2020年01月14日

卒業4341ANGOLA Peido 友ヶ島71おなら (壮強太陽):イカスミ柳


 過去をよくする会。日記の効用。過去の日記に、一言、
どこでもよいから、『やなぎ』と書き入れましょう。
これでその日がよくなります。今日も書き入れましょう。先の日記にも
書いておきましよう。先の日記に入れれば、未来の安全健康、
先取り予約、になります。
 1998/10/08 名古屋港ゆれ。柳。
 2025/01/13 やなぎ。かわするろろれゆゆ。

**馬にはのらない:健全家
**そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
**字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
**かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
**そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
**天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る


駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽
【曲名】 卒業4341京都船旅3241
古譜2241大原練習2141天の下2541 ANGOLA Peido 友ヶ島71おなら (壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


    創曲、過去由 巴・正(やなぎ) 
    造詞、勇野 晴丈・正 
    監修、冴柳佐代次・正
    訳、 冴柳小夜礼・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドフロデューサー かわい社
【歌詞】創郷 
おならには 音がある ぷ--ぷ--と
聞こえると楽しいね 私も負けず
一つこきました みな笑うおならの
音聞いてプップップッ 匂はよい匂
ソレ元気元気にこきましょう 
ピアニスト 音混ぜて おならこいた

 狐の天気予報。〇r1998/10/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【東大講】
【楽譜】
 おならには、良いことがある。医者の一発、病気が
治ります。おならをこきましょう。新春一発、神社へ
詣でて、プー。
【おなら】 
 かおか詣で。ダラス・ポンドとぞう。おならをだっ
ぺという。だめぷともいう。だりせるの山という。お
ならの話がよい話である。なおなおのおなよな、という。
おならをめでる言葉である。紫宸殿ポーフクという。
プーと一発やる話という。これを、よみふる、という。
 『よみふるをたせた』という。よみふるを、おきゆ
ま、という。プップップッとおならをこく話という。
新春まよふみ、という。おならのことである。
 紫宸殿でやる一発という、私の喜びという、寝て、
よくした話という。失礼という、礼を失する一発とい
う。礼を失した紫宸のはのるき、という。
 『女官一発ござれ』という、紫宸殿の、ねおん、と
いう。めいはるの山のおそえ、とぞう。プーが出る話を
めでる、新春くいふり、とぞう。
 『御典医一発おねがいてします』という、たいはなの
大正のことという。これを、大正かっかぶ、という。
大いなる正(やな)みる、という、えうらうそめゆれ、
という。えっその山のお書きという。
【ダラス・ポンド】
 だうせる、ダラス・ポンドという、ダラックスとも
いう。ダラスの樟脳という。ダラス山のお書きという。
 これを、プアーという、プアー・ボーイという。お
ならをこく人という。
【PP】
 ピアノのプーの音という、名ピアニストの一発であ
る。健康音がまざるという、音楽に健康をよる話という。
ピーレル・パンゼーという、ダラス冠話のおならである。
PPという表しをする、これを、ぷー浜という、ぶんらく、
ともいう。ピッピプップという。だらっせら。ルースーと
いう。紫宸殿のよみという。紫宸を、ねっぷ、という。
ふっぷらんふる、という、紫宸殿のおなら、という。
ねっぷの音のよき、という。おならを尊ぶことという。
紫音(しおん)という、話という。ねっぷ紫音という。
【大いなる正義】
 大いなる正義という、大正の音の一つである。大正
人琴音という。ひとことのお書きという。
 『お琴三味線くつわ虫』とぞう。プーと一発やる
話という。
【がいたく】
 音楽会に行って、プーとやる、がいたく、という。
がいたく入り音まむ、という。火打ち石を打つ場合も
ある。音に健康を入れることとぞう。

 おならの話をすれば、よいことという。おなる
せわさまの言い、という。おならを、正義ということ
とぞう。

 将校一発ブースーの花ゆな、という。友ヶ島のお
なら山という、野奈の桟橋より見る山のことという。
一発こいて上陸する話という。おならによる正義の
友が島なう、という。島なうきりふみ、という。
ふみ山のお書きという。動物もおならをします、
よい話という。大いなる健康則という、おなら、
おなる話という。おなりなりのお書きという。大正
指針という、大いなる正義という。

 天里のふかなさけ、と言います。後、大政奉醜と
いう。『書の美は岩石の醜をもってその美となす』、
この意のこととぞう。書家のおならという。
習字を醜字という、古い言いとぞず。
【村上城】
 のたりねたりくたりの、醜習字という、春の日の、
ひねもすのたり、という。名僧のにいとう、という。
ぼんさんのおなら、という。匂いだら臭かったとい
う。名僧の臭音という、音をきく、匂いをきくこと
とぞう。春宵の山の言いという。
春宵値一国千金とぞう。はるのよい話という。
張る話という、匂いをかっぷという、新潟のしんとむ、
という。主として、おならのことである。おならを
することである。村上城お書きという、篠山の村上
とも。日置の山のお絵という。しんさむという。

 日置しんさむの城という。八上上城という、そこ
のお教えである。村上山おそえ、という。添える話
という。武将のしんさむ、という。新潟村上のしん
とく、という。新潟城のお書きという。めゆさむれ
おせる、という。

 大きな水爆が落ちた村上城という。穂浦連発であ
る。古い山のお添えという。せむせる・かっぷすの
さよれむ、という、これを、冴え山という。村上城
お書きという。さよれるさよっぷ、とぞず。
サーレル・スースーという、しんとっぷのダラス・
レーハンという。今のオーガスのお書きである。
オーガスティンという、ダラスのむゆさま、という。
ダーレル・スースーの山という、これを、プアー・
ライトという、プアれるさんずうのさよつ、とぞす。
さえやるさよふる、とぞず。冴え柳小夜津とそとず。
監修の名という、友柳山お書きという。

 ダラス・新潟・ささおかる、せよてて、という。
トリ・キャッスルの山という。同じ言いの城という、
おならをダラという、スリーダラという、スーララ
という、スリーポンドの山という。三礼という、後
とぞず、山礼とぞず。

 ダラッセル・はんくくの、うよっすゆ、という。
おならを、すゆという。すゆすゆのお書きという。
すよ、ともいう。

 おならをめでる話という、山礼という。一醜一発
という、これを、やまぶし、という。古くやまぶしの
おなら、という。ほら貝の山のお書きという。
これを、友の屋録という。古く、村上城の、いよきも、
という、城を、いよ、いよる、きも、きもる、という。
三か所の言いである。

 おならをパップスという、これを、古代なる、と
いう。おなりいなら、という、稲荷山のほらぶき、
という、ほら貝の音を聞く、おならかむ、という。
これを、稲荷桓武という、桓武楢の話という。
今の奈良県と京都の境である。奈良良音という、
おなら坂という、へこきやりあゆる、おならこきの
歩みという。古くの東大寺の詣でとぞう。これを、
貫禄という。桓武兵士のつよつわ、という。
おならをこく話という。平氏をつよという、桓武楢
の言いとぞう。岡山詣でという。楢岡の詣でという。
おかじ山原るる、という。はっせる山の、ハッセル
ブラ道という、楢道の坂である。ダラスの、ゼロ・
ストリートともいう。楢だらの山という。
『そうだる』という方言である。『そうだ』の意と
いう。

 新春一醜献じる、しゅしゅ山という、楢を古く、
しゅしゅという、後、守株という。守株楢の
お書きという。
友ヶ島の醜れくの話であるとも。兜ガニという、
兜貝のことである。友ヶ島貝という。大きな貝で
ある。一尺ほどの貝という。おならをこく貝という、
兜一発の貝殻やり、という。貝殻ぶしのほら貝という。
兜貝で作ったほら貝という。半円の帽子のような貝
である。桃たせの貝という。かんめる貝という。
友ヶ島の貝の呼びである。
 
正(やなぎ)。

【日記の効用】 

貝暦、

 ある貝の日記、より。
 
   
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno
*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "ANGOLA report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2241大原練習2141天の下2541 ANGOLA Peido 友ヶ島71おなら (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou40918
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@544上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1998/10/08柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@544
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187032166

この記事へのトラックバック