2019年09月26日

卒業4129Italia Flash della fotocamera29幸義光(フラッシュ)29(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック Click music piece
音楽【曲名】♪♪♪卒業4129京都船旅3029
古譜2029大原練習1929天の下2329 Italia Flash della fotocamera29幸義光(フラッシュ)29(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)   


【創曲】2019/09/26、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
ある人が写真を見、これ何 問うたら
古い時だね これは映画の時代劇か
どちらかな 今でも作れる古い時の
事柄 写真はそんなもの 写した人に
聞くことが大切な事です

 狐の天気予報。〇r1960/06/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1959/7/10 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。国民皆健康。
【時を改め】    
 若い人、記念をする。京都の西に、園生(そのう)という所が
ある。後、園部と言う、ここに記念を置く人である。京都会議の
記念という。小さな橋を架けることである、京都会議架け橋と
いう。

【京都JR山陰線園部】 
 国鉄ジェーという、じぇーとそ。国鉄じぇーという人という。
すばという、京の行きの橋という。小さな小川である。園部駅
という、大道から駅へ行く小さな道である。そこへ入り、少し
行けば駅である。

 その駅の手前、二つの小さな小川が流れている。今日は、
その駅に向かう二つ目の小川である。この小川に橋を架ける
仕事という。自動車でまた歩いて通行をするには、橋がないと
いけないので、橋を掛ける。そこに駅ができる日という。

【祖津、祖津業】  
 京都れんれるの祖津という、この日の仕事を、祖津業とず。
祖津業をする人である。近くの家に、ハンをとめ、輪をとめる
園生の野という、この野中に憩う人である。
『輪をとめて 畑より開く 春園生
   我が足がけの 紐の絵を解く』という。
http://wakaihito.sblo.jp/article/53365911.html
輪をとめた園生という。若い人の故郷である。

 園生の部(べ)という、後を、園部という、園の呼びをする、
じぇべともいう。じぇへ行くという、れむての言いとす。
そむそむの園由良という、春やら明けせ、せと宮山という。
古く、くろという所である、黒い豆ができる所である、
丹波豆という、たっくむ豆という、黒豆のことをいう。

 園初やら、れ、ほみゆらせせむ、するるれとゆき、とぜ。
とすぜるれめる、すけすれ、という。すけ宮のやのお言い
とぜ。ここを、土佐丹れが、という。丹礼家(たんれや)と
いう、古く、黒園生のあぱずれき、という。野中咲目(の
なかさくめ)という、黒園野中の咲く桜という、野中咲目
という。れれぞる山々の絵という。それすれくめふめ、
という。れめそのゆみふれ、という。るるるれとほの
之山(ゆきやま)という。

 黒園生かっかる、という。古く丹波の丹部(たんべ)という。
黒せらの山という。黒るらやむれむ、けよする園るる、とぜず。

ここの地蒸気という、蒸気機関の走る嫁浜という。橋の架かる前
という、蒸気よきのおふはまる、という。おふせらのよみ山と
いう。

 『丹波蒸勢(じょうせ)のよっこんを、より山ゆうらぶ、
  おり晴れる、そめよっときの、くりやんぜらる』と、
  ごう浜よらる浜やのお歌という。数え歌になっている節、
  とずれ。
  『おりはれる』という、丹波の織りと着物の張り付け、
  『そめよっとき』という、染めのことを掛けた節とそ。

【黒じょめき】   
  この歌の言葉を、黒じょめき、という。黒須言い(くろす
  いい)という。古くの那須闇原(なすやみわら)という、黒原
  の言いという。那須与一という、那須おき山のいすらむ、
  という。那須与一の扇ゆまれく、という。『扇をとめる』を、
  『輪をとめる』という。和どめらっ閣という、後、外槍(そと
  やり)という。後、城という、町という、村々の輪という
  言葉の使い元という。

【輪中】    
   城を輪という、村を輪という、輪中という言葉の出の黒祖
  (くろそ)という、ここを黒目という、くっさるこきふき、と
  いう。組ふみのこんたく、という。こんたっくす、という。
  これが、丹波ごゆほむ、というごんざく、という。ごっぱの
  山のおいそ(おいすれ、とも)、とぜる。
  
   これが、丹波ゆんみ、という丹せる論るう、という。黒木の
  世という、黒木世(くろきよ)の山という。丹波ごゆれむの、
  おあれく、という。丹波ぜんせめ、ともいう。丹すれ、という。
  たっきふっきくの山という。おばゆららっくの、せってそ、
  という。

【那須ユ】   
  黒原輪(くろはらわ)という、黒原の園、黒原の田、黒原のしっ
  ぱれえ、という。しっぱすれえめる、という。
  黒之原之(くろゆきはらゆき)という、那須ユ(なすじょう)の
  ゆれかま、という。
  
   『かま』を、園の竹の原という。園竹原の黒竹という。
  これを、黒丈(くろだけ)という。後、黒丈輪という。
  黒丈輪という、黒丈の屋に住まう、黒丈の立ちふやみ、と
  いう。これを、ふふらむ、という。ふめすめ、という。
  
  ふくゆき山という。ここを、奥へ攻めるいき、という。
  『攻める』という、行くことをいう。奥攻めの黒百合
  という。黒い百合の紋という、これを織り、張る、染めの
  使いという。竹織りという、竹張り、竹染めという。
  黒い竹という、竹黒目という、竹園の、黒生うる(くろお
  うる)という。黒い芽の山蕗という。山れまのやっぱめる、
  という。黒園生染めという、黒その染めという。
  丹波こくれが、という、イスラムの言葉である。
  あ・じゃんじ、という、あじゃれという、あじゃぱという、
  あっせるれっくつ、という、黒園生御所という、丹波明智
  の山の言い、とぜず。

【明智】   
  明智子という、明智みつという、丹波の育ちを、明智みつゆ、
  という。これを、いすらむ子という。いす村の出という。
  丹波出身を、いすらむよみ、という。いすむらという、
  いずむらという、出身という、出という。いず、いす、とぜ
  る。
  
  いす村のいすらむ子である若い人、とぜる。明智みつ秀でる
  いすらむ子である。御祖先は明智光秀であります、という
  若い人、とぜる。
  
   世を浦見る人、裏見る人、とぞる。明智の人である。
  若い人の黒い面である。気持ちの黒さ、着物の黒、・・・
  暗黒をめでる人である。ものの言い方も、黒い言い方を
  する、『そうじぇ』という、『そうです』という口である。
  明智の口という、古い『言い』という意味、とぞふ。
  『言い』を、『口』という、黒口とす。お歯黒という、言い
  のことでもある。
  
  黒木御所の前(以前)を黒江という、黒江御所という。黒江口という、
  黒江門という、黒江入りという。口の紋という、黒口紋である。
  後、丹波ささりんどう。桔梗。
  
  帰郷をするときに桔梗の紋を使う若い人である。わすれ緒に、
  桔梗の紋が入っている、若い人の身なりである。

【イスラム】   
  明智光秀の言葉という、『あじゃぱ』というイスラム語という、
  黒園生語という、坂本城という、そこにお立ちの像という、
  若い人の御叔父上である、その像の御口から出でた話である。
  明智光秀像である。あじゃぱの像という、坂本城の城主である。
  
  ここの坂本城という、志賀越え之山(ゆきやま)という。この
  像という。遠くイスラムを見る、外国のイスラムである。
  丹波明智のくろれ、という、ここの坂本人という、あじゃぱ
  人民衆という、若い人の自分をいう。
  
  ここを、黒木勢(くろきぜ)という。勢負う(せいおう)という。
  後、勢旺という。

【勢旺】   
   中東、中近東を、勢旺という、勢洋とも、アフガニスタンに
  立つ若い人という。その人の、園人という、中東、中近東、
  インド、・・を含める、大そうきょう国の興しという、
  クロレラ・レーラという、組之(くみゆき)の山という。
  
  明智光秀像を拝む人である。喉に効験あらたかという。
  効験あらたえ、という。のどぐろの料理、とぜる。
  明智光秀という浦霧の奨という。霧の出る地という。
  
  『明智光秀がかくれております』という、霧隠れの
  才能という、霧隠才蔵である。平将門の霧という、
  平将門を霧隠れ門という、これが、黒園生御所である。
  桂御門ともいう、烏ぜん、という、堺町遊楽みかど、
  という、三角錐庭連という、ピラミッドである。
  
  ピラミッドを庭連ということとも。

【褒名、鳳鳴】   
 園部のほめいにという。褒名(ほめい、ほうめい)に使う、
明智部(あけちべ)という、園部のことである。後、鳳鳴と
いう、明智光秀を鳳という。明智竜という、鳳鳴竜という。

 『丹波ざっ坂、よみくらす、れいとのおんぞれ、くずらげり、
  ソレよっとこせ、りずらんとのよ』
  これを、もりや山の歌という、丹波坂本守谷(もりたに)と
  いう、大津坂本をいう。明智の所領という。ここの御叔父
  である。坂本城址という、古く、膳所めるという、膳所の
  ごもやるせ、という。膳所城という、ぜぜんそのお言い
  という。

  『〜め』という、『める』のことである、『ほめる』とも。
 のどぐろの磯の山という、のどぐろ浜という、膳所坂本という、
 膳所城、坂本城のふたじょうの二城という、ここを安土が見る
 安土さんてす、という、『あ・じゃんじ』という、安土城から
 見る膳所という、坂本の三角地という、この見を、すぶ、と
 いう。
 
  すっぴんという、奈良若狭の水流れという、水迎う山の
 お書きという。地下水の流れという、これの推し量りという、
 明智計測という、明智の測量であることという。全国に、明智
 を たっとぶ、明智川、明智村、明智町・・は、たくさんある。

  若い人の御先祖明智光秀像である。石から生まれた人である。
 
『丹波の国は明智の国』という、日本を丹波という、明智垂足と
いう推測の足量りという。足掛けの紐という、靴紐の造り、とぜ
る。明智靴という、靴という意味である。

『明智靴、履いてた、若い人、アフガンれんるる、おやそる、
そてもやき』、とぜる。
『明智靴、履いてた、若い日々、ソーラン・レールの、ゆきはり、
 おてもやん』、とぜる。明智小唄という、近代測量である。
『赤い靴、履いてた』という、赤い靴の測地靴、奈良の測量都
である。赤い靴という古くの大伴赤人という、万葉期の測量
名人である。赤人という若い人である、赤い靴の人、とぜる。
赤い人・叙、この文である。

【膳所浦浜語、安土ぜいべる】 
『赤い人じょ』、『赤い人です』という膳所浦浜語である。
『そうじょ』、『そうです』という。地名に『所』と付く
所の言葉である。
 安土の言葉ともいう、安土ぜいべる、という。べらしょ(
べら所)の山という。山の池の言葉でもある。ももだ山言葉
という。ももち言葉である。百地三太夫、水地の計測である
人とぜる。

**
『那須ユ』の『ユ』、-じょう-と読む。ゆ、とも。
上代仮名、しだき文字、平仮名片仮名以前の文字。
酒屋などの書き付けに、上の方に『〜〜様』と名前を表す
部分に使ったりする。
『名前、様』または『上様』と書くところを、『ユ様』と
書く。じょうさま、とぜる。『ゆさま』ともいう。
兵庫県丹波(京都という丹波も)の古い表記。全国で使われて
いた表記である。
古く『ユ意(じょうい)』という言葉とも。
書付は請求書のこと。領収書、類。

卒業4127
御父、オズという。
御母、オゼという。
の言いに、御をハと読む。これを、ごはめる、という。
ごは読みという。御行、はぎょうという読みに、ぎょう
ほむをとめ、という。これが、行幸を、さいぬるという、
さいはむという。ぎょめせまのお言いに、とそず。
これが、『にと』の言いを使う、『私に言う』を、
『私にと言う』という言いの使いが出るとずる。
文の終わりを出につける、文の使いを知らす意味とずる。
これを、ゆみはんまる、という使い方、とずぞ。

『私はにと、行く』という、『私は行く』という意。
上代の文字の『ユ』を使っていた頃の言いである。
『これは本で出る』という、『これは本である』の意。
『である』を、『出る』という新語の使いである。

『私ははんで』という、『私は『ある』を、『はん』と
使います』意。
 『わたしはん』という、『私です』という意。
押印の意とも。花押の造りの意である。乙の下に、一を
引く、若い人の花押。Zの下とも。英語のサインに、
下に長い線を付ける意とも。花押引きという。
 Zを左右逆に書いて、下に線を付ける花押のサインと
いう。一般に使うサインである。誰もが使うサインである。
これがジョという、花押をジョという。いいじよという、
言葉の最後に、じょという『〜じょ』、『〜だ』という意。
 これをダニエルという、この言葉の使いをルロスという。
後、今のロシア語とぞ。ダーニェというロシア語を表す
こととも、ロシアのことである。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2029大原練習1929天の下2329 Italia Flash della fotocamera29幸義光(フラッシュ)29(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38798
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@197上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/21柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@197
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186606548

この記事へのトラックバック