2020年06月04日

卒業6152 (壮強太陽):イカスミ柳


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6152京都船旅5052
古譜4052大原練習3952天の下4352 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 俺
    造詞、勇野 晴丈・正     俺
    監修、雪柳里花雄・正     俺
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1999/02/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。20200604
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
 
 
 
そうきょうはよい時です。20200531
【同志社医学】
 同志社が、見診をいい、双脇をいう同志社大学医学である。
 
 これが、双ぶ胴の双ぶ脇という、双脇同大という、同志社
の医学による見をいう。これを、役者を入れ、劇を入れ、か
よけをいう、劇のうらかき、という。これが、やめ、という
日ぃのうちふりという。これが、『やめ』の中の一意味であ
る。『やめ』にこの意味がある、竹の屋という、古い長尾の
城の言いともいう。『謙信がやめをいう』という言葉の意と
いう。『やめる』という言葉の意味の出という、これが、
謙信の名の由来という。謙信山という、林見直の歌舞伎であ
る。長尾謙信という、けんでんの山の言いという。長尾県庁
という和国の県の言いという、これが、長尾の山のあとの
言いという。あと山の長尾城という。場所が西山麓である。
長尾景虎
『あと』という言いがある。後ろをいう、これをあとという。
自分の後ろをあとという。この『あと』が影をいう、影を
とめという、とめ影という。影のことを、あとゆりという。
あとみせという、ありれるゆいはるという。これが影春を
いう、影が富むことを、影春という。これを、あとみせん
らくという。この『らく』が音楽にかかる、長尾城の言いを、
よみはまという。よみはまの、あとみ城という、これを、
長尾景虎という、影のことを景虎という。長尾城の影を
ながふりという、ながれる、なみせ、という。これが、
御所の冠語である。この冠語を、にんたるという、にん
せまという、にんらくの冠語という。長尾城のことの言い
の出の山の言いという。御所にんらくという。御所みその
言いがやめをとる、健の言いという。やめという言葉が出る
場所のことを、めれすれという。やめ地という。
松尾大社
 まつおりの言いという。まつのおぐうという、これを、尾
久と表す、まつおりの言いという。八幡太郎という、まつの
おぐうの、歌という、これの意味がある。松尾大社で、松の
尾退社という読み方である。松の尾退社の黒い塀という、神
社の黒塀という、信者に黒塀があることとう。全国各地に
ある神社である。この黒を黒紅という、神社の黒紅造りと
いう。黒槍山のお絵という。この『黒』の意味である、こ
れを、『やめ』という、『黒やめ』という、これが、まつ
おりの言いである。

 長尾山の松という、長尾山が後ろである、松尾大社の山
という。後、劇に出てくる山である。松尾山の狂言という、
神社の狂言である。寺山の仁という、この『寺』が、じんぴ
という、じんのお、という。人の尻の骨をいう。これを、
尊ぶ言いという。お尻の骨を、じんぴ、という、仁という字
の意味である。

 同志社が、じんという、このじんのことの意という、これ
を、同志社でん花という、同志社の建物をいう。黒塀である
門が出る、この門を御所の門に見立てる見立てを、じんそり
という。人が反った見という。そり見の山という。
 これが、同志社の門にある、御所の門を入るを、同門とい
う、同門志という。見立てのことをいう。

 同志社の中に黒門がある話でもある。これを、黒みすと
いう。黒みさという、黒門でいのることをいう。門での祈り
という。あかみゆきという、あかねの祈りという。夜明けの
みさを、あかねみ、あかねの祈りという。これを、あか寝と
いう。赤子の寝ることをもいう、あか寝のみさねりという、
みさねりの寝、という、これが同志社大学の寝をいう。
 同志社大学の寝ることをこうさんという、こうさんのおと
み医学という。かよふる医という。今のパブロフ心理学と
いう、この心理学の言いという、同志社のかよふる医学で
ある。
蓋然性心理学
 心理学の発祥が、黒い色である話という、上の文である。
これを、蓋然性心理学という、パブロフ心理学という。心理
学に色を論ずる項がでる、これが、色をいう、めよゆめ、
という、今のれろかいという、れろ心理という。今の、寝初
めの睡眠を論ずることの入れという、心理学の分野になる。
レム睡眠という、脳波のことに関することという。

 ノンレムという水晶のことをいう、水晶の石の見立てとい
う。宝石を見る目がこれである。ノンレムのすいかまという。
水晶のこうやみの、かいふりという。貝を見立てることとい
う。貝門という黒門を貝門という、黒貝見立てという、深層
のオルゴールという、これを、おりすりという。歌舞伎の
『おりおりおり』である。深層の場という、これが人の意志
である、意思ともいう。くつぱというのがこれである。
人の深層を心理 という、これをくっぱという。長尾城の
学びである。長尾城の講義である。場所が西山麓である。
『西山のさやげる所、新しき歴史をつくる』という言葉が
出る、長尾城の黒い造りである。周りが泥地という。黒泥
の造りという。
葡萄
 葡萄という武道の一種という、長尾弓浜という、黒剣の
くいすり、という。こうみくのおどう、という。剣道の胴
という、一本の技の出という、長尾城の葡萄であること
という。

 剣道の振興をいう、剣道がよい話である。『小手をきれい
に』という、『胴をきよよに』という、『面(おも)をそり
すて』という、小手の言葉という、これを使う向日内裏と
いう、向日の町の言いという。今の向日町である。
『傘を持つように竹刀を持て』という、剣道の葡萄の剣道
である。古い旧北の剣道という。『竹刀を上から持つ』持ち
という、向日剣道という、これを傘という、傘を持つという、
上を傘という、傘という意味が上の意味である、傘の一意味
という。傘剣道という、葡萄剣という。今の剣道のことであ
る。傘場山のお書きという。

 古く同志社のフェンションという、洋剣のような剣道と
いう。聖徳太子の細い剣という、真っすぐの大和調の剣とい
う、反りがない日本の剣である、この剣道をフェンとめとい
う。フェンレザともいう、園部の城の言いである。その剣
を上にする、その状態の崖上の城である。

 日常用語に武道用語を入れることという。傘槍という、
つるぎみなという言葉遣いである。傘の山のお書きとぞう。
向日町環頭の山という。脳の出来という、小手山という、
小手をたいきまという園生の城の言いとぞう。がにょしょの
たいきまという。これを、たいきまめという、己の字の最後
を書きを上につきぬけて書くことという、この字の使いとい
う、古代のじょきという字である。じょぐという、じょくせら
という、京都の向日町の東という葛野、はっちょう(八条)泥
(八条縄)の場、ここの言葉である、じょぐという、喜びの意
である。今の英語のジョイである。はっちょう泥の湊の言い
である。剣道の小手より出た言葉という。
桂離宮
 葛野の飛行場の言いである。南が桂自衛隊である。桂自衛
隊へ回る飛行機の空路に使う、じょぐの言いという。飛行機の
羽周りをじょぐという。じょっきさともいう、『俺が、さゆ
って、ゆりさ』という、俺の桂という、古く桂のおこご、と
いう。桂のやのいまである。桂離宮の話という。ここの柔道が
ピストルを持つ柔道である。桂ごゆふれという、げんそめの
やんみという。やんれる柔道という。

 大外刈りという、外がれの言いという。桂が柔道用語を日
常に使う所である、桂離宮でもある。大外刈りという田植えの、
田の用語になる使いという。古くの海草である。すい浜のお
かい解という、ここの桂浜の用語でもある。海草のゆれという、
昆布類のゆれである。回想のゆれという心理学用語である、
試合中にピストルで撃つことを、かいげるという。どこを撃
つか、小手をいう、小手撃ちという、ピストル柔道の話である。
長岡管制
 古くの長岡管領という、園部管制の掛かりという、この
掛かりがピストル柔道をする、坂本龍馬の懐手という。ピス
トルがあるという、俺の御叔父の恰好であるという、銅像の
作りにピストルを用いることという。どんな弾が出るかは、
賞得大使の若い人である、聖徳太子の剣のような弾という、
彫像造りの道具である、石器時代の話という、石器の挟みを
使うていた俺である。稗田阿礼というあれま山の人である。
石器時代の人を仁という人である。意思の包丁という、讃岐
という、京都の讃岐の所という、桂川近辺という。
京北町の桂川でもある。飛行場という、その辺近辺は、石器
を使う所である。
大阪かすたれ
 がにょしょ、がにょという石器のことである。しっかり
鼻母音を使えばよい話という。大阪かすたれという、鼻母
音のことである。

 同志社のレム睡眠という、がにょは、がにょれ、という。
レム睡眠のことである。これを、青いショックという、
はっちょう泥のショクである。まつ織りの織物の柄である。
これをインパルスという、インペッサーの織物という、後、
ゴブラン山織りという、インパルス・ショックという。
ドーンと吹いた風という、大池の泥を連れて吹くのである。
これを、インパラクという、いんぱ落という。印旛沼という、
宮城のやの言いという。いんそんという、宮城の浜瑠璃と
いう。がにょしょを使う所である。酷使の俺という、大阪
だすきくという、菊照らす浜という。『いん』の付く所とい
う。全国津々浦々のいん田、いん山という、いんのつく所、
判子の紙という。全国紙の話という。仁徳紙という、俺は
若い人という、若い人の叔父である、これを、俺様言いと
いう。若い人の御叔父という、俺の御叔父という、坂本
せわの言いである、高知城の言いである、高知城で将棋を
指す人の言いである。古い高知の町という、にんべらの山
のお書きという。

 高知城の寝という、丹波の寝という、たんせらろっくと
いう。おとみ高知の話である。大きな揺れという、ブルー
ランという高知の坂本つわれという、津が割れたという。
そういう、つわものである。石器のことを、つわという
長尾ひねりのおかという。ひねって日照りという、津割れ
の後の日照りである。地に小ひびが入った地という、これを、
小手山という、こて道という。

 その小ひびという、石器の出る所である。讃岐のサヌカ
イト、あれを石器という、矢じりという石器時代人である、
石器の挟みをいう人である、俺、石器時代人という、若夢
という、俺の傍にいる若い人である。ごねりごゆれるお書き
である。
さかさゆらり
 さかさゆらりという、あめふらしが出てくることという。
ジェット機に乗って、腹を上にして、ゆらりゆらりむと左右
に振る長尾航空航法という、飛行機が寝るのである。
飛行機寝の子守歌という。ドロンパのおいでという。ひっく
り返ってそのままゆらゆら降りて着地するコンコルドの航法
ともいう。着地前に機を逆立てる、地に向かってそのまま
着地する、逆さ立ての着地である。寝を宇宙という、ニュー
・スペースという、新聞山のお絵という。なぎなた切りを
する俺である、ニュース・ペースという。ペストンラックの
言いである。ドロンパの飛行機置きという。和国管制官航法
である、園部の山のお絵という。俺がよくしていた着地であ
る。ぐんぐんせまる地面という。五条飛行場にジェット機が
飛んでいた頃である。

 八坂の国は、そんな国で、ずうっと古い国である、ナゾー
の国の人という、寄らば寝るぞという、寝の国の人である。
音(ね)の国の人という、寝音逞しい人である、スヤスヤ。
正(やなぎ)。 
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/27 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜4052大原練習3952天の下4352 ANGOLA Estreito 俺150 樺太 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou59028
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@510上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1999/02/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@510
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187562678

この記事へのトラックバック