2020年06月07日

卒業6190 ANGOLA fluxo de ar 俺190 青い気流 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6190京都船旅5090
古譜4090大原練習3990天の下4390 ANGOLA fluxo de ar 俺190 青い気流 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


伴奏譜 

    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
旅立つ朝は 城の上 気流が青く見え
屋根の真上辺り 恵みの気は流れ
長く続き遠くの旅先へ 晴れて
長尾城 いさお おのこの
ような 雄々しく 向かう地は
樺太

 狐の天気予報。〇r1999/03/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌解説】君、探敵中、情景。 破風之談
ドラムに、High Q
Mute Cuica
     Shaker を、使っています。
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記

【天皇査察】
天皇査察
そうきょうはよい時です。20200531
 天皇査察という。一意に、病院へいくことという。体の
状態を調べるをいう。頭も調べることという。この意味の
天皇査察という。

 『天皇査察へ行く』という。病院へ行くというひぃに、
天皇の場という、病院をいう。かよせ言いという。
『テンホア、ルーファウ』という、せゆての言いとぞう。
これを、天皇の言いという。てんせらの言いという。

 天を点という、この言いの、体の頭という、頂点という。
天皇を大切にする話という、頭を大切にすることである。
日本国憲法の前文という、人のけんをいう。これを、県(
あがた)という、今の県の出来とぞう。県因をいう、何々県
という、これの言いのあがたをいう。あがたみよはむと言う。
これが、天を尊ぶ天という、自分を天にいう、自分を点とい
う。これを天点という、自分のことである。自分のいる所を
天点地という、天地という、点地という。これを、天下人と
いう。自分を、あまのしたという。

 『天下の山行く』と言う、自分の行くことをいう。これが、
山の廟を、びょうにいう、廟山行という、山へ行くことを
いう。後、廟方という、山へ行くことである。この廟方に、
かいこくをいう。かいこく行きという。かいこくを、開告と
表す、これを山開きの元という。山へ行くことをいう。

 山を開くという、開山の言いのこよりるという、『りる』
が言葉である。これを、開山こんふきという。開山のながみ
くという、この『みく』を、『行く』という言葉にする、
山みくという。山へ行くことを、山みく、という。

 この『みく』で、山が上の方を表す井という。これで、
『山みく』で、山へ行くという意味になる。山せる川はむ
という言いという。これを、廟ふむという。家にいることを
いう、山廟ふみなまという、山の家へ行くという意とぞう。
斜地、皇地
 この言いの天を山という、点のこととも。天をいう、この
天の言いの天(点)という、山の斜辺のことという。天皇地と
いう、すめら地という、後、せめそめという、後、斜地とい
う、皇地という。人のいる所を天たむという。
民の地
 この『天たむ』の地を、民の地 という。これを民地とい
う。天皇の斜地という、民の地という。これを、天民の言い
という。これをいっぱらという、一つの原の一点に住まうこ
とを、民という、これをみゆはむという。みゆれる山の言い
という、これを、天皇のことの原祖という、元という。天皇
の語源である。

 自分が行く地を皇地というひぃに、民地という。民地行と
いう。これが、天民(点民)というひぃに、地民という、この
地民の言いの天屯(点屯)という、これを、天相(点相)という。

 この天相が、自分を皇による、天相のすめら山という、言
いをいう。すゆらゆれふれという。すめらの斜めの地をいう。
山の一般の地である、皇地の斜地である。天斜論地、天斜地
という、山の斜めの所である。山斜所という、これを賛者(
さんじゃ、さんしゃ)に表す、斜めの地にいる人の意味
という。

 これが後を、賛者のいっぱという、その部落にいる人を、
いとせるという。山の斜めの所に住む人達である。賛者一派
という、賛者人という。
紫宸殿
 これが天を斜めという、斜めの地のこと一般にとる、はこ
山という、はこせるの言いという。御所の紫宸殿のまたゆ原
という、そこの場の言葉という。紫宸殿ということの言いの
紫宸という、紫ふぬはぬという、この紫のことの意とぞ。
これを、むら山という、むらるら言いそに、という。
言いその言いという。これを言園という、後、原園という。
後、始園という、御所のある所である。始原ともいう。

 これが、天皇の廟院という、天皇が御所にいる人のこと
を意味する。これを、御民という、自分を御民という。
御民がいる所を、始園、始原という、紫園、紫原という。
自分のいる所を『し』という言いという。これが、天皇の『
し』という。これを、しの言いという。後、篠言いという。

 篠沢のおき遣りという。紫宸のおきすきという。紫宸殿の
言いである。天皇を民という言いを、紫宸調という。紫宸殿
調という。

 天皇が岩山の言いを使う、廟せめという。廟へ行くことを
いう。『びょっ』ともいう言いとでやら。『とでやら』が、
廟の言いである。

 『行くすらやら、めってす』という、『廟へ行きます』と
いう紫宸殿冠語という。『すら』が廟である意とすられすみ
すみ。『すられすみすみ』が、紫宸殿こいふりという、紫宸
殿のいそみそ言いどめ、という。紫宸殿の文章語である。
これを、天村という、天邑という。話言葉にも使うこととい
う。この『天邑』が、村を『やめ』という、八目という表し
をする、『八』を『始』にとる、八広がりという、岡目八目
という。『八』を『一』に解釈する岡目八目語という。

 岡を山という、岡宮のこうさまという。この『こう』が、
皇であり、高である。山の一部である。山を、てんとうふら
という。天当の地という。これが、天の言いである、点の言
いである。正(やなぎ)。J07
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/03/02 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@394
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187572156

この記事へのトラックバック