2019年08月24日

卒業4057Italia Scossa elettrica打電(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4057京都船旅2957
古譜1957大原練習1857天の下2257 Italia Scossa elettrica打電(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/23、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
打電する機の羽 黒バラ飾りに
トトツ 音 手早に 電報打つ時
黒空少しの白さが見える
アンカーの最後通牒 突撃の始まり
機の頭を下に下げ 地面が迫る日

 狐の天気予報。〇r1960/05/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1999/1/1 そりのよれ。柳
【名曲解説】  
Anchors Aweigh 錨をあげて   
【IF】
 そくるという、さみしのれれ、という。
 これを、れそん、という。れれるれれ、という。むすたすの
山という。

 歌を解く葉の屋とそ。笹の葉の屋の屋の時という。これを、
れるせんたっく、という。れるすおよほる、すみすれれる、
そろる、という。

 英語のイフ if という、〜なら、という。これが、オナ
ラであったなら、これを、カレードという。カレード・イフ
という。 クウェスチョン・ネブルという。

【Navy Blue ネービー・ブルー】
 ネーイル・ロンゼブという。ネービー・ブルーという。
海軍のブルーという。アメリカの海軍のねわんという。
ねわん停泊の船の汽笛の音とそ。旅客船をとる、海軍
ネービーという。

 ボーという汽笛をあげる海軍のネービーという。
その船の汽笛の音を、カレーという、カレドニア・
くーれく、という。カレッソン・ルールクともいう。

 これを、ネービー・もまる、という。もまるのゆみふり
という。ブルー・ネービーの青い音の色という。これの
意味の、音の色の出という。この出を、デパーチャーと
いう。オナラ音という。デパーチャー・レントスという。
いみが、あんをよる、意とそ。あんのよりの色の出の青
とそ。

【錨】
 この海軍を指揮する錨という。錨の世のデッパーと
いう。これをデメソレという。でみ山の山という。
でぞれてという、出初めのでびそ、という。出初式が
これである。デパーチャー・ロンホウという。ローベル・
ルースーという。ロマノフの出という。ローレル・レン
レーともいう。ロマノフの王朝という、エカテンらーるの
あゆっそん・らーぶという。らぶれるるっすのくよすり、
という。

 山々のブー音という。ブゼムル・ラッツという。この
ブー音のべめそめ、という。ブータン・ラーレルという。
ブミッソという、ぶめゆらのべべ花のおいき、という。

 ブータン・れれそのあゆめての、ろろそ、という。
ル・ローシア・ランゲランという。これが、ブーの音を
出す、ボーともいう。ボーという音のだしとそ。

 この海軍の創設とそ。ニューヨーク・れんぜいの、まら
ずれ、とそ。まれまらのューヨーク・ハットンという。
ニューヨークの自由の女神のお元という。ここの山の風の
音である。ボーという音のだしという。ニューヨーク・
マンの風の音とそ。強い風が吹き降ろす、ニューヨークの
叔母の御膝元とそ。

【自由の女神アン】
 ニューヨークの、レットン・ワーズという場のこととそ。
ここを行く船の航海のあんをよる、という。これが、安全
のあん、という。あんという御叔母の別名である。

 自由の女神をアンという、アン・ホアーという。ホアが
川である。ハドソン・ルーというハド山の河口の入りを、
ボーという期的の音で表す、アンをめでる音という。

【ペチコート・ガバンメント】
 これを、こゆふるやのよ、という。自由の女神の台の中
という、ここに住む若い人とそ。大丈夫の棲家という、
これを、ペチコート・ガバンメントという。叔母の政府の
あんという。これが、アンのあんをいう、安心の世、アン
宅の絵という。アンテラールーという。

 ここを通る舟のあんをよる、船が無事通貨したという、
知らせをする、この音を聞く自分も安全という。これが、
ボーの音の意味という。海軍がこれを取り入れる、ブルー
ネービーという。ネービー音という。

 若い人が住んでいつも音を聞いていたペチコートの家の
絵という。絵を江という。この江を、ヨ Yo という。
よってす、山の御音という、ボーの音とそ。

 ネービーが安全をよることという。ブルーネービーと
いう叔母の軍という、ブルー・ネービー・ルック・ルー
という。この音を聞く若い人の楽しみとそ。

 海軍創設の絵の歌とそ、錨を上げてという。ワッ
トソン・レーレーという、降りる風の音のゆらる歌
とそ。

 この歌をよる海軍の安心という。海軍が安心をいう、
ゆらるかくゆに、のろる、くゆれ、という。この『のろる』
が、ノルーという、ノルマンのよいマンという意味とそ。

 グッド・ノルマンジーという、れっと・ユット・れっとす
(レッタム、とも)、これをよる浜の意味の名のブルー・
ランという。ここを、アーリラーという、ニューヨークの
叔母のアーリアの海である。叔母がたっていられるをいう。

【Inform my mother of my safety, this is Navy joy.】
 岸壁の叔母という、母は来ましたという、日本の岸壁の
母の歌の意をよる、ネービーの海軍のマーチとそ。
レーラル・ロンクー・ランクーという、ネービーの安全
通過を知らす、母の御元という。母に自分の安全を知らす
ネービーの喜びの音という。これを、ブルーラックという

 ネービーの根本という、自分の安全を母に知らすこと
という。これが、ネービーの創立の由来という。海軍の
成り立ちという。海軍をめでる、ネービー・ルックという。

 ネービーのボー音がこれをいう。国を守るという、こ
れに先行する、自分の安全、これを母に知らす
、こ
の意味が、ドレらるドーミーソラーソラという音の上げの
意味である。

【フロリダ論陸】
 これが、カナダ空軍の教えである。カナダ・オタワ・
ランジる、という。古く、フォート・ワース海軍の空軍
という、エッドワード空軍に先行する、アメリカの、
フロリダ論陸という、ロン浜の歌の意の発露とそ。

 フロリダにある弓山の歌の意という。フロリダ海岸の
がんそめ、とそ。カーリルロンルーという。これを、
ふめそら、という。古い、錨のや、という。錨の絵の歌
という。

【Florida, Anchor mount】
 錨を上げるという、海ぜらのウィール・ロンルーと
いう。この『ルー』の意味のあげという。あげを、
うったう、という。うったえるやのよのいまるる、という。
フロリダの錨山という。アンカー・マウントという。
ここの教えである。

 後、台風になる、歌の江の世のおま山という。オマー
ソン・れっくう、という。れるれるそんする、という。
この『そん』の意の歌とも。

 叔父が歌っておられるをいう。フロリダの歌の屋の
いませまのうるる、という。おじらる山のお書きという。
台風の名をいわれる、ワシントンラールの、パシフィック
・オーシャン・サイドという、この叔父のお歌である。
錨のマークの御帽のボーという、若い人の教えられた
御学問所の御講義とそ。この学問所が、フロリダの
ゆまれまである。ゆまの御所という。ゆうまる山ともいう。

 海軍の無事通過を知らせる、ランドン・モーゼルという。
イギリス、GHMHという、れむれす・ロトンとそ。
叔母が聞かれるボーの汽笛という。

 自由の国という、この『自由』が、安全を最優先する
ことという。ネービー・ブルー・論という。ウーイル・
ノットン・ワットンという。自由を謳歌する安全のことを、
ウィッス、という。これの意の、ウイ WEである。
We are roll ウィ・アー・ロールという、セーフティの
山という。

 Anchors Aweigh 錨をあげてに、
 ロールという言葉が歌詞にある、これが、役目という
意味という。これを、ロール・オン・バットという。
ばーらるという、KM語の意味という。冠語のマンハッ
タン語であることという。ロールという言葉という。
役目の意味がこれである。安全の意味が内包されたこと
という。フロリダの海の叔父の教えである。

 ロールオンという、錨を巻く役目という。若い人の錨の
上げの仕事という、役目である。ここを、フロリダ幕府
という。フロリダのオリ・ワットソンという。

 リオ・ハーマーという。ハーレル・ルースーのゆり
ゆり、という。ゆり山のお書きという。後、台風の来る
ところとそ。サマンサのおこし、という。さまれる・
ゆいよ、という。けんらる・れえての、すむすむ、とそ。

 ネービー讃歌という、サーレルとそ。後、サーベルと
いう。海軍のサーベルの意味とそ。フロリダのベンチュ
ラムという、後、こりよ朝鮮の揺れとそ。

 こーらる・れんるれ、という書きの意味の解とそ。
これを、こへれす、という。カナダの空軍の教えという。
カナデル論数という。後、GHQロンタムとそ。

【ユカタン半島】
 レーレル・論勢の、ゆた歌という。この『ゆた』が、
ユカタン半島のユタである。浴衣山のお書きという。
のち、京都方の会議という、現の京都会議である。

 カレドニアの頃の、フロレル、フロルーという、
現、フロリダの海のこととそ。

 フロリダの海、ここから、ユカタン半島へ行き、
カンクンという、ここから、ホンジュラスへ行く、
カレドンのおいき、という。ここの空港の近くという、
ここの屋のうるす、という、後とそ、ケンルキという。
ホンジュラス・よんもん、という、大きな門のある場とそ。

 懐かしのテグシガルパという、兆方のやゆふ、という。
やゆの町という、やゆれるホントム、という、ジエット機
のかぱゆみ、という。ロールス路とそ。ジエット・ロー
ハンという。ラーハンれるのこゆふり、という。ここの
ゆいそむ、という。れれるすみす、という。
スーレルロンズウという。原子力発電の話という。
環太平洋リニア網のこととそ。

【メキシコ・プエブラ】
 後とそ、メキシコ・プエブラへ行く人という。これから、
北上する、ファティマという現ティファナの回旋飛行という。
ファティマからフェニーという現フェニックスの町のおりと
いう、ここで降りて、フォートワースへ行く、その途中の
エッドロックという、エッドワードの古い名前である、
エッドワード空軍基地のことである。かしゆらとそ。

 懐かしの、エッドワードという、エッドワード空軍の
山という。斜面のあった小さな兵舎である。カナダ空軍
という、カナダの空の落ちの山のおりれ、という。
ここの降りの織りという、カナダ織りという、兵舎の
建て方である。また行く山のお書きという。

 江戸川よもむ、という名のわての絵の描きとそ。
懐かしきエッドワードという、エッジール・ヤッパーの
お書きという、この文である。

【ダンソン晴れ】
 ダンソン晴れという天気をいう、空軍の言いである。
ダンソン・クーミクという、みれていいますという、
報告の言葉という。ジェット機に乗る時の言葉である。

 カナダ空軍のエッドワードの空軍冠語である、冠話
ともいう。語を話という、カナダ連浜という言葉とそ。

【ロシア楽器】
 古い話の屋の、なつよつのことの、イギリス・ロンド
ンとそ。カナダ・ファンれる、という、この話である。
古い琴である。三角琴の弾きとそ。ロシアの楽器という。
バラライカ、ドムラ、クドーク、グスリ、トレショートカ
、ここの楽器である。エドワード空軍基地の音楽夜という。
静かな夜の訪れという。暗い昼から、暗い夜という。
そんな頃のエドワード空軍基地という。この名前の通り、
今もある空軍という、カナダ空軍ともいう。
黒い薔薇のジェット機という、機体に黒バラが描かれ
ている、若い人の乗っている機である。黒白の縞模様も
あるという。強風の発進という。ロワットソン・テロと
いう。懐かしの我が家という、ここから、再びフロリダへ
戻った若い人という。錨を上げてという、歌の意味の
通信という。トトツゥーという、ロワの通信という。
フロリダ沖上空からの打電とそ。

【打電、最後通牒、アンカー打電】
『これより突撃す、我、そそゆ、たよよれてふ、
 そみそる、そるる、れとそ、ろろるる』という、
 若い人の打った電報発信という。冠語の打電である。
『右手、こゆ花を見ゆ、これに続け、二号機我なる。
 小手ゆら、そみそ、だゆれれれ、そそめるおりす。
 これる、すうるう、れれそる、ゆゆす、れもす』
 最後通牒という、急降下の直角降下である。
 めゆらるすお書きという、若い人の旅である。
『夢は枯れる』、垂直のお連れありるるすっす、
防北の歌、これなるを。

*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1957大原練習1857天の下2257 Italia Scossa elettrica打電(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou38078
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@406上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/18柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@406
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186463226

この記事へのトラックバック