2019年09月14日

卒業4113Italia Flash della fotocamera15幸義光(フラッシュ)15(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4113京都船旅3013
古譜2013大原練習1913天の下2313 Italia Flash della fotocamera15幸義光(フラッシュ)15(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/09/13、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー カワイ社
【歌詞】創郷 
土佐へ行く日 揃いの貝のみずちに
髪結い髪曲げ貝 楽しくてうれしく
バスに乗って空へ飛び山海越え海下
耳下の髪曲げの飾りの髪光る
幸義光閃光写る姿絵


 狐の天気予報。〇r1960/06/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
2020/8/8 柳を植える。
【オリンピックに向けて】
安全政府、健康政府。
政府も、安全が第一だ。政府を思いやる人。
Right willow tree, in the right hand.   
【亀山天皇】
 亀山天皇を、ヨイヒトと読む。サクラギのたよ浜とそ。
めるれすという、小夜文のそうきようという。めんつ
れーら、という。あゆっと、という。あゆふるの山という。

 天皇をヒトと読む。後、カミと読む。この読みの一新と
いう。御一新という。てんのうと読む明示という。
 明示の御一新という、この御一新の一環という。表記
表示のことともいう。

 革命御所という、そこの出しという。漢音で読むことに
する維新という。

【夏殷周・・・・】
 明治を、コバと読み、サクと読む人という。
明子を、コルと読む。
明雄を、コカと読む。
明をコと読む。
これが、漢音であるという。

 夏殷周秦漢・・の前の、夏の前の、蚊の前の、漢である
という。この漢の思考であるという、思考程という。
漢蚊夏殷周秦漢・・という、この初めの漢の漢音という。

 伊達をダテと読む部類の読みだという。黄泉をヨミと
いう、これを万葉咸巻き、万葉咸読みという。上の読みは
万葉咸読みであることという。

【木庭天皇】
 この時に、木庭天皇と書いたという。これを、エトウヒ
という、読みの名称とする、この読みの分けをいう名称と
いう。『あければ』という読みとそ。これを、ればらむ、
という。これが、『みよれた』という冠語の使いをいう。

 冠語の使いをする人の言いという。『みよれた、ペン
そっき』という。『木庭天皇、大損』と表記する。
この損が、りらるそんてす、という。尊の意味という。

【うよい】
 この書きを、現代語が、このまま解釈する。
木庭天皇が大損をしたという。これが、急難という言葉とそ。
この天皇は実在するかという、これが、コバヤシという読み
であるとしない。『あければ、うよい』という読みである。

 あければ、うよい、という読みの『みよれた』話という。
低沢山の桶という読みとそ。

 これで、明治天皇を、めいじてんのうと読む読みという。
これが、御一新である。

 ここで、ばりせる、という言葉の触媒を入れる、化学の
食背とそ。メという言葉を入れる。この『メ』の鼻という
意味の『メ』を入れる。

 木庭天皇を、メメメメと読む。この反応を、クルズと
いう名称を付ける。すると『きされ』という声がしたという。
これで、木庭を『きされ』という。

 ここで、再び、とみをいう。すると、『きんいるこ』と
いう声がしたという。メメメメ、きんいるこ、という。
一新にいれないことという。これを、御一新という。
これが、反応に触媒を入れない化学という。

 これで、化学的読みという、黄泉をヨミという読みとそ。

【黒木御所】 
 めてゆてという、かんるぎせまれる、という、この冠語の
言いとそ。『みよれた、あければ、うよい』という。
うよいという黒木御所の言いで、よいという意とそ。

 このままの話である。うよき御所という、うよい御所で
ある。
 『木庭天皇、大損』という柿をする黒木御所という、
よい話であることという。現代語、このまま感がレば、
喜べないこととも。

 これを、たいかさり、という、後、布袋の鯛という。
この布袋の意味のことという。これが、たいしたという、
副詞のことという。『あければ、おおぞん』と呼んだ人
という。『きにわてんのう、おおぞん』と読んだ人という。
損という、尊の意味である。とうといという意味の古い使い
という、尊の意の使いとそ。

 布袋尊という。古く、布袋損と書く、表記である。現代は
こういう使い方をしない。

 現代語で解釈すれば、宮中逼迫記になる。明治新政府は
赤字であったという話が出ることという。インフレに
なったという明治維新の頃とそ。歴史学の解答である。

【髪型】
 木庭天皇は、みずちの髪型である一種とそ。『あければ』
という髪型である。みずちを結うのは、貧乏人であるという
話という。これを、貧乏神という。この解釈の正しさとそ。

 実は、そうはならない現実という、大尊をいう言葉か
出る。黒字の御所という。ここの髪型である。大損と書い
てある所とそ。これが、貧乏を、鬢(びん)という、
鬢弓という、みずちの曲がり具合という。髪型の話という。

 大和時代のみずちを、貧乏徒という。これが。布袋尊の
損という書き方である。鬢徒という、みことの元の言いとそ。
鬢徒の黒木御所という。これが、鬢防人という大和朝廷の
庶民という。みずちを結う庶民という。

木庭天皇を、あければという、明人という。明神の語源で
ある。明神の、振るい内輪という、扇という。はけよい
のこったの陣内輪である恰好という。明治天皇の古い表記
である話という、木庭天皇という。

【庶民訴】
 一般に明治天皇という庶民訴という。庶民のことを天皇
という、庶民天皇という。ショックスという、織物のこと
である。織姫という、織りの一種という。おりそまの
かゆふり、という。織物の言葉である。麁服(あらたえ)と
いう話になる。
この言いの種類という。
食人職、パン屋のこと
貧乏織、織物屋のこと
下手山、銀行のこと
じとん、天能のこと、天気、天候のこと。
・・・・
という言いの種類という。この『じとん』が、髪にかかった
天皇にもなる。みずちの髪型という、木庭天皇である。
明治天皇のみずちであることとそ。
今は、この使いをしない。パンを、食人、人食と言わない。

【髪型用語】
 明治天皇、木庭天皇、亀山天皇・・・と、庶民が使う、
みずちの髪型用語の言葉である。

 『ヨイヒト・カット』という。
 『亀山天皇ね』
 ・・・・・
 『コバラン・ベッツ』という
 『七三分けね、明治天皇ね』
 ・・・・
 『メメメメ』という
 『お任せにします』
 ・・・・
 『芋狩り頭』
 『壬武天皇ですか』という。
 ・・・・
『賞得大使カットですか』
 『ようおす』という。
 ・・・・・
 古い散髪屋という、床屋言いという。これが、木庭と
 いう床である。木床の言いとそ。後、剣道場という。
 そういう話である。現今、この使いもしないこととそ。

【福知山】 
 これを、トコ・ドッコイという、ドッコイ・モーレル
の言葉という。ドッコイセという伊勢の福知山という。
福知山の『ドッコイセ、ドッコイセ』という歌である、
床節という。『ヤットコセ』ともいう。そういう話である。

 ナッポレラ論るく、という言葉の解である。

 小判着という記物の造りである。略。

【そう声が聞こえた】 
 明治天皇という字を指し、『どう読む』と尋ねた人と
いう。『コバヤシ』といわれたのである、また、『サク
ラギ』と言われたのである。そういう声が聞こえたという、
そのままにしておいた人である、後の駄作者かしら。
そんな駄作者の頭である。
 小さな林があった話という、そこの桜である、遣東使の
話である。

 御一新を、ほめらる、と言えば、上の解になる。
貝の話である、みずちの髪型、曲げとも、みずち貝である。
貝曲線数という、駄作者の数学である。双貝曲線という。
爽やかハットの爽快論とそ。

 そうきょうのよい言葉、人が喜ぶ言葉という、
 人の喜ぶ言葉をたっとぶことという。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜2013大原練習1913天の下2313 Italia Flash della fotocamera15幸義光(フラッシュ)15(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38638
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@419上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/06/08柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@419
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186553983

この記事へのトラックバック