2020年05月20日

卒業6062 ANGOLA lanca 俺062先槍 (壮強太陽):イカスミ柳

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業6062京都船旅4962
古譜3962大原練習3862天の下4262 ANGOLA lanca 俺062先槍 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】火打ち石の音が入ってます。
【場所】
【作成ソフト】 
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
穂浦の先槍の 我が前の高い 峰槍が
今日も立ち出でてる ほき見てうれしく
手を撃ち拝む 上まで見えている 家前
峰にかけあがり ほきぬけ 槍は高々い

 狐の天気予報。〇r1999/02/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【歌詞】
ほき:空のこと。
【国司】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】

輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記
久世の地揺れ
 言葉を、浜、という。**************
まっぱつという、まろせるの言いという。
丹波越えの日の、しっとん、という。しっとんという自動
車の名前という。せむせれの言いの名前である。
これを、しっとん・パーレルという。しりっせの言葉と
いう。めりせらという。

 この、めりせらの掛かりを、くすぜという。くゆくゆの
言いという。北上裏という、その『裏』という、これが、
『はま』の意味である。言葉という。べらせらのいいソミ、
という。るるてるのいそみそ、とぞう。れれそのゆいて、
という。『ゆいて』の『て』が、言い方の『方』である。
言い手という、言い方である。これが、れそんの邑の言いで
ある。この言いの掛かりが、とよふり、というめのそのゆめ、
という。『ゆめ』が言葉である。

 この言いの、夢裏という、北上裏の裏平という。この裏
平の場のかおれ、とぞう。かおれ山のおれ、という。
これが、おれたの家という。おれ家のいそゆそ、という。
みみそゆのいと、とぞう。いと山という、れとんのいい山
という。れるせるおいそい、という。れれるくゆれる、
という。れれそのゆいそい、という。ゆいゆいの山という。

 かた野という言いがなる。この『かた野』の『かた』を、
ほうという字のかたのゆりという。言葉の揺れである。
これが、ほうを、水に書く、水という、この水の意が、さん
ずいである。さんずい偏という、字の造りの意である。

 これで、『去る』という、『去る』の意の山沢という、
この山が、『去る』を、キョにとるひぃに、さみすという、
マロルがなる、このマモルの言いを、マルセルという、
マロセルという。これで、マロセルの言いをとる。
これを、かたせらの言い堀という。かたやま言いという。

 ****、ほうを、キョにちる、これを、キャーレ
ガという、キャーソミのききそり、という。きき山のこれる
り、という。これそのおいらり、という。これが、よいこ、
という言葉の種類の名である。言葉を、『こ』という、
『よいこ』という。こと山のかたゆら、という。
このことの話である。これが、かたゆらの北裏という。
北山の裏という、ここの裏が、山のは、という。
海の浦の言いをすることを知らすことという。この『こと』
が、『とと』の言いである。

 はいい、という、海の浦の言いを使うという知らせである。
これが、後、『はい』をとる、はいのやの言いという。今の
言葉の返事という、これが返事の意味の遍歴である。この『
遍』を、キョにとる、キョへん、という。キョへんの『さん
ずい偏』である。これが、具現をともなう、北上裏の川の
作りという、***************

 ************の川りく、という、これが、上文のかるらり、とい
う。後、地名という、かたせらの御地という。ここの、
せっとう、という、これが、切頭と表記する、
*******

 **************このお爺さんのお教えである。
丹波行の御講義という、しっとんの中の教えという。お爺さ
んのおこと、という、お言葉 という。後、お傍へ置いて
もらう、花のお絵の描きとぞう。花の絵を描かれた話という。
お歯なのお爺さんという、お山の家という、ここを、北上と
いう、現の、くいざみ郡という、その頃のこととぞう。

 やみ浜の言いとぞう。この『とぞう』という書き方が、そ
の頃の書きである。『である』という意味である、断定の言
葉である。*****

*******まよのお山という、この
『まよ』のいそみそ、という。話の山という。いと山の言い
とぞう。いと山のお言いとぞず。この『とぞ゛ず』が、昔の
書き物の、文のとめの言葉である。これを、いとせむ、とい
う。せむするの書きという。うたの書きという。これを、
かたせる、という。*********

 昔の、ごゆかま、という書きである。
********************************
********浜が揺れたことという。地震で
ある。地震のことを、とり、という。地とり、という。

 『地とりがもたれた』という言いの地震という、大山の
揺れという。丹波の行きの日の揺れとぞう。これが、そこの
山がなし崩れたという、山の沈下という。北上の地の出来と
いう、後のことである。

 高さがナナをいう、ナナの高さの山という。そこの南であ
る。後、篠(ささ)という地とぞう。篠山とという、後、くぞ
、という。後、くぜ、という。後、くぜせ、という。くが、
という、後、くめ、という、久世の地のことという。

 後、この地を、こが、という。こがのくぜ、という。こが
久世という。後、駒という、駒久世という、駒山の名の地と
いう。駒久世の言いらむ、という。言いせのおいそい、とい
う。後、高せら、という、せらの頃の記である。きせら山お
書きという。久世の、うしゆり、という。山揺れのことを、
うし、という。うし揺れという、うし揺りという。うしゆせ
の言いとぞう。後、この地を、うしゆらる、という。うしゆ
せ、という。うしらむ、という。これらのことの言いの、
うしがせ、という、『うしがせ』が言いの総称である。
大お爺さんのお言葉という。

*****を『ぼん』と言われた大お爺さんという。お婆さんが
おられたことという。この頃の地とぞう。『山が鳴く』とい
う、山鳴きの地という、くぜららのお鳴き、という。
『らら』をいう、『らら』という声の鳴きである。うらら鳴
き、という。らら鳴きの山のお声という。ちと山という。
ちらせらのお言いという。

 山があった北上の南という。駒せら槍という、山名という。
山々のお書きという。久世山郡のお書きとぞう。ぼんの言い
という。お婆さんのお口とぞう。*****
かみすわのいとの御婆ちゃんという。二百三高地という頃の
***********

 『****また来ます』というたら、御婆ちゃんお微笑み。
にんむの山のお絵という。『友と来ます』というた、あり
す山川のおやせゆせ**とぞう。

 も一つ山越えの、桂の山という、おおい山、という。そこ
の家のえ、という。いわしわのおいや、という。おい山の
いそゆそ、という。その言いの、じえい、という。後、自衛
山という、後、持統という、そこのにんむ、という。にんむ
の *******古くの向日町のことである。

 いとろぎ、いかるれ、そちるられ、という、言葉という。
古いことという。おつね山お書きという。山があったという、
小さな山である。おおい山 という。にんむのお絵とぞう。

 うちを『さな』という、さなの山の丘という、さなせらの
ゆいさら、という、皿のことの言いとぞう。これを、さられ
ら、という。******さらせんの言いをする、
さらりの言いという。いいとの山花という。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1999/02/15 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@549
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187510802

この記事へのトラックバック