦という、さか
さゆられという機体を逆さにして尾を下げていく、そのまま
着地する楢山の落ち着きという、後、楢の相家郷という。
今の奈良の奈良坂辺りである、徴用という日の屋である。
辺りを、赤ぜまという野の原の場という、後、赤兄(あかえ)
という場所の言いという。蘇我赤兄という言葉のことという。
紫宸世
『ろっそ』『ろす』という言葉という。『そうろす』『そ
うろっそ』という、『そうです』という意とぞず。後、亀岡の
曽我でもこれを使う、亀岡管制という、管制の頃の言葉とぞう。
ジェット機を駆使する頃である。蘇我へ行く気という、曽我機
という、紫宸世の期である。御所の紫宸という、御所の北浦
の頃である。蘇我赤兄という、『そうろっす、お行きてす』と
いう、曽我の言いという。後、曽我入鹿という、言葉の言いの
人名を充てる言葉の名称という。蘇我家言いという。
米、カリフォルニア半島
 アメリカのカリフォルニア半島の言いである、『ロック』を
『ロッス』という、サンルカスの地の言いである。ここを、
パレスという、日本語の『はれざ』という町のことである。
パレスサイド・ロックという、パレスロッスという、後、
ロス・パレス、ロスアンのお書きという。

 エリザー・ラック・ロッスという、えりるらのけんふきと
いう言葉である。後、血という血税の町という。血を、ブラ
ッズという、ぶらずろろ浜の地の歌ともず。フォーという、
今のフォートワースからとの行きという、エッドワードの
基地からの行きという。フォートワースという、エッドワー
ド経由の、まがり航空路という、これと同じ形の空路という、
近江山から紫宸世へ行く空路という。奈良論管区という、
航空路の咸宅という、紫宸世の屋の宅である。また、行く
蘇我赤兄の地という。この辺を蘇我世という、かげろいの立
つ見えてという地である。塩の浜の屋という、アメリカ、
ソールトレークシティという、塩掛けの地という。
アメリカ、ナラバ
 アメリカの『ならば』という意井である、If I looks と
いう、ルックスの言いという。今の英語の仮定形の出の所と
いうアメリカのならばという町である。隣が、ロッソクの町
である。今の、ノス・アンゼルスである。そこの端が、ナラ
バである。ならば山お書きという。かげろいの立つ場所であ
る。今山のお絵という、蛸の形のかげろいである。
サンラパスという、そこの影の蛸の影である。カリフォルニア
半島である。『かげ』という日本語がある町という。古い日
の航行である。
ちまそれのお書きという本書である。正(やなぎ)。J10
ジューン・ロック、今日の日である。ジューン・ロックと
いう6月10日である。私の記憶という、古い日の記憶である。
ミグのジェット機で行った話という。南京経由のスカワン経
由、今のラングーンである、後、急をとる、九州の奄世島経
て、ロシアのマガダン(オホーツク岸)抜けてカナダ・オッタワ、
ラパス(カリフォルニア)へ直行。花の航路という、むっ発の
山のお絵という。なみふり紀行という。
マガダン
 途中マガダン手前で機を立て、このまま左方へずらす、
なみふりゆらふという、そのまま腹を上向けて一時停止、
そのまま機を落とすそして、尻から回転さす、正常に保ち、
マガダン抜け。ラパスで3日泊り、エッドワードへ帰る。
花の航路という、なみふりゆらふである。
楢野御記添え。正(やなぎ)J10 むっ発。

 花の人生という、アジサイ匂う、大化の改新の頃である。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@525
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187582933

この記事へのトラックバック