2019年09月28日

卒業4133Italia Flash della fotocamera33幸義光(フラッシュ)33(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4133京都船旅3033
古譜2033大原練習1933天の下2333 Italia Flash della fotocamera33幸義光(フラッシュ)33(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/09/27、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 

 狐の天気予報。〇r1960/06/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1998/10/8 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【遊郭】
♪『デッカンショ、デカルト、カントの、ショーペンに、
  やみやむおりこのこうせんじ、せめるとても、
  いかやまにの』
 『丹波にの、丹波ざっ坂もみまいり、京口町から、
  ひがほれた、ゆきゆうり浜、ゆこかあれくす』
 『よりおうて、京都黒所(くろじょ)のおりこがら、
  そっきょるみたれの、くりもれる、チラよっときに、
  メモらんてるを』
 『デッカンショ、ててかむいわしの、こうこやり、
  きゅいくるやみよの、こっけんと、みそれっけのふ、
  こきらあてると』
 『よっとんと、そうけるいそでの、もみすみを、
  ろーとのみんがに、気鳴きやら、こりこってのみ、
  きそらんぜのよ』 
 『よっときに、きみや陽気に、尤離浜、かんぎの山に、
  めがほれた、すみやっかのよ、こみやあれくを』
 『すんめるの、すべらやっきに、ようしぐる、せまれる
  やぁみのこりはまれ、くそめっけくに、きもはぁまるを』
 『れんてるの、あみふようきに、ゆま浜る、れすれす山の
  いきるぎ、するすうぎくに、かそかぁはるく』
 『てんてくす、春は陽気のよう浜に、こうきやんみの、
  こみはまる、こせらんぎくを、ゆもらぁくれて』
 『みっきくす、おりるはんみに、ひごよきに、
  きもやらみやまる、ふれゆれす、おき、
  らんがくを、しお、みきおゆ』
 『かったんき、きりやかんみに、こみよりて、
   おりやら、ふうきに、きがよれる、きそみ山に、
   ぺぞやんがのみ』
 『べためを、ふるるやんみに、きをやれる、うりす
  るやんみの、ほりやまる、せとれっとのよ、
  みふらんしのよ』
 『ようはんな、りりられんすの、こんとめに、
  うりはま ゆわれる、ふりせむる、うりかんせむに、
  きるかんらるく』
 大学節という、尤離楼(ゆうりろう)の歌である。

【東大】 
 東大のいこはが、という。東大という、東本という。
東京大学のこっけろくという。こくこくの、とうらくと
いう。東京大学の元のム山という。

【青門赤門】
 うーざるやあり、という。うざすけそめそ、という。海手の
東本という、ここの、青い門のいき、という。これを、とうきく、
という。後、東大の赤門という、靴をとるひまのいのわか、
という。くうするれもす、という。れれるすみすみ、という。

 遊郭の前という、ゆりゆりのみむやむ、という。かんせる山
という。ここを、ぴろふる、という。ぴっせの山という。
ぴんこう山のお書きという。ぴざ山の絵という。

 東大のぴんこう、という。ぴん花のおりふみのふも、とそと
ぜる。るみゆみのうち、という。るるせるけよふり、とず。

 東大のせいまく、という。登用のいすふりという。いみゆみの
たたゆき、という。うたるせめとめ、という。すっくるるっくの
るりおり、という。みゆみゆのまるき、とずる。
東大の山のお書きという。東京大学である。

【青山御学問】
 ここを練るという、ここに寝るという、ざっさくえっか、
という。東大に寝に行った人である。これが大学所という。
寝て起きるのが、東大であるという。青山御学問という。
若い人が寝に入った門である。よく寝たという若い人である。

【丘われ着】
 丘われ着という、奉行の恰好でいった人である。これが、
たんとうという、歴史学を教える人である。東大教授という
若い人である。青い門の正門から入ったという。東大の藩校
という時のことという。既に東京大学である。奉行の恰好を
していった、それが教授である。これが若い人の歴史学である。
『今が歴史です』というた人である。

 『歴史は繰り返す』という、我が先生のお姿をいただいて、
東京大学へ行った人である。藩校という古い言葉が出た場の
とき、とそず。これを、東大の言い、とそず。藩校の時の言い
である。

 ここを、東大先灯りという、もと山ふみゆみ、という。
東大を、こうれく、という、青山御所のいい、という。
東大こうれく、という。おうそう・かんぱく、という。
若い人の身のなり、とそず。

【青山御所】
 ここへ行き、青山御所を、はも、という。はもという御所
と書く。これを、はもぜやき、という。はもの譜という。
ふふすめの山という。学習山のお書きという。

 御学問所という若い人の立っている場である。正門入った
所の衛所の前である。古くの、いこざくれ、という場所である。
『私が教授です』と言うた人である。脇差を渡したという、
剣わたしの身のや、という。みゆ浜のやり、という。

 東大の興しという、寝て起きる話という。寝れば必ず起きる
教官という。京大大浜山の東京という。とう山のおてと、
とぞず。東京大学のか、とぞす。蚊という中国の蚊の時の
復活という、とう山のおりふる、という。ペッキン・ラー
ルゴーという、ペッキンのほくてす、という。中国の大蚊で
ある。夏の前である中国という。この中国を伝えるという。
思考程の話である。思考程学という。長江のなき墓という。
墓を伝うほみろむ、という。

 御先生が衛所におられた話という。その先生と同じ格好である。
これが、丘われ着の奉行という。先生をいただく若い人である。
我が師の御恩という、若い人の心である。

 先生おられおられ、遠くにやおらるれ、そみそみゆゆす、
おんゆわゆわ、先生のお姿をいただく人、とぞず。

【脇差】
 脇差を、てやみく、という。手の浜すみ、という。手平世と
いう。手をたかゆきとぞず。てむすめのゆいふり、という。
これを、わよきく、という。わせむせのゆい書とぞず。

 青山御所という、めれすてのゆもしょ、という。めゆれむ・
そめるけ、という。青山御所のもむれく、という。もむゆ
めのごこふき、という。ふうるるれんむの山という。

【きゅう】
 若い人が寝立ちた御所である。青山ごゆふき、という。
東京せれるり、という。城は、きゅうという。これを、後、
きゅう城という。宮城と書く。球場に住まいをしている
若い人である。城旅の白が横にある時という。

 きゅうを、そもせば、という。東京花のよみ、という。
東京録という。江戸城という宮城という。革命という若い
人の家である。明確という表示という。千都山のお書き
という。花ゆまのてれるき、という。奉行の出で立ちの
若い人である。青山御所から行った東京の江戸城である。
東大巡りの話という。奉行れんふき、という。
青い門の懐かしきをいう。かるき山浜おみそみ、とぞず。
命革山、ありはられ、ゆおよま、ゆわよる、えるてすて、
とぞず。奉行語である。

 二条ゆまよら、私の部屋という。若い人の言葉である。
むやみ浜之き、てつるふるする、めゆめゆるるす、せろて、
ふみゆっきす、とぞず。大学の人でもある。

 黒田ゆまふり、園のえるすり、とゆとゆれれそ、れてる、
ゆみさっくす。れすてゆっそむ、こゆふっくす、ろくろ
てむれ。若き日の若い人である。

 こよふら、せむれす、ろくす、すみるる、せむれ、るゆる、
おりるら、さってす、ろゆるるみす。自分のことの割符と
いう。わっぱすれんまく、という。この山のおき、とす
るず。るみそみのいえ、という。

 城の二条のはく、そくふく、れくす、はゆれ、せってす、
ろるすゆ、ろみす、ろくろ、るくす、とずる。
こうさむのおえかいふき、これなるの。

そうきょうよい時、健康大切。

♪歌詞は、小里言いという。歌語である。いの浜の世という
意味、とぞず。 
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2033大原練習1933天の下2333 Italia Flash della fotocamera33幸義光(フラッシュ)33(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38838
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@621上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/22柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@621
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186612793

この記事へのトラックバック