2019年06月24日

卒業3834ItaliaDelFiumeNotte 革命河畔(壮強太陽):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3834京都船旅2734
古譜1734大原練習1634天の下2034 ItaliaDelFiumeNotte
 革命河畔
(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/06/24、柳晴
    創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music Score3、シルバースタージャパン社
  バンドプロジューサー
【歌詞】創郷 
おのずとム夜明け 自動の革命と
祈る朝に既に夜は明け 夜明けは
続きつつ変わる日の様
仰ぎ見て革命の音うち続く夜々
おお 黒雨がふりふりふり 金山路の
河畔の流れ流る 夜はおよよよ


 狐の天気予報。〇r1919/03/19
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【革命河畔】
 朝明けを革命、革命朝、革命期という。日々の革命という。
朝、目覚めを喜ぶことという。

 『革命ありて、そっきょら』という。革命数用、これなるを。
頼もしい限りである。『革命ごぜわ、れれんそる』という。
ごぜわというごせ山である。革命のお山という。『きくれら
の連刻』という、革命続きの世である、夜とも。

『花ゆらけっからの世のと』という、れれふる黒い雨という。
黒い雨をめでる話である。若い人はいう、『革命、これを人生
という。』
という、れれ走りのれこく、という。レーミルローロのゆい浜
という。ユーレルルースーのおゆれる、という。

 『れってるろうくう』ともいう。てれるぅ山のお書きという。
 
 鞭聲粛粛夜過河(べんせいしゅくしゅく、夜、河を渡る)とい
う、ここが革命川である。馬に乗っている武者の絵という、
これが、機械の馬に乗っている人形である。ベラという、
人形のことをいう。ベラ渡しという、橋が架かった場とそ、
ここを渡る言いに、ベンレラという、ベンタムともいう、
ベンレラという、川を渡ることをいう。革命橋という橋で
ある。革命河畔景のよみという。よるれらの山という。

【金山路】
 イーレルロワッソのうちつて、とそ。れれんのくゆくゆ、とそ。
この『くゆくゆ』という、まゆれるという、豆の山のおそみそ、
という。今の、さやそら豆である。これを、くゆ豆という。
クッセラルーともいう。革命の金山路(金山寺、金山児、きん
ざんじ)の言いとそ。

 ケレスレーともいう、金山路の言いことである。この御所を
るくふめ、という。言いに、ベン、ベムという、ベルレルと
いう、よま浜のあたという。あるれるという。めるせてともいう。
いっそらのお言いという。いっそらを、いっちょら、ともいう。
いむすてのいれるれ、という。れれそのたみとむ、という。

 らめの山のお絵という。先程のべんせいしゅくしゅくとそ。
この世の渡りという、いすてすのおよふり、という、これを、
北の革すめという。革れるくゆっそす、という。北宮山のお書
きという。紫宸殿御所の周りである。

 御所めらの山のおゆ、とそ。きょら、という言葉の山車という。
言葉を出す場所という、言葉をいう、使うことの場とそ。きめ
らむの山という。ここを、金山路(金山寺、金山児ょという、
古く、革命金山という、ここの、小野の言いという。小野輪
の言いという。丸く流れる革命川の状の説きとそ。小野原の
場とそ。ここを、小野行きという、皮の流れる所とそ。
なかれか、という場である。流れの中であることとそ。

 革命夜、これを明けるをいう。革命夜明けの川中という。
小さい島状のある場とそ。革命山という革命の島である。
言いに川中島とそ。鞭聲のレッテルという。レッテルの吹く
という、これを、レテ風という。レツテル風という。
急に突風という言いである。後、トッパレという、トッソム
ともいう。れれすおゆふる、れとせれ、おてるての世渡りと
いう。世を夜という、世ともいう。

 ここの中の島の江という、れっつれれそ、とそ。れむろ
という、レトンソという、れれての山の世という。京れれの
山という。レトンソのゆのれま、という。ゆまを、ノルと
いう、馬の事である、この夜は機械である。ベラのりの山
という。ベラが乗る、その拵えをバグという、小さな軽い
人形である。ロボットの馬である。これが歩いていた
レトンソの夜である。これを、レミソフという、金山
路御所という、後、金山閣という後、紫宸殿という場である。

 しいせらのきんぱれ、という、後という、こんぱるという。
北の商のおいいという。オッセラルーの絵という、ナポリの山と
いう、ナポレオンのアルプス越えの絵である。これが、若い人の
馬である、機械の馬とそ、ニン儀容が載っている話という。

 オーベルニューの越えでもある、オーベルニューの記という。
おいの山という、水が流れている山麓という、レトンの川という、
これを、れれはる、という、後という。

 オーベルニューの山の麓である。この景色の写しである。
川中島の造りという。島れま、という場とそ。

 オーベルニュー、古いフランコの町とそ、イタリアのルル
スロともいう。ドイツ語のような言葉とそ。ダダリラのおよの
おことという。タダレルルースーとそ。もり山の歌ともいう。
もりをきぜという、きせの山という。きるれるおいする、という。
京リラレーーテの歌という。これを、ルベルーという。
るるその山という、金山寺の山という。これのふてという。
これを、きるれる、という。ぶつ山のお書きともいう。
これの金の意という。その金山路の意である。後、あざ(字)と
いう、寺とも。

 金山路という自動という、これを、児童という、人魚のこと
である。<小さい人形の児童である。児童御所の歌という。
ロボット数用の御所である。大砲が並べらている日である。
ロボット騎兵の御屋という。ここから、御所へ向かう京都会議行
である。京都会議の日という、若い人のいる日である。

【自動革命】
 夜はおのずと明ける自動革命である。長生きの山のお書きと
いう。地球ありてよろうをいう。朝宮の山、今も続く革命という。
革命継続の歌である。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1734大原練習1634天の下2034 ItaliaDelFiumeNotte
 革命河畔
(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8348
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/19柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186184784

この記事へのトラックバック