2019年06月26日

卒業3842ItaliaPalazzoComunicazione2n御所連絡2(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3842京都船旅2742
古譜1742大原練習1642天の下2042 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/25、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【物木御所】
【和歌山】
 和歌山城をいう。わが浜という。めれせる_るせそ、という。
わかを、ふたという。わかふたの並ぶ城という。若山城いはるく、
という。めれるそん、とそ。和歌山のふた城という、双城の
ことという。えれせるろくれ、という。めるれすれれるすすす、
という。にんたらのゆれふれ、という。双つの城の和歌という。

 ならびたつ せけれそそむる えおれふつ
 こすゆす_う_れほ くくゆみのや_と
 
 これを、江戸のゆきふた、という。ろわぜらのゆ、という。
若山城の話という。このしろという、あよはるの島という。
ふたゆたやぜる_らと、という。この言いを、わかの言いという。
『らと』という、『らせ』ともいう。らよの花という、
らめともいう。らめ城という、双つの意味である。

 らっくれ、ゆっきふり、れめるれ、せれせ、れてる、ゆっかす、
という。この書きが、双城の書きである。『〜、という』書きで
ある。ふたしろ書きという。

 城の内の言いという、書きである。言いである書きである。
京都御所を、ロイフ、という。
江戸の城を、レメセ、という。おおよも、ともいう。
岸和田を、ロケ、という。
堺を、マック、という。
紀州を、ロハ、という。
若を、イロハ、という、和歌山をいう。

 城を『よも』という、これを、きもるりという。城を『きも』
という。若山城を、イロハきす、という、なんのしと、という。
なんした・そみけく、という、花ろれの言いとそ。

 鉄車二輪で行くという、若い人の言いである。この御所を、
きもるり御所という。双つの山のお書きという。
二重の二輪の鉄車輪とそ。

 アイゼラやるる こいららおわれ ふくりく_る
 夢るらいとよ せせるすよるく、とそ。
 若い人の詠んだ、若句である。
 アイゼラの城のお書きという。
 
 ペンタ連説(ペンタ連節)という。ペンタゴンの若区という
若句ともいう。アイゼラるりせる、という、アイの若い人と
いう、これを、ウイという、ロンドンのウイである。

 『ウイ ウド ガット ロック』という、ロンドンの
わかいやの言いである。『アイゼナ ロス 』という、
『ペンタゴンへ行く』という意味である。

 ペンタゴンのことを、ロックという、アイメナ・アイスと
いう、アイス語である。そういうて、ペンタゴンへ行った人
である。ニューヨークの家から行った人である。この日が、
地球が止まっていた日である。革命橋を渡った時の人とそ。
革命という地杞憂が健康をとる日である。サン・ローラン・
フェッツェレーという、地球のことを、けんこうや、という、
やを星という。健康星という、地球のことである。
これが、若をやらという。若やら語という、星のことを話す
との言葉とそ。

 和歌山双城のいおれ、という、いお花のおりきかふ、という。
この山のふれるあさ、という。これを、麻木遣りという。木音
という、木の音のいわらく、という。れれということの意味と
いう。れれ若のゆき、という。わか山のいる話という。

 双つの城のお書きという。木津浜屋の絵ともいう。和歌山に
いた、さおの木という。双つの城がある和歌山若山という、
きもら城という、高月山のお書きという。きこの言いという。
和歌山の若城という、こことは(こことわ)、という。

 こことわの城という、キという読みという。城の木を、
ヤナギラという、城の城内の木を、ヤナギという。
城をヤナという、ヤナギという、キの読みという。
せい、とよむ、漢音という。
き、と読む、漢音である。
やな、やなぎ、という、漢音せらっく、という言い方である。
やなぎ世のうれすれ、という。城をヤナギというのがわか山
である。

【堺】
堺論告という、『ああ、弟よ、キメをいう』
この『キメ』は、君である解にする、鯉の話の変形という。
『夜霧のかなたへ〜』という、ロシア民謡の、戦地に赴く恋人
を送るという意とそ、という、変形の解釈という、これを、
へんこつ、という。

『キメ』は、城であるという解釈という、『ああ、おとうと世、
きめ(城)をいう』、解釈という。尊い城をいう、城をきめと
いう、これを、へん、という。

へんこつという、言葉周りをいう。へん、ともいう。
和歌山のへんこつ訛りという。きもを、きめという。
これが、へんと、へんこつという、和歌山若山の城のこととそ。
へん城、へんこつ城という、双つ城のことである。

 そうきょうの双城という。ミラノ連盟という、紀見井ろんける
(紀見井ろんけく)ともいう。堺のミラレルという、堺の城という。
有丹幕(ゆうたんばく)という、U・ターンバックの城という。
堺幕府の若い人である。

 堺しろゆら、れろふ、せらっけ、せかて、れっせしょ、とそ。
これが、城の言いである、堺城のれっとん言いという。堺止め、
ともいう。『。』のことをいう。堺丸という、丸出しの城という。
。という書きが、堺城の書きである。『〜。』ということという。
レットピーという、これを、フォンツという、堺のたみ、という。
たみせらの言いとそ。堺弁である。

【紀見井】
君のことをきめという。ここを紀見井城という、堺のきめの城
という。この城と双城の三角形を、ゆいぶる、という。ゆいぶる
れっつ、という。さっされれはる、という言葉である。この
三角形の地域の方便である。方言とそ。

 これを、御所がいう、きもめ御所の言いが、せんたっと、と
いう言いという、この三角形地域を紀見井という、線閣という
場所という、細い場所である。これを、細川状という。
細川状府という、せんたつ御所のきもめ、という場所という。

 ここを見ることを、おさめ、という、治めと表記する、明かな
論という、明論御所という、これを明示する、明の治め、という。
そうきょうの明示論である。明治ともいう。

 明治維新を今からするという若い人である。『この旅の、明治
維新は、若いからする』という、若い人の旅である。度ともいう。
度旅々(だたびたび、どりょうたび)という人という。

 時の遅れた教育を受け、それを実行するという、明治時代の
教育を、今に受けた人という。ヘロドトスの教えでもある。


//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1742大原練習1642天の下2042 ItaliaPalazzoComunicazione2
 御所連絡2
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8428
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/20柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186190246

この記事へのトラックバック