2019年08月18日

卒業4041Italia Ceramica Milaneseミラノ土器(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4041京都船旅2941
古譜1941大原練習1841天の下2241 Italia Ceramica Milaneseミラノ土器(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/17、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
空から 地中川を見る 茶色の土だけの谷に
細く走ってる カレドニアのミラノは
見渡す限り土 硬い土の砂漠 一瞬の
歴史の姿

 狐の天気予報。〇r1960/05/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1936年(昭和11年)2月26日 そうきょうは良い日である。
          影深く、身を落とし、影の日とそ。
          良き良き世の影という。
           柳の影、これにて、世に良きを
          いう。柳影日。風呂の碑ともいう。
          柳。

 2月26日、とかげ参りの日という。この日周辺、影が
深くなる頃という。影を拝む影参りという、影を拝むこと
という。その日である。とかげの影があった日という、
竜宮城お書き。若い人記す。
付け。 人の影をとかげともいう、英山参りとそ。
    人影英山という、人のことをいう、紫宸殿
    御所の言いである。
    
【226】
 2・26、ニーニーロクという、ファルックーという、
ファーレルブーゾンとも。『ににんが六』ということの
件という。これを、風呂集めという。 風呂屋の革命
という。風呂へ入って健康になろうという、風呂による
健康法を集める件という。集件の話である
 十件という。
 
十の件である。風呂屋十か条という。
1ツ、かかり湯をしましょう
2ツ、隣の人にからないよう、湯をかける時には、
座ってかけましょう。
3ツ、
・・・・
10 健康入浴 、これなり。
健康に決起する入浴法という。2・26事件という。
誠に、事の良い件である。 2.26良件という。

 泡の砲もある話という、風呂屋へ行けばある話
という。入浴砲、泡吹き出しの風呂である。
健康決起には、良い話である。

【風呂屋の柳】
 そうきょうの良い健康という。柳入浴法という。
風呂屋の柳という。風呂屋周辺には、柳を植える
町という。風呂上がりの柳そよ吹く浴衣がけ、
下町上町という、繁栄の風呂という。柳を植える
ことという。

 風呂屋に限らず、柳を植えることである。
植柳の碑という、2月に植える柳という、
ふりゅうという、風流の語源である。
26日を二六(ふりゅう)日という。付柳という。
付柳日である。服に、家に、言葉に・・・柳を付ける
ことという、その日である。毎月26日をいう。

 付柳月、付柳年という。毎年、毎月を柳とし、柳月と
いう、これを、柳付けという。健康安全をいう。柳王と
いう、柳顔ということという。正しいことをいう、
安全に繋がる話という。正柳という、これを、
ニニンがリュウという、二人柳という、二人羽織の
語源である。

 一つの羽織を二人で付けるという、柳の下の立ち話
という、二人羽織という。健康の話が出てくる柳の下と
いう。革命の話という。健康という革命である。

革命を唱える若い人という、健康謳歌の人である。
歴史にどんどん柳を入れるという、正攻法の人である。
健康成る功である。正(やなぎ)。
 ファルクのお書き。正をやなぎという意味である。
ファルクという、これを、やなぎ山、闇のやなぎという。

【さんや御所】
御所英山柳という、さんや御所という、紫宸殿のことを
さんやという、ニーニーロクごっこ、という。
子供の遊びの、ニニンガシの、ニニンガロクという、
ニニンガロクと言うて健康を手にする、遊びである。
ごっこである。御所のことを
ごっこという、子供の言いでもある。

【ごっこ】
遊びのことを
ごっこという。226の泡ごっこという。十の倍は、
二十六という、泡盛勘定という。四の倍は、四六
という。ロクを付けて健康を呼ぶことの意の泡盛と
いう。はちロクむさし、ともいう。ロクが健康で
ある意とそ。

【令和御所】
 泡盛の紫寝という、ロクすっぽのおねんね、という。
レーナという、令和のレーナという読みから出る、
健康のことという。レーナ・ごっくすという言葉である。
令和御所という。レーナ紫宸という、指針である。

指針殿礼名という、冷和のことである。
冷やして和むことを、頭寝という。後、答申とも。
熱く答える君という、玉子の黄身の作り方という、
答申文である。ニーニーロク答申という。
226答申と表記する、紫宸殿の投寝という。

『ニーニーロクです』と言えば、紫宸殿に泊り寝ます
ということである。2・26の話という。ニーニーロク投寝
の寝姿という。

【鹿鳴館勘定】
 『東山三十六とかけて』『ニーニーロクの指針殿と解く』
その心は、ファールク楼という。ロクをたっとぶ健康の
言葉である。三十六、二十六も、鹿鳴館という鹿鳴館勘定
という。10の3倍は、36という答えである。

 鹿鳴館勘定の健康骨という。骨を大切に、という話で
ある。

【226事件】
 歴史が、226事件と表記することの、駄作者の曲解説
である。曲解説付きである。ファーファードレミの歌と
いう曲解説である。健康のファーということとである。
ニーニーロク音頭、ニニンガシの算数録である。
記録的駄作曲、解説付きである。

【乳々録事件】
 乳々録事件という、赤子の泣き寝入りという、六つの
乳の懐に飛び込む話という、安全健康のことである。
ナイチンゲール・シックスという、ナイチンゲール療法
という、病直しである。大叔母の御言葉である、
大お爺さんともいう。

【南京ホア】
 大叔母あられおられ、大お爺さんおありおありという、
身の上の話という。指針殿身上という、ニーデー、
シンジョウ、シンジョウという中国語のような冠語で
ある。寝る時の挨拶でもある。このままの中国語である、
ニー的進上(ニーデーシンジョウ)とそ。
中国の南京ホアという、そこの中国語である。

【大阪堺】
大坂周辺、『行きよって』という。『〜よって』という
この言いを、きょん則という。きょんつぁ、とも。
キョッソン・ラールーゴーという。
『ペッピン・スーヤン』という、『〜さん』を、『〜やん』
という。ペミッソ・ルックスという言葉の一種という。
 京覧札辺(さっぺ)の言いとも。
 堺周辺は、『〜やって』という、『行きやって』という。
これを、ユーターン・六根という、六根語という。
ユーターンを、京まむ、という、京ぜら、ともいう。
京都の堺町という、そこの言葉でもある。堺のことを
ユーという、ユーララ言いという。メラスレとも。
御所着の羽織る場の言いとそ、羽織の言いという。
御所着のことを、はめ羽織という。はべせ、とも。
これを、ユー着という。
 ユーを、たそがれ、という、がれやらという、
たそがれ着という、浴衣明(ゆかたみょう)という、
これを、おどんみょう、という。夕方周辺の景をいう。

【おどんみょう】
『おどんみょう、れんれ、そって』という。『夕方に
連れ行きましょう』という意とそ。夕涼みとも。
ここを、堺ごんるる、という、御所の堺町門である。
権裕(ごんゆう)御所という、堺町るいられ、という
言いである場所でもある。『〜である〜である』
『大阪である堺である』この言いが権裕御所の言いで
ある。

【きょとん】
 きょとんの柳という、きょとん楽という、堺町門
の芸である。堺の町、村、ともとそ。

【権裕御所】
 権裕御所という、そこの、おみなという、権(ごん)と
いう役職でもある。〜の丞という、〜の権、という、
これを、丞権という、後、条件になる。堺町御門という、
堺の宮の、えと読みという。権をごんという読みである。

【国権】
 国権、こくごん、という、遣唐使の頃の言いとそ。
堺町国権(こっけん)という、大阪堺から唐へ行く若い
人という。これをさんまくという、唐の幕府という。
三幕則という、国権(こくごん)劣勢区(れっせく、
れっせいく)である。国権行使の御所である。
堺のユーターンという、大阪堺である。そこの海上区を
れっせせという、サラスポン・レット、サラス津劣勢区
という。これを、堺、遣唐使という。堺を唐という、
京の享保の言いという。京都を享保というひぃの言い
である。堺国権という、ダモという。

【与謝野晶子】
 作家という、与謝野鉄幹とそ。ダモの与謝野という。
与謝野豆百合(まめゆり)という、与謝野国権という、
その御方の国権である。

 『大君はいでまさね』という与謝野晶子という作家の
詩とそ。大き身の正寝という、寝て暮らす、若い人と
いう。

 『大君はいでまさね』という反戦という、意味
である。

 これらの二つを、どこで見分けるか、堺町国権の解
という、物理学の枢要という。堺のね、という。
根という。京都の御所の物部という、物尊という、
この言葉の意という。ハンセン氏病という、これを、
治す言葉という、『大君はいでまさね』という。
この言葉で、ハンセン氏病が治り、研究がされる。
病原物理のはしりとそ。与謝野晶子という御名の
作家である。作家の目から見た病気、医療という。
その歌である。

 脳の後脳頭という、その場所から出る言葉とそ。
『いでまさね』という言葉である。遣唐使節の
駄作者はそういうのである。明治維新の酒井で
ある、その人の国権である。たいくんという堺の
都である。

 明治維新の遣英使節である。西郷権という、
西郷像の拝みの人である、大きい人を大君と
いう、西郷ともいう。西郷権府という大阪府
堺市である。西郷権という鉄の町である。

【駄作者、解】
 鉄幹町という駄作者の解釈である。駄作者は
遅れた人である、知恵遅れという、知恵遅相という、
よさのかなみきのよさという、鉄の意味である。
鉄の鉄幹という、解釈をする人である。
【与謝野御所】
鉄鋼の町、寝て起こすという、
寝て暮らす人という、革新技術という、鉄の病と
いう、これを、鉄兵という。
寝て起こす、革新の技術である。

【鉄平、鉄兵】
 堺へ行けば寝る人を鉄兵という、鉄平とも。
堺はそういう町である。堺の鉄工所で寝ていた
人である若い人である。
権裕御所書きという、いでまさねという。
堺へ出て正しく寝るという、曲解説である。
ごっ曲という、歌という。極曲。
堺御所の言いである、歌を、ごっ曲という。

『そう、ゆうたんや』というロボタン子供の言い
である。英語という、ユーターンである。
 
 堺麗し、与謝野秋、与謝野晶子の像という、
それを拝む若い人とそ。明治維新をするという、
そうゆうたんやという、そういうた言いという、
堺の与謝弁という、、かえれかえれユーターン
という、堺帰阪という、ベーシック・ロンダム
である。

 赤んべえシックす、れれろく、とそ。病気が
治る話という、健康革命の詩である。六。
レッドとシックスの詩(うた)という、
名詩を歌という、駄作舎の極曲解説である。

【ノヨス】
 本を読んで考えるという、与謝野晶子をほんと
言うて拝む人である。本人作という、すごい作家
である。与謝野晶子という作家である、明治維新
の人である。
ノヨス山という。ノヨスという脳である。

 堺の商家の生まれという、北の商の堺の商家である
かしらと、御所取り入れをする駄作家である。
与謝野晶子像という叔母である。

 堺町御門の穫り入れという、秋小口の話という。
プロントザウルスと手をつないで歩く若い人とそ。
大君という、大き身の恐竜である。たいくん竜と
いう。曲解難解の文である。駄作者の脳という、
遅れた人という、知恵遅れという、遅脳である。

 明治維新も遅れてやってくる人である。
何年の遅れか、何年前の遅れか、堺でっ刻という、
堺でっかんしょである。

【眠狂四郎】
 『いずれのおほん時にか、ありらるれ』という
いねむり狂四郎という、眠りを今日しろう、という
眠れる獅子の話という。プロントザウルスである。
ブントという、文徒という、ブント竜という。
蜥蜴のアーヤという、ブントのサーヤという。
綾鞘の文という。綾鞘竜という、プロンの山のお獅子
という。堺町門入り左差前方をいう、そこのやの
いと山ほうれい、という、蜥蜴山とそ。そこの
住まいであるプロントザウルスという竜である。

【黒蜥蜴御所】
 あの辺はトカゲがたくさんいる場所で、土が
そうである。影読み土という。黒蜥蜴御所と
いう、叔母のお蔭で休んだひとという、
与謝野影という、与謝野影所という。

【二宮】
 二宮サンタクロスという、隠れ霧紫檀の場と
いう、紫檀の植わる蜥蜴山とそ。トカゲが
いる話という。トカゲを二宮という。
黒蜥蜴御所の言いである。黒紫檀造りである。

駄作者の明治維新人列伝の一である。
与謝野晶子の章、いでまさねの項。
駄作者は知恵が遅れている人である、
その脳の曲解である。遅脳指数100パアである。
論文考査を受ければ、点数が付けられない程の
出来という、計り知れないチノウであるという、
零点のことである。

そうきょうのよい頭、大切にしましょう。
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1941大原練習1841天の下2241 Italia Ceramica Milaneseミラノ土器(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37918
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@496上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/12柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@496
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186435548

この記事へのトラックバック