2019年08月21日

卒業4049Italia Vega 七夕返り(壮強太陽):イカスミ柳 2-4


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4049京都船旅2949
古譜1949大原練習1849天の下2249 Italia Vega 七夕返り(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/20、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)

【かききゃあ】
 山城を、かききゃあ、という。カーレルともいう。
かねせ、ともいう。かるれるれれそ、ともとそ。

【木崎御所】
 そうきょうのよいかとうや、という、かとうのやの
かんたきのおいそれれ、という。いそるれ、とそ。
磯の浜の言いという。この文がそれである。
『である』を『という』という言い表しのこととそ。
木崎御所の言いである、おつしょという。乙所。

そうきょうよい、これにて。

【名曲解説】
『東雲節(しののめぶし)』
『何をくよくよ川端柳・・・』
くよくよというのが、木崎柳を表す。木崎くよれらのはろ、
とそ。はろという広葉の柳とそ。今の柳の葉の3倍
くらいの葉巾。
 くよくよがはろをいう、はろ柳のようろる、という。
ようろる柳という、代表が雲竜柳になる、これの広い
葉の染めの世のことをいう歌という。柳の葉を使う染めと
いう。
『こがるるナントショ・・』という。
『こがるる』が、染めの一種である。ナント出しの汁の
染めのこととそ。主に、葉の柄の着物の青い所の染めに
使う。てーらる・せんばつ、という染の工程の所の
表しとそ。
 木崎御所が染の場所であることとそ。

【ごみれま】
 この歌を、ごみれまという楽器で弾く、今の木三味と
いう、ゴッタンともいう、この音が雲竜音という、三味
より澄んだ音がするという言い表しの音という、
ゴッタンの音という。ゴッタン三味ともいう。三味線が
木で造られている、この三味線を雲竜三味という、雲竜で
作る三味という、いの山の川音という、この三味の音を
いう。
 合わせに、しゃくという楽器という、今の木で造ら
れた笛を使う。木が雲竜柳の場合に、音を、かもるき、
という。このかもるきの曲とそ、東雲節である。

 この三味に、今の皮張りの三味を使う場合の音を、
かもせ、という、かもせ音とそ。これを、かもろぎ・
こうり、という。かもろぎの合わせという。

【木崎羽織】
 この合わせの着物を、木崎羽織という、きもせむ、
という、きもろぎ、とも。きっつれって、という、
木を連れてという、音と着物の音のすり音の、入れ
をする。これを、かもせってのおあい、という。
着物がすれる音を楽に入れることとそ。

 けんすべ、ともいう。ワーレルスーハーブという。
めんて、とも。めんるるらっくの山という。れれんそ
の音曲とも。

 東雲で、着物を擦った音を入れることを、しっぷく、
という、しっぷく・しののめ、という。明け方の
ドーロンという、ドーンという音を指して、朝が
くる景の表しとそ。

 この『ドーン』を太鼓で入れる、皮を緩ませて、
音を、こゆからす、ことをいう。こゆかるの音を
入れる。ドロン節という。

【舞い】
 舞いを入れて、柳の雲竜の木の恰好をする手を、
うんたま、という、うんたまの手という。
髪を男が見るという、この髪を、結い浜という。
結い浜という髷である。

【男舞い】
 男が躍る場合に、この髷をする。違いが、足の
さばきでする、この踊りを、しのせ、という。
しのせ舞いという。シーレルという、しみせま、
ともいう。『しっぱらせて、舞いかむ』という。
この『かむ』が桓武のことである。桓武列環という。
かんせる・れーれ、という、れむん、ともいう。
『まってすやーま』、という。この『やーま』の言いが、
桓武朝の言いである。舞いの足とも。

 長岡京の藤原の言いという、藤原の山言いとそ。
やまのことを、やーま、という。
 『まってす・やーま』という桓武亭の庭の築き山とそ。
木崎築きという、小さな山のある木崎御所とそ。

【篠山でっかん】
『まってす・やーま』という踊りともいう。東雲の踊り
とそ。古く盆踊りにもあった頃とそ。両手両方を体側に
下で、腿あたりで、後ろへ引く、足を後ろへ引く踊り。
篠山のデッカンショの踊りでも使う、『まってす』
ともいう、踊り手である。浴衣の踊りという。

【まっとれ】
 この浴衣に赤帯を掛ける柔らかい帯で、たすきにする
恰好を、『まっとれ』という、『まったす』とも。
まれるれのおはむ、という。まっとうの言いとそ。
まりぎら、という。まんれる、とも。
『めっさららーるのお舞い』という、『まってす・やー
ま』のことという。木崎れんくる、ともいう。きれっせ、
とそ。きれせ枚の山 という。

【作糸御所】
 小崎こっくれむのいと、という、帯のことをいう。
小崎御所が糸を作る御所である、作糸御所という。
『まったす・ぼんけく』という、糸造りのことである。

 『やーまなーま』という、奈良朝の言葉の調子とそ。
『そうやーにい、まあとらしょ』とそ、連れ踊る話
という。
『まっとらしょ』という、山の曽我の言いとそ、
大和朝のいいとも。

【しの夢、ささ夢】
 東雲ぼんたんの山という、ここの山をしのゆめ、という。
しのつゆ、ともいう。のれる山という。この言いが
桓武朝の冠語とそ。桓武朝の『朝』を、朝にとるドーン
明けという、朝白む頃という。
シッペラ・レンゼーラという、冠語の大和朝の奈良よら、
という、奈良よりである。『ゼーラ』と伸ばす所である。
『ゼッラ』という大和朝である。

 冠語を交えて、芸能つゆつれ、おそゆ・れんてしょ、
ふっくす、れそん、とそ。れとん、ともいう。一連の
解説である。御学問所御講義、東雲の御歌の講義とそ。
明治維新の御所である、御学問所の木崎御所である。
木崎ゆみ・あむてら、ろとす、ゆゆふら、れとれ、
ゆってす、という書きである。
 
 ゆいそれの、おぐこっこ、という。こっこ御所と
いう。コーレル・ルーミーという、るるれる・
おゆれ、とそ。

 『明治維新おっこしょ』という、おご浜の言いという。
明治維新が桓武の復古を意味することとそ。
かんむれる・いっそす、とそ、後、平安神宮の造営という、
祭人が桓武帝という、人を神という、桓武朝の頃のこと
である。

 『神はよけ』という、『私は行く』という意味である。
ルーミーという、桓武御所のあたら言いとそ。新しい言い
である。ルーミーという冠語の一種でもあることと。
平安朝の語調をもいう。ここの言いである、木崎山神宮
という。恰好が少し変わった変わっ恰好をする神社携わり
の人という、この神宮の恰好ともいう、ルーミーソール
という。るみれら、という、るみそね、とも。

 『これにて、すうよう、ファイアックー。ぐっれれ。』
良きを後に残す意とそ、Good-byeという、カレドニアの
てもすみ、という。カレドニアン・ラッセルである。
See you,good luck。シーユー、グッド・ラック。現、英語。
『さようなら、よきよき。後日、みゆら_ほ』、冠語とそ。
後日、こうじつ、という、向日、明日ありとそ。
朝の挨拶に『はねふ』という。『はるれ』とも。『はのの』
とも。

『みぶすっき・ゆっき・れんすら』という。
『ご機嫌麗しく、昨日連れ、そうきょうほのゆら』と
いう意とそ。そうきょうの挨拶とそ。連なる今日の、
双今日とそ、御所のそうれくという、御所全般の言いで
ある。
『みぶ』は、自分のこと。私。

走り書きにて。すすす、れっつらぁ。るるす、
よきほにに、
『あっす、めっすゆ』、明日お目にかかりましょう。
木崎冠語の言い。
See you, tomorrow。シーユー、トゥモロー。


【名曲解説】
七夕の歌
現  笹の葉、さらさら、のきばに揺れる
冠語 笹の葉、さらさら めびまのゆらる
新語 もとの穂、そみそら、はなぎにゆける 
一義の訳です。


七夕という、読みのことを、いう。読みを、て、という。
てされ、という。
『これ、てされ』という、
『これを読んで』とそ。
この言いが、新語である。
冠語で
『れも、しもせ』という。『れも』を『これ』という
冠語で、木宮ごっこ、という。この『ごっこ』を子供に
とる、ごんてき、という。子供の言葉にすることをいう。
ケレッセンという。

『ごっこ』が、御所をいう、御所という。この言いが、
英語のダムソレという。同じことをいう。ケットという、
言いである。ケトンとも。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1949大原練習1849天の下2249 Italia Vega 七夕返り(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37998
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@517上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@517
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186450869

この記事へのトラックバック