2019年08月16日

卒業4035Italia Milano みらの連数(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4035京都船旅2935
古譜1935大原練習1835天の下2235 Italia Milano みらの連数(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/16、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
ミラノ行き 駒の背に旗 歴史の
古渓だにに いとせる 無線の打ちでしと 
乞う遠き 享保 交わす木津由良 はなるる
天の川 燃え上がるよう 錦越えに

クーベルタン街道より古い、古渓谷街道。
享保、カレドニア期の京都。
木津由良、古い木津川語。
天の川が、綿のように燃え上がる形容。



 狐の天気予報。〇r1960/05/11
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】

     
【洗濯】
 『ルル、ファッソンラール』という、ひからぜの冠語と
いう。相手をターユーという時の、ターファールという、
『ターファール、どうせ』とそ。どうせという、どうし
ます、どうしましたという意とそ。

 アール・レンファーラックの言葉という。アルスール・
ラールとそ。れれんと、の御場の言いとそ。れれんとと
いう、ファーアールという、ファーすべのけりふる、とそ。
 
 けそ山のこととそ。れれんそのれれる言い、とも。ファー
を駆使するファーの冠語とそ。ラールともいう、語尾につ
けるロックルラムという。られる言いという。冠てら、と
いう、メビユスの言葉という。ファーアール・ラッソンレー
という。れれてつのくいふり、とそ。

 ファメのうかづき、という。うれれるよよのおよよ、と
いう。この日の、ロボタンの行列という、ロボタンのお弔
いという。ろぼっす川の山という。

 路干しという、洗濯物の干し竿の見という。これを、
ロボット礼という。ろぼらる・おりる、という。また木
の使い方の話という。ロボトンという、また木のことを
いう。ロボトンのまた木という。

 路傍干しという。ろぼれくという。ロボタン冠語の
洗濯物干しである。また木という、Y字型のまた木で
ある。ロボれる・冠白という。白い洗濯物という。

【天の香具山】
 日常に使っている人である、御所住まいの若い人で
ある。『衣干すちょう、天の香具山』という、香具山
見学の話という。洗濯物の取り入れである。詩人調表
現である。ロボゆる・パッファウという、ロボ語で
ある。冠白の洗濯という。白袴で洗濯をすることとも。

【冠白姿、冠白見】
 白い帽子を頭に被る暑さ除けである。冠白見(かん
ぱくけん)姿という。どこでも見られる風景である。
天の香具山姿という、香具山を、白い山という表現を
することを、冠せられく、という。冠せられ山という
、天の香具山のことをいう、白い山とも。

【六間角】
 紺色の袴で洗濯をすることを、六間角という。六の
山のおい浜という。六老人姿という。これを、りく
せま、とい言葉の使いとそ。六道の山という。六つの
登り小口という、細い登り道とそ。香具山登りとそ。
山登りをしない駄作者のいうことである。

【六道将軍】
 蒲鉾道という、道の入り口という、六つあるという。
六道の蒲鉾道という。気をつけて歩くという、安全の
ことという。蒲鉾道の安全を手にする、六道行きという。
ロックという。ロック・ゴーイングという、セーフ・
カミングとそ。六道のことを、アーミー張る道という。
軍道同という、将軍に連れられて、とそ。

 この将軍を、アーミーらぎ、という。アーミーという
また木である。Y字路を、アーミー路、アーミー道と
いう。これを、あみろ・ゆんから、という。『から』は
言葉である。あみ道弓道という。小さな弓状のものを
手にして歩く、手持ち行燈という、昼行燈ともいう、
安全をとる歩行という。六道将軍という。六道行燈
という。

【ロボ子】
 それをロボットの姿という、ロボ子という、子供の
ことをいう、ロボ将軍ともいう。ロボ大将は、
ロボット軍という。

 子供を機械とは言わないことという。その姿をロボ子
という。機械の小さい子供もロボ子という。

 安全のロボットという、ロボットという、六の意味が
ある。この六が安全をとる、安全を手にする数字で、
言いである。『ろくです。』という、安全をいう意味とそ。

 ロックという歌という、安全の意味がある。歌の
中の安全である。ロック・ソーという、ロックをいう
言葉を使う姿という。

 ロックン・ロールという、安全揺りとそ。

【革着、革命着】 
 安全を手にすることをロックという、これを、レボ
ルーション・バレーという、ロックスという。
革命のバレーという。バレーの着物をレボルーション
という、革着という。かくぎ、かっちゃく・ぎ。
革命着ともいう、バレーの衣類という。チュチュ
の意である。

【紅一点】
 バレールーの話という。レボルーション・ダンスと
いう。これを、レッペ、という。レッドという色の
古い言いという。レッドレッペという。これを、紅と
いう、紅一点という、赤い色を着物につけることをいう。
レッドれっ辺のことという。安全の意味でつける。

 赤い羽根の防止という、胸飾りという。これを、
こうふ、という。甲府と表す、甲府の意味であり、
交付の意味である。セーフ・パースという。これを、
安全章という、記章のことをもいう。安全旗という。
日の丸の、丸い模様をいう。体用安全という。太陽の
という。安全がシンボルである。

【日の丸】
日の丸を胸に飾るスポーツという、胸のゼッケンとも。
安全の日の丸である。これを、天すめ、という。
天のすめらぎ、という。太陽を安全にたとえることをいう。

 これを、本日国という、今日の日の安全という。
セーフテー・れぼる、という。レボルーション・パーハム
という、はむれる安道という、安全道という。

【ルール】
 太陽の聖火が行く道を、ルールという。カレドニアの
言葉である。冠語のルルという意味でもある。

 レボルーションという、れぼれるすうく、という、
れぼふめすめる天子という、これを、あまごの言いと
いう。天子を子供という、子供を、日の子という、
ひみこという、一般名詞である。天子という、子供を
天子という話である。

【バージョン】 
 あまっそび、という、べるれる連数という、ベルン・
ファーラックという、天子のことをいう冠語である。
あまつみひ、という冠語である。
 ここを、あまご御所という。尼子。あまご(天子)の
ことを尼子ということである。子供をたっとぶ意味である。
安全天子という話である。この使いを天使という、天使用
という。天使を天子といい、子供ということである。
革命的見解という。レボルーション・バージョンという。

 バージョンを、説という、論という。リバッセル・
パーフラーという冠語である、ふりみだれ、という。
革命の話である。

【名曲解説】
 駄作者、名曲を解説する。
 駄作者の解説で、そのつもりでお読みください。
  
Layla レーラ
 カレドニアのmanの言葉がでてくる。old manという、
言葉のこととそ。、マン語の、マンである。
親しい人という意味の oldである。これが、膝をとる
膝まづく言葉の繋がりとそ。
 
 マンレバー・ノットソンという、カレードラールの
カレッセンの意とそ。髪のことを、クレル、という
古いマンの言葉とそ。

 イギリス、ロンドン・ラックスのイタランルーとそ。
ポップ・ロールという、れれんそのときん、とそ。  
レーラレーラの雪、黒い緑の雪とそ。

 緑なすクルソーという。緑山のロンドン・バレーの
景色とそ。そこの、ダレルレーという、ことの葉とそ。
言葉でいうことの言いを、マンレバーという。
シェークスピア時代の言葉とそ。
old、 ダブリンルー数の、あうれるれる、auldという、
これのoldで親しいがかかる意である。
what'll Losson、ホワットル・ロッソンの、
ホアレルという、マン語の冠語である、マントム・
ラッソンとそ。

Hat hot Lott・on ハット・ホット・ロットン 
という、はるれるゆれる冠語という、
イギリスのカレドニアの頃の言葉である。
Mann language (Kman language, man language)。
シェークスピア・レッセンの言葉である。
get、 歌を歌う意。マン語である。
get lott・on という歌を表すこと。
got get、過去を今にいう、ゲット・ホット・ロットン
     という、この使いの what'llとも。
現、カレドニア渓谷の言葉とも。
私の推理です。この意の歌です。
 そうきょうの良い歌であります。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1935大原練習1835天の下2235 Italia Milano みらの連数(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37858
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@261上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/11柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@261
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186430700

この記事へのトラックバック