2019年09月27日

卒業4131Italia Flash della fotocamera31幸義光(フラッシュ)31(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
Click music piece
音楽【曲名】 卒業4131京都船旅3031
古譜2031大原練習1931天の下2331 Italia Flash della fotocamera31幸義光(フラッシュ)31(壮強太陽)鳴恭川世讃歌) 


【創曲】2019/09/27、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1960/06/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【ロシア】
 『だーニェ、ロロックス』という、ロシア語を使いますと
いう意である。これを、アールレルという、新語のあるせの
言いとぞ。れれるけのありそんず、という。
『ロロ』が、言葉を表す意とぞ。ろろんためふり、という。
後を、ロミソフという、ろろするれっく、という。
ロミソフのロシアを、ろんけっくけという。カルの言葉とも
いう。サラセンという、かれるれサラという、サラドレーと
いう、サレドラッキとい、サレルレーのこいふる闇の言葉と
いう。これが、カレドニア・サラセンである。古く、カリホー
ともいう。サラセンという地名という。

【サラセン】
 カレドニア・サラセンという、今のウラジオストク地方
である。ロシアに中近東近東風の建物があるとも。尖塔の
建物。これを、えんせまる、という、建物を丸という、この
期のジョーである。しだき文字の『ユ』である意である。
ロシアの古い文字であることとも。Zを左右逆にすれば、
ロシア文字になる、キリールらんぜる、という、文字である。

【カリホー】
 カリフォルニア・さっきか、という、カリホーの地という。
今のアメリカのカリフォルニアという、ここの南端を、カッケ
という、かきくく、ともいう、かりせ、とも。ここの貝の
言葉である。かり貝という大きな貝がいる。島のようにと
いう表をする、島様貝という。その貝がいるカリホーという。
カリフォルニア・かんはるの山という。古くの、川よ海、と
いう、ながゆかれ、という海である。カリホーの海という。

【ながゆかれ】
 『ながゆかれ』という、汝の海という、これを、るっ閣と
いう。ルーミルともいう。ルミスとも。ルーズリーフという、
帳面のルーズリーフをいう、巻貝のこととも。ながゆかれ貝
ともいう。これの大きなものがいる、ユーリラという貝で
ある。貝の南端という、この地のことである。

 大蛸もいる海とそ。カリホー蛸ともいう。カレドニアを
いう、カレドレーとも、カレドレの、海かいすう、という、
海の生き物である。いかせらろくの山にという、この
『にと』の言葉の使いとそ。二渡海(にとかい)というカリホの
海である、ながゆかれ海である。

 言葉に『にと』を使う海である。後、ニックということ
とも。ニック海という、にばんせ山という、いるすくみふみ、
とず。とっきす山のお書きという、この文とぜ。

 黒木御所の、あおせら山という言いの一意味とも。
あおせら山という、カリフォルニアの地、海である。
えっしるかせぐれ、という、えしみしのや、という。
えしみし山のお書きという。

【エドワード空軍基地】
 エドワード空軍基地より行く若い人である。エッド
ワードという、えっじるろんくのおひふり、という黒木
御所の言いである。

 エドワード空軍基地、ここのカレドニアの言いが、ルミス
である。古くルロスのロシアもっこくという、ロシアがか
かるエドワードのことという。るれんらる、という。

 アメリカのルッキ、ルーカスが、これである。ルーレル
ろんるのおかけよりすみ、という。るみすみのすみ山の言い
とそ。ルーカスれんる、という。

 ルーカスのロッキードという、古くルーカス山幕とい
う、山脈を幕という、エドワード空軍幕という、そこに
いた若い人である。

【エジプト空軍】
 エドワードは突風が吹く所である。この突風で発進を
する『トー』という掛け声、発進である。大和朝廷の若
い人である。屋根に円形をつけた機という、この機の使
いである。大和朝廷を、エドワードめんまく、という、
この期の使いである。機期ゆき花ゆま、という。ジェッ
ト機用語で、歴史を語る、けんせらという。けんれくの
山という。キーレルらんずの山という。キリール・キー
レルがこれである。アフリカ・エジプトの掛かりである。
エジプト空軍といいう話とも。竜の落とし子型の空の
乗り物という、尻上がりの階段状の空の乗り物である。

後、イカの空の乗り物という、中近東中東の乗り物である。
海の生物の造りという。蛸の乗り物ともいう。海亀の乗り
物、ともいう。アフリカの乗り物という総称である。

【フォートワース】
 ロシアとアメリカという。カレドニアであるひぃに、
掛かる地である、言葉である。カレドニア・サラセンと
いう、ヌーエル・ナックというカリフォルニア地方である。
古く、フォートワースがなる地のことという。

 フォートワースに水が流れていた頃とそ。地面に水が
流れている日のことという。しじゅう、水が流れていた、
張っていたともいう、そんな時のフォートワースである。

 このフォートワースが、なっくるれんぜいをとること
とそ。海辺の町のフォートワースという、その時の言葉が
『ロール』という、英語のロールである。

 『行く』を『巻いて行く』、I lott roll アイ・
ロット・ロールという古い言葉である。ロールという、
歩けば水という意味とず。黒木御所の古い英語でもある。

 『あい・ろっと・ロール・メッツ・ロー』という、
英語のフォートワース冠語である。
『メッツ』という、『フォー』の意味である、行先をいう。
Met For メッツ・フォーという、『フォーへ行く、海へ
行く』ことという。フォートワースという地名という。

 フォートという、写す海という、写海のソシアルとい
う。そし海という。フォートワースの南が海であった日
である。めひかいという、めひ海という、後、めひき、
めひる、めそゆ、めそみ、めきひ、めきし、メキシコで
ある。後、メキシコ海になる、メキシコ海という。

 ボリ日という、ボリ日の言いという。

【大阪天神】 
 『ロットロット』という神社の祭りの掛け声という、
水掛かりの神社である、祭りとも。
 大阪天神、ロットヨットという祭りの掛けとも。
『ロット』で『巻け』という意とも。『巻いて行け』と
いう繰り出しである。これを、ロートメという。のち、
ローカという、浪華であることという。

【フォートロン】
『なにわなんなの、ローカよす、あみやら、れいての、
 おりはんず、これヨットコト、ロルらんてとの』
 数え歌の一句である。
『なにわんず、こうれるとうきの、ヨットみに、えされる、
 たんらのきめやマル、けら大きくね、きられいぜるを』
これが、フォートロンの歌である。フォート論とも、
2048ビットのコンピューターでもある。
 フォートランの組込という、フォートランが走る
プログラムである。16ビット位でも走るものである。

【ビット】
 ビットという浪華の話である。
『なにわよんみのコンタクト、花やら山のおりらんす、
 これビットとね、えてはんらくを』
大学教授である人の書きである。数え歌を教えますと
いう、ビットの波乗りという、さっふうという、さっ
ふぁという、サッファー・ブルースという、フォート
ワース、エドワード、浪華という、三角の庭の物語であ
る。ジェット機による空測地という。空測三角点とい
う、ビット網という、漁師の投網の三角を連ねる網の造
りとも、水が掛かる話という。
 波をビットという、浪華空測という、ジェット空測で
ある。ビットマスがこれである。ビーツマスという浪
華のことである。
一升升(いっしょうます)という量りの升である、三角形の升
ともいう、ビット升である。1ビット、2ビット・・と数える
水の量りである。

【大阪商法】
 浪華の水商売という大阪商法の、あきなすび、という。
あきすび、あきんぬ、あきんど、という、水の量り売り
である。ゆみすみという、ベラルーシという、ベラ売り
という。ロシアのウラジオストクを入れた、空測四角点
という、この標識がある場所とそ。
 
 生みのブイを、地にする空の測量という、航路でもあ
る。カリホー南端、フォートワース・ダラレル、エドワ
ード、浪華かウラジオストクかを入れる、航路をカレー
セルという、古くセルをいう、カレという、コンピュー
ター測量でもある。カレドニアのエクセルという、メル
トルとそ。コンピューターを入れた話である。

【通商】
 ロールセルという、ロール・オンという、ロール・オフと
いう、ジェット機の操作である。このジェットキ航路の造りが
これである。ロール・オンという巻きである。ジェット機が
巻くところを、こうしょうという。通商ともいう、交商という。

 この通商で、烏高という、烏の飛ぶ高さというこれを、通高
という、通行という。これが書かれている通商記のことを、
ロール紙という、ロール始という。カレドニア論目という。

 これが、割賦(わっぷ)という、割賦航路である。コンピュ
ーターが、にごろぶなという、にごくろという、256ビット
である。コンピューター海路である、航路である。これを、
ワットという、わるセルという、コンピューターとジェット機
と地図、航路である。カレドニア地図という、地図のメリカリ
という、地図の航路の空海図という。

 空海の唐への渡りという、空海の著がそれである。
浪華の語源の山という。論語もそうである。

【V1ロケット】
『ロンときましたロンドンの、しもきらゆられの、こみや
 みき、れれほうれらの、るいおうせいと』
 大学節の、方経学という、歌のさい宮という、サイマ
ルポという、サイマル陥落という、ジェット機のことで
ある。歌は、V1ロケットである。

【片方半円形のジェット機】
 エドワード空軍基地という、片方半円形のジェット機で
ある。突風に発進できる機である、若い人が乗っている
ジェット機である。
 
 後にす。

そうきょうよい話、v1ロケットに乗る話である。
ハイデルベルグから、英国ロンドンへ、今日また、
フォートワースへ、ヒトラーの話である。若い人の
第二次大戦という。京都会議のことである。
夢ふきや、九州伊万里のやという。 
********************
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2031大原練習1931天の下2331 Italia Flash della fotocamera31幸義光(フラッシュ)31(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38818
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@512上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/22柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@512
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186612257

この記事へのトラックバック