2019年06月26日

卒業3846ItaliaPalazzoComunicazione4 御所連絡4(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3846京都船旅2746
古譜1746大原練習1646天の下2046 ItaliaPalazzoComunicazione4
 御所連絡4
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/25、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【物木御所】
【健康橋】
 革命橋、revolution bridge、という、どこの町でもある、
賀茂支流かいせらかわ、山科川かい川、・・・健康お橋とそ。
ハドソンの2キロ上という、そこを、ハドソン・レボという、
ハド大橋という、そこの橋である。夜明け橋という、革たる
橋とそ。平氏山麓という、場とそ。小ペンタという建てという。
ロツキーロックの山という。

 『また来る』という水の音という。『アイ、シャル、レット』
という古い町とそ。第一次大戦前である。円筒『日美』の
お行きという。
 
『革命橋を渡れば』という、リバーの語源の箸とそ。以前は、
ルーレルという、ルーラーともいう、その頃のろくれらふまの
山という。リバットソンという、バーレルスーユーの町とそ。
革の字の町という、革下町という、ハドソン河畔である。

 らるせるれっけの歌という、第一次網のじわくつ、とそ。
ボートレットの山という。木登り山、別名という。そこの
水である。論鼓の山という、ロンロン山の言いとそ。リバー
ことをいう。赤い水という、意味の流れの言いとそ。
赤い水をリバという、リバ津という、川なみの山のありせ、
とそ。革命橋のおつるるるはる、とそ。ロンドン橋落ちたの歌
という、リバットばっとという、アメリカの古い橋とそ。
ロンドンミックスという、アメリカの歌である。ミズリー川
ともいう、若い人が、また行くという、ニューヨーク・アイ
ランジーという、ファットワットの山という。

 フォースやっぱの言いふれ、という。そこの言葉のことを
いう。アメリカの言葉という、こめ語という、水をリズという
所である。古い日のアメリカ、我が故郷という、メという
お書きという。京都花の、リットル・キョウ、という。
古い日の京都の京とそ。京都会議の連絡という。

【フォートワース】
フォートワース、ダラレル行きの、フォーセラルールという、
円筒の航行路とそ。ユーレルワースの歌という。ろん春の山
という。フォートワース会議の後という。

 フロリダ山のお書きという。海岸の町のフロリダである。
長生きのアメリカの場所である。長生き路という、円筒航行
の航路である。革命筒ともいう。

 ロンドンのリーレルともとそ。ロングリブの山という。
ロングリブという、この言いが、ロングセル、ロングセラと
いう、木の香ごる(きのかごる)という御所の説き所とそ。

 木の香御所(きのかごしょ)という。海貝のいる所という。
日本へ連れてきた貝である。大きな貝という、1メーター
程ある貝とそ。御所にいる貝である。たくさんいる話という。

 マッコー山お書きという。ユーフアーレという貝である。
大きく口を開けて目を出す貝である。貝座山お書きという。
はくまるの山という。はれるれのゆゆれるせ、とそ。

 革命の世界、レボルーション・パーレルという。大きな
真珠貝である。これがいる川である、革命の山お書き、
これとそ。恐竜がたくさんいたアメリカとそ。

 恐竜の世界、これを、ればれるせ、という。リバーのゆり
とそ。恐竜をゆりという、ゆりの声をゆりろ、という。
『ユーフォー』という恐竜という、オッペラという、ステ
、プラッキオという、ステラマ獣とそ。

 るり原のダラセラゆら、という、ダラスラ山のお書きと
いう、フロルー室という町の名という。室山ロンドという、
『だってだって』という民謡の出という。アメリカ民謡で
ある。

 するりるくめる、クラベの股のはむれ、という、股という、
段のことをいう、谷のまた、とそ。段のある谷とそ。
せむっするかわという、ここを、エドワード空軍という。
ジォルセル山という。アメリカの古い話である。

【地鳴り】
 若い人の地音という、地鳴りがあった所とそ。
『ホーフワー』という地鳴りである。ぱっ飛ぶ山という。
エドワード砲という、これの音の出る砲とそ。
エドワードの歌という、三角形のバラライカ風とそ。
ここの民族楽という。ふるれるよっつ、とそ。
四拍子の出の場である。三半余りの拍子である。
吹奏が、巻き川器とそ。あと、打楽器に、ボンという
音がする打楽器という、オーレル山のお楽とそ。
カーネルナーリという歌という。エドワード空軍の
所である。懐かしい山麓という若い人の振る山である。

 『イヨッソフ』という発進の声という、空を行くものの
発進である。若い人のトラックボール、ジェットである。
アメリカ北宅山お書き、これなるを。フォートワース会議の
一日である。カナデーという日である。

 ここを、スイという、スイ山の麓の村とそ。空軍のある
場所である。夏のや、これとろふるせせのや、という。
めめする山のお書きという。若い人の故郷である。

 この日の地鳴り、アフリカのモロコ揺れという。
モロッコのカザという町である。海岸のベンという町とそ。
どちらもモロコと言うた日である。砂漠のある所という、
きれやらのいる所という。三つこぶ駱駝という、花背駱駝
という、これを、キレ獣という。

 これを、連れて行った人である。同行の駱駝という。
小さな人形を背に乗せ歩いた人という、若い人である。
駱駝を思う人である。駱駝の背に載せるこぶ守りとそ。
人が乗るものではない、若い人は乗り物に乗る、動物を
いとう人という、大切人である。

【全者、全物革命】
 革命、健康は動物にも及ぼすという、機械の革命ともいう。
機械化の山とそ。機械の健康ともいう、機械による健康、
機械を大切にすることとそ。機械にも及ぼす革命の人である。

万物の霊長という、動物の脳の働きを、我が能の働きにもする
脳という、レクソルという言葉の意味とそ。

 レクソルという神殿という、動物をたっとぶ神殿である。
ヒエログリフという、それがその意味を持つ自である。
脳の偉大さをいう神殿である。ラムセという、ラムセルという、
駱駝の背である。ラムという駱駝である。

 革命は動物連れとそ。動物様の機械という、動物型の機械で
ある。これを、スイという。

【アフリカ】
 アフリカの御世の日々、キリマの御地という。遠いケラの山
という、ワンホーのべ、という。ベンともいう。ベンという、
水が連なる意とそ。ベンガシ、卞川(べんが)・・とそ。

 ベンケラレムさめら、という、海岸町のレマの世とそ。
ここをベマという、おベマや、という。遠いアフリカと
いう。日本語に似た地名がある所という。ベンセマレル
という言葉を使う山の人とそ。アフリカのヘン方言という。

 ベラボラという、ベンの言いのキリマという、この『キ
リ』が、ろくという意とそ。記録の録である。動物の脳を
とるたっとび、とそ。動物能の働きを自分の脳がする、これを、
きれるれという、霧の御所のお書きという。

 きれるれのごはれ、とそ。霧のかかる山の麓のことの読み
とそ。ベンの川のある所という、霧がかかる所とそ。
ここの、ベホメミという言葉という。方言である。

【駱駝】
ベホメミの言葉の『キリ』という、動物の脳という意味である。
日本語の『きりめら』という、駱駝の脳という、これをたっとぶ、
言いとそ。気象をよる駱駝の脳という。天気予報の脳がある
駱駝とそ。駱駝の背がそれを表す、駱駝のいじょう背という。
駱駝を、いじょう、という。いじょうの動物という。

 これが天を読む言葉である、いじょうという言葉とそ。
ラッセムルークーの山という。ベンの人の言いが、駱駝を
たっとぶ言いである。大便小便の話でもある。排便をたっ
とぶことという。天気が備えをいう、天気を見る能とそ。

 駱駝の背の山こぶ、という。これが、天という、駱駝の
こぶを、天という天山ともいう。いじょうのせけん、という。
駱駝のせけんをいう、これを拝見、背見(せけん)という、天気
を見る山という。駱駝の優れた知能である。
ベンの地のお書きという。この御所を、くご、という。のち、
くぜる山という、山名御所という。山をたっとぶ御所である。
山府ともいう。御所内山という。御所の中の丘状のある意とそ。
ユンモのお書きという。ユンルル花山背とそ。駱駝の背をいう。
大きなひとこぶ駱駝もいる御所という。

 天気の勉強という、駱駝を天気解心という、この花のごも
れく、という。花の御所という、動物をめでる御所である。
京録山お書きという。

 ベンタムバレスという、花屋敷とそ。御所のことである。
【陋習】
 この漢音である、陋習という、旧来の陋習という、これをいう、
明治維新とそ。陋がこの菅野意味をいう。隋の絵という。
みかさらきという、三笠とそ。この読みが陋をいう、陋宮と
いう、ここを、きゅうらうという、きゅうろうという読みとそ。
これを、旧来の陋習という、旧来の陋習を破りの意味という、
旧来の陋習をこうむられ、とそ。これが、陋習である意という。

 きんらんの言いという、きんらん御所という。ぎょくという。
これを、魚句という貝とそ。魚を陋という、この漢の陋である。
この陋習という、魚の餌付けという、これを、たませ、という、
これを、魚の背という、魚による解という。旧来の陋習をやぶ
るを、こうむるという意という。こうむる晴れの世という。
これを、パレ世とそ。晴れた日をいう。

 晴れた日を、こうむるという。こうむるやざ、という。
これを、破るという蛇足の話である。旧来の陋習をよるという、
天地の公道とは、一般道路の一般河川の添い道とそ。
古い習いのことを、旧来の陋習という、これを破るという、
古い習いという、貫禄という、これをこうむり、とそ。

今様の解に、古いしきたりを破るという、こうむるという
読みという、古い道を新しくするという、道路の保安をいう
下りという。しきたりという、道路の凸凹の畔をいう、これを
平にすることという。京都会議のことである。維新という
大きな道ができたのである。維新道という丸木山御所という、
御池の日陽ヶ丘のことをいう。若い人の住んでいる家である。
平になった日陽ヶ丘という。

 瓦山背町という、今の河原町の前である。ここを、公という
公場所という。太陽が燦々と降り注ぐ日の丘の公道を天地の
公道という。公という細い畑道である。日陽ヶ丘、瓦山背町
の辺りである。これを、改めて大きい平地にすることである。

 五個条の御誓文という、やはり、五がつくことという。
ファイブロンセル浜の言いとそ。ファイブローという、
五つ笠宮という、低い丘を笠ということとそ。

 アメリカのファイブ・ヒルという、後、ファイブ・トン
という五番街という。ニューヨーカーの言うトンの意と
いう。街という意がある。ワシン街という、ワシントン
とそ。タウンの、トンというワシントン・ニューヨーク
という、そこの場の言いとそ。ニュートン、ニューの
街とそ。ワシンシトン習という、、デシという、アメ
リカのデシの方言である。デシ・ワシン街という、現、
ワシントンDCという。これを、ビリという、ビリ言いという。

ワシントンっ子という、ワシントン・ローという。この『ロー』
が陋である。これを、米陋という。アメリカ陋津という、古い
ハドソンを陋津という。陋花語という。ヤンキーという、
言葉の意味がこれである。

 陋花を浪花という、大阪のヤンキーという、岸をいう。
海の入り江の河口の記しをヤンキーという意味ともとそ。
大坂弁という、大阪山のヨットハーバーという、これもそういう
意味とそ。

『ヨッソヨッソ』という船漕ぎの掛け声とも、ヤンキーという。
弁天という弁天掛け声という。祭りにも使うこととそ。

天辺の場所を弁天という、ニューヨークを天都という、ソーラー・
スカイ・ラーという、ニューヨークの古い言葉とそ。
海がかりのことをいう。波が高くあがる場所である。大阪浪
花の海という、天浪という、ニューヨークの古い言いの、
スカイラーである。

 五か条の御誓文は、ニューヨーク発であるというローン
レンジャーという、道路工事の人という。道路工事は安全に
ということが書かれている。

【金襴御所】 
 ファイブ・アイテムという、五条の陋習という、山の背の
五つ山の御池周りの地とそ。京都会議をしている所である。
れを金覧御所お書きという、金襴御所とも。

 金襴という、竹、木、金に金色を塗る細い垣立のような
ものとそ。これのある場を、ゴレという。のち 、御所に
含める、キンランサーという、サーレルという、垣のよう
なものの立てをいう。ランサーというのが立っている棒
という意とそ。
 
 金襴サーと言葉をきれば、金襴のサーマという、金襴
というしとりという、しとねの周りとそ、紫禁城という
意味とそ。北京造りという、金襴の意味という、サーマ
という、様のことである、状態のことである。これをサー
という、ニューヨーカーランディーという。カーランレル
の山という。ゴールデン・ホ、という。ゴールデン・
ホットという、金きらという意である。後、金閣という、
金閣御所という、金襴御所である。

 金閣寺という所がある。金襴御所から金閣寺へ行く、
これを、かなぐわの道という。北の商から金閣へ行く道、
これの三角形を、かなぐわめ、という。

三角地域を一般に、よりかな、という。よりかなべ、という
ここを、三角御所という、三角野郎という大坂の花言いという。

【路面】
 三角錐のおりろ、という。きんせわらん、という。ふく
すいという。かなの三角町という。三角陋閣という。路面
邦(路面方、ロメンホウ)という、金閣御所へいくこととも、
金閣寺ともとそ。

路面方、御所へ行くという意味である。のち路面と書く、
路面電車の路面である。陋面という古い表しとそ。
陋の字の使いを、陋習ともいう。

【三角測量】
 この三角形を三角陋という、地面の三角形である。三角
野郎のいうことである。おすみさんという、三角測量とそ。
金襴御所の意味が、測量である。後、地図方という。

 これを、いのわれ、という。いのその山という。いという、
地を割書きして測ることとそ。伊能という人の測量である。
能方ゆっきくのおは、とそ。おるれやさ、という。おるする
れんる、とそ。

 御所連絡の文という。そうきょう測距という、ソーレル
おいほり、とそ。伊能山という御所の中の丘である。ここを
三角山という、サンレルという、サンスミという。れっする
れっと、とそ。三角測量の御所とそ。

 大日本国、大日本帝国という三角碑を作った三角点の御所
とそ。明治維新の頃という、旧来の陋習を、という話という。
京都会議のことである。

 サン・ロイヤルとそ。太陽の花のごれ、とそ。御所とそ。
ロワイゼラーという、ロワンの山のおちる地、という。樺太の
測距という、しばらん山のお書きという。

【北商】
 北の商の町という、樺太の町である。樺太を北商という
せっくの山という。ほくれくれとるれんせらのゆいける、とそ。

大お爺さん、大お婆さんという、福沢という御所の一区の大お
爺さんという。像の大お爺さんである。機械の大お爺さんもあ
られたこととそ。ロボットの大お爺さんである、30メーターの
背丈という大お爺さんである。

 そうきょうの大お爺さんさんという、今日の話である。明治
維新を復古するという、大お地位三という、若い人という。
第三の人である。大お爺さんの話という。
じいたられっくのお書きという。

 たくさんおられる、大お爺さんという、革命の言いである。
今の事という。操今日という、若い人という。大和時代も、奈良
時代も操今日のことという。

 健康の操今日をたっとぶお書きとそ。


//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1746大原練習1646天の下2046 ItaliaPalazzoComunicazione4
 御所連絡4
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8468
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186190252

この記事へのトラックバック