2020年03月27日

卒業4590ANGOLA Grass 輪島450白草 (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/12/21 。その日の記****。柳。 
**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る
SokyoKi

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4590京都船旅3490
古譜2490大原練習2390天の下2790 ANGOLA Grass 輪島450白草 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜文・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
草緑 輪島 うらぬり草が咲いてる
白い花 高い茎緑 浜の裏の山
飛行機に乗ってきた 砂の浜辺の横
木建て 屋敷がある 小舟が
置かれている 静かな所


 狐の天気予報。〇r1998/12/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
 そうきょうよい時です。
【和国、翁長国】
20200316記。
 『メンソーレ、オットンチョウ』という。おうせまのゆい、と
いう。この日のみずち、大津皇子のみずち髷である。後、六甲結い
という、今の神戸の六甲の古い髪型風である。六甲にメンソーレ
という言葉があるひという。沖縄の言葉と六甲の言葉が似ている
話という、和歌山田辺でもある。和歌山じっとん、という、田辺
みっとんの言いとぞず。『メンソーラ』という『おこしやす』の
和歌山田辺である。翁長国用語である。

 この翁長を総長という、早朝の露である刻とぞう。これが、梅
田連判である。遠い青森という、青森の恐れゆいという、『メン
ローロ』という、『メンソーレ』である。『いらっしゃいませ』
という紀州輪島である、友ヶ島である。ここの友ヶ島野対岸を
大地という。大地にある『ユイローム』である、『メンソーレ』
を『ユイローム』という言葉である。

 加太にある大地である、友ヶ島渡りの浜とぞう。大きな銃を撃った
俺である。大砲という。村島渡という、村れるらぶす、という。
らぶろうの、あいらぶである。相良部という、大地の総長である。

 沖縄では、『そうらめ』という、あいらぶという『私は行く』
という意の、ダラス空路である。『アイ・ラブ・オン』という、
アメリカのダラスリッジである。ダラスのロウ山である。後 、
ロッキードという、ダフネル末国という、タラスの国の名とと
ぞず。エドワード陸軍少佐お書き。空軍の陸軍である。空軍属
の陸軍とぞず。これを、カナデという、カナダの金科である、
楓の金貨という、カナダ・メープルのことという、楓の模様の
ジェット機である、右翼半月翼、左翼平翼である機という。
俺の乗るジェット機である。九十度の周りが出る機である。


輪島コネクション


ハード・ボイルド風日記 20200326
【俺光】
 メンシャー、メンツァーという、メンソーレである。
 俺んつぁっぴその言いという。れうてすれれぞのおいずきれ
れせの言いとぞう。りびりれっぺのそいてす、とぞ。
 れめせれれれのゆい浜という。これを、めゆれく、という。
おいそのおてゆて、という。これを、めての言いという。
沖縄の言いのだいとめの言いとぞ。

 沖縄の、ゆいせまの、ぃえ、という。ぃえのかんぱす、とい
う。沖縄を、わがめこ、という。わがめのよいほり、という。
沖縄の言いの、といゆい、という。これを、めゆるる、という。
 これが、やさうきの言いである。やざれす、という。
【革命】 
 革命を、つなれる、という。古い沖縄の言いのはの、という。
革命の沖縄という。健康の沖縄である。二千円の沖縄という。
二千円札の裏の絵のことである。幸あれ沖縄の江という意とぞう。
二千円札の健康という、沖縄の健康の一つである。

 経済流通の健康によりをする、札山のおこと草 という。
流通からも健康を引き出すひとという。お金の健康という。
二千円のお金である。健康が匂う話という。広く経済による
健康である。ウィンツェッペ世の話である。健康の沖縄の
アピールである。どんどん流通させたらよいことである。

 わってのわれ山、この書きの札のこととぞう。われせれの
絵という。二千円の首里の屋、これとぞう。わびるる山のお絵
、これなるを。

 メントセの山、沖にぬの沖縄という、後、しゅるるぅ、とい
う。しゅるせの山、ここを、こい春、という。沖縄のめぐめの
春である。恵みの春という。『首里らせ、めぬせて』という。
めぬゆぬ山のお書きという。
【らり】
 『沖縄らり』『沖縄れ』『沖縄れす』、おきなわですの意とぞ。
『沖縄めんつゆらり、これれ』、『らり・・・れ』の係り結び
とぞ。これれすおとよす、沖縄の夢すみ、という、夢の棲む
音ゆと、という。沖縄の歌である。サーユイユイ、れっしょ、
れれしょ、むいてすのゆいの歌とぞ。

 ひめゆりのやせるり、るりるりのめゆれるおんせれ、とぞう。
ひめゆりの塔の音という、風ゆらせてせ、ろろす、むゆれる、
音の形容とぞ。じゃびれんの音という。じゃっさむのおれんら、
という。この『俺んら』とぞう。れっぷれんずるの話である、
音符の連らね、という。音則のゆいそるれめす、とぞう。
沖縄の音楽譜とも。
【決闘、じゃび線】
 けっとという、決闘のじゃび線という、三味じゃびの音の
そうるるという。じゃび線の奏者を決闘者という。じゃび線と
ごったんの合奏を、こもせも、という、御所の言いとぞ。

 こもせもの決闘という、ごったんのそっぱんの言いという。
ごったんれるの山という。三味線のあんそむ、という。
暗合という、ごったんとじゃび線の合わせである。
【けろん】
 暗合煮の食べ物ともいう。えび芋の合わせ料理ともぞ。
おっきすれっくの合わせ煮という。沖縄花という料法とぞ。
御所のけろんという料理である。

 じゃび弾き語りに、けろんを共す、という。けろん共のえに
よま浜の、お行き曳きという。後、城をひれす、という。ひれす
弾きという、城の中の演奏とぞう。首里の弾きである。

 首里城の弾き歌という、けろん、けろん歌という、ごれ
ぜるよみそむ、という。けろろゆみ、とぞう。じゃびの小弓弾き
である。沖縄じぇっぱく、という、きろんせ、という。

 きわぜ山の音ゆりのせわゆり、とぞう。老体を背負う若人と
いう。老じる山のお書きという。これの、ゆり歌である。沖縄
ユイユイである。

 『ほうれる花見のあぅらる、うっせるれ、あら、れぇるる
よっそれみ』、御所山の中の沖ぬにぬの歌とぞう。サーユイユイ
の歌である。老人を背負って歩く、沖縄のハチマキの見えの絵
という、かぁますのらめそゆ、という。沖縄の人のおきゆり、
という。沖縄れっとせ、という。若い人の意気である。
【蘇我蝦夷】
 古く蘇我蝦夷の、馬子の背負いという。蘇我蝦夷が置いた世
の山という。ものそののよりうり、という。蝦夷のいおさや、
とぞう。蘇我家の意気でもある。物部のゆめっさむ、という、
物部がほゆれす、という、ほゆれす物の部の言いとそいう。
【物部と蘇我の意気合いを、たた、という】
 物部と蘇我の意気合いという。御所のれこせく、という。
これを、たたをかう、という、後、たたかうという。意気合い
のことである。御所の解という。この解を、天相めく、という。
物部と蘇我の戦うという、意気合いの姿であることという。
これを、革めく、という、古くの革命である、老人を背負い、
健康を謳歌する若い人の意気の合わせとぞう。革命朝という。
沖縄の革命である。物部の磯遣りという、蘇我のおゆみっこす
という。神輿の語源である。意気の合う神輿という。

 大化の改新の頃の御所とぞう、大きな花の開花する、年々の
御代のほき、という、夏朝のほきゆごと、とぞう。これが、
『ほうれる、うかめく、ろろらぎゆかれ、るいそる、れぇれる
うるすゆ、ようらるせせすむ、・・・』という沖縄音の歌とぞう。
サーユイユイの歌である。アジサイの項である。アジサイを大
花という、沖縄の首里という。翁長国の総長でもある、総長を
老人という、沖縄の首里である。さあみさ、ともいう。
されすの山という、書きとぞう。されすユイユイ所、これにる
老句お書き、これとぞう。とぞいとぞい、これやら、れれせ、
とよとよゆいゆい、これよる、やざくさっくさ、という。
草、文のことである。

 蘇我と物部の意気合いを、たた、という、これの合い革という、
合革、革合のことという、後、合の相という、相合の語源とぞう。

 すべて天皇の為は、自分の頭を守ることである、考えを正しく
保つことという。御所革命天すめ、という、革命御所のなれそれ、
という。なれる元である。俺っ所のお言いという。俺んぜの言い
とぞう。
正(やなぎ)。M25、れっせれ。

【日記の効用】 

貝暦、金につく菌、なんざれ菌という。
 ある貝の日記、より。


*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2490大原練習2390天の下2790 ANGOLA Grass 輪島450白草 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou43408
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@176上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/12/21柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@176
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187312081

この記事へのトラックバック