2019年08月14日

卒業4031Italia Arlington あー落(御所の園の歌)(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業4031京都船旅2931
古譜1931大原練習1831天の下2231 Italia Arlington あー落(御所の園の歌)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/08/14、柳晴
    創曲、紫 寝太郎・正(やなぎ) 
    造詞、伊勢宮 四・正 
    監修、ウインタテリウム・正
    訳、 冴柳小夜史・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
御所の園 いかれるる 大お爺さんのお伴
ロボタンの読む御経 しらたきはぎ 手に持ちて
とろの盆 清くある アーリントン盆のこし
ア-ラ−ル−ラ− ア−ユ−ラ−ラ−


 狐の天気予報。〇r1960/05/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【大和奈良】
【過去をよくする】
1958/5/3 花火ピカリ光った
     柳の雲。そうきょうはよい日である。
     紫蘇山袖三郎、そうきょう山のお書き添え。

【みら野】
 みら野という、富士麓の町という。ここを藤更という、
更え久保という。ガーレンシアという、富士の面斜と
いう。富士を見て城は進む。ろろせる、ゆため、という。

 また、ガレっと地が鳴った所である。大お爺さんのお声
という。『攻めらるれ』と、大叔母のお声がある所とそ。

 大お爺さんありるありる。ここを、富士津宮野の由良辺
(ゆらべ)という。若い人が、ハーモニ・スタットという
た所である。城はゆく、春ららのゆらふる、とそ。
春ののどかな平地という。

 思えば、遠くサラセン・カレードニア渡り越えゆく、
黒の日という。

【本盆】
 地球が止まる日である。これを、本盆とそ。越えごえ
ゆきゆく、富士が手をふる、足をする時という。
宇宙がやってくる碑とそとも。この日に来る宇宙という。

 小さな宇宙とそ。来ている話という。るれという言葉が
出るひのお越しという。大お寺院のお呼びである。

 『あこに、まつを、くろれ』とのお言葉。ここを、
黒大納言という。富士ゆらゆら、という環頭の場所で
ある。

 城はゆく、駿府の横という。環頭の地は、もどれ
もどれ、という、かえれかえれ環頭の江という。これを、
もどるという、環頭大納言こっく、という。

 『もどるにや、ありそわ』という、かえるかえる言い
という。今に山が落ちてくるとのお言葉とそ。山が落ち
てきたのである。ここを富士山落ちという。今の、
おちご、という。稚児の出という。お稚児の場所という。
稚児の場を、山落ちという、祭りの話という。

 こういうことをいう環頭の祭りである。稚児山という、
本服という。祭りが、稚児をまて、という。
環頭の、まて、の意味とそ。ぢである意とそ。

 これを、サラセンおきるる、という。更千の世
という。『何をさらす』という、環頭の祭りの
用語という。さらす祭りのサラセン言いとそ。
 
 さらのすの地という。これを、御所が、みるす、と
いう。みるすれっつ、という。城行きを、御所ゆっきく、
という。城の行きのことのやのよ、という。

 御所れる城祖という。これを、ダイマラという。
だいそ、ともとそ。御所という城の行きという。
御所の取り言いという。取り話法という。これを、
わってれ、という。城をわという、御所の城行き取り
である。

【わって道】
 若い人が『あ』というたという、『あの城かえす
もどし』という。城を戻したひという。大田から駿府
へ戻り来た時とそ。城戻りの世という。わつてけ、
という。この言いを、城行きがとった日という。
城行きが御所言葉を使う話という。わってどう、という。
戻り道を、わって道という。御所言葉を取り使う城と
いう。

 わって道という、うらきり山のお書きという。
外国歌にある、わって道という、うらきりの賦
という。

【アーリントン】
 アーリントン伽藍のもとという。ひろろくのアーラク
という。アーリントンの、ひむさるり、とそ。わって道の
城行きという。うらきり山墓地とそ。

【千都韓国岳(からくにだけ)】
 後、アーリントン墓地という、ワシントンの墓地である。
韓国岳(からくにだけ)という、ひろろる山という。広島の
韓国(からくに)という。千都地位作山という。広島の
千都である。

 御所のわって道をいう、そこに、あー落、がある。
御所裏山れ、という。あー落臨所という。あめせらぎ、
とそ。アーリントン記墓という。本盆の墓とそ。

 ボンテクのやのお書き、とそ。

【アーリントン盆】 
 8月14日を、アーリントン盆という。アーレラーという。
アーレル・サンファーズとそ。あめせる、とも。盆の通う
トロッキーという。トロッキーの、とろ木という。とろ木
を、トロッキーという、冠語のとろ盆である。

【とろ盆】
 細い柳葉をおはぎに巻く料理を作る、食べる話である。
おはぎに使う米を、しらたき、という。御所のとろ盆の
風習である。これを、しられるこよそ、という。
それを食べる日である。この盆をとろっせる、トロッキー
盆という、とろせるろんふり、という。盆を、あー落、
という。あー落のとろ盆という。この日の読経という、
らって道を行く、小さな灯篭をみて拝む、トロッキタン
リウムという鰐のような動物である。動く灯篭を拝む
動物である。2メーター歩との体長である。

 その動物と一緒に拝む、トロッキーというロボタンの
ロボットという。そのロボットも、灯篭の中にいる、
動くロボット仏という。

 『アーラールーラー』という読経のアーリントン仏
という。大お爺さんのお越しである。御所の盆という。
水の中に花火を上げるという、水の中の花火である。
ロボットが打ち上げる花火である。
水爆花火ともいう。この日を、盆たむ、という、盆丹とも。
盆たむ日、盆丹日。8月14日とそ。

 大お爺さんおあらる御盆という。アーリントン盆
ともいう。めのらる日とそ。8月13日も、そういう
のである。

 大お爺さんの御盆、長四方の盆である。アーリーおはぎ
という、萩の日にかえりをする、ありはぎの日という。

 おはぎを食べる日の精霊迎えである。御所の盆とそ。
 
 アーリントン、イタリア語という、アーを臨む所と
いう。アーを柳という。口を、あーこ、という。あーと
いう意味という。柳の井でもある。あいという返事とい
う、やな山の言いという。『あー、大切』という。
アーリントンの意味である。アーリーという英語という。
あーの里とそ。あの里という。あえる山という。
今日をあり、という。今日を尊ぶことという。
そうきようという、たっとびのこととそ。
今日をたっとび、喜びをいう、それをアーリーという、
冠語である、このまま英語である。そうきようを、sokyo
という、このままの英語である。これを、イタリー語と
いう。

【盆国】
 いたる・あ、という、イタリの山という。イタリアの邦
という。あの里という意とも。盆の日のことをイタリア
という。イタリの邦という。これを、邦盆という。
イタリアを邦国という。カレドニア邦国という。
今のイタリアを邦国という、盆の国という。
フランスをメロの盆という、メロ国という、メロ邦とも。
ドイツを盆独力国という。
スペインを、盆落という、盆落国という。
ウイントンラックの言いという。冠語の盆の国の言いという。
ボンボンのお書きという。
ロシアを、凡という、凡盆国という。これを、仏露という。
仏露の山のお書きという。
 ナポルの攻め意、とそ。ナポル音という、言いのことである。
ナポレオンという、言いとも、ナポル音のことである。


 そうきょうのよい盆、アーリントンへ行く若い人である。
ワシントンのアーリントンである。ペンタロームという。
ペンタの墓地とそ。無名氏のお書きという。
無名戦士の花添え、トロッキタンリウムのお添えという。
アメリカン・クロッキーともいう。大お爺さんのお伴を
していた鰐もどきという、若い人のかまれ、という。
恐竜鰐である。鰐のせ渡るとかげ、かげを尊ぶ鰐とそ。

【梵天、盆丹】
大お爺さんのおかげ、という。大お婆さんのおややる、
とそ。盆の語源である。御祖先大切、これを、梵天とそ、
盆丹とも。


【やなざくら、さくやなぎ】
 やなぎ、大お爺さんのおもと、という。これを、柳本と
いう、柳盆ともいう。本盆という意味である。
御祖先のことを、やな、やなぎ、という。日本の国と
いう、やなぎの国という。さくら梵天ともいう、
いちょうほうる、という。日本を、やなざくら、という、
さくやなぎ、というかせるるお言いという。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
*****
革命とは、健康と安全を得ることである。
その方法は、体操、音楽、柳を手に、等々、よし、長生き。
*La rivoluzione e guadagnare salute e sicurezza.
Strumento di rivoluzione:
Ginnastica -- sano
Musica -- Canta una canzone
Con salice etc.
Tutto ok. Lunga vita.
L'italiano e difficile. sokyo--miglior giorno

*The revolution is that you would get health and safety.
Tools of revolution:
Physical exercises -- energy
Music -- sing a song
Willow -- with willo, plant willow tree
etc.
All right. OK. Long live. sokyo--the best day
It is difficult for me to write english.
english ---- difficult
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1931大原練習1831天の下2231 Italia Arlington あー落(御所の園の歌)(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou37818
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者そうきょう@582上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1960/05/09柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者名等は
もちろん、私が勝手につけた名前で、ええ加減に書いて
あります。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、
本ブログ著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@582
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186424285

この記事へのトラックバック