2019年06月20日

卒業3824ItaliaStacEintz スタック・アインツ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3824京都船旅2724
古譜1724大原練習1624天の下2024 ItaliaStacEintz スタック・アインツ(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/06/20、柳晴
     創曲、至宮マサユ・正(やなぎ) 
    造詞、石・正 
    監修、えりまきとかげ・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1919/03/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
 若い人は言う、『今日は自衛隊へ行きます』と。そういって、
縞黒のジェット機に乗った。発進所という、烏丸さっぷく、と
いう場という。トラック・レバーという乗りの言葉という。

 乗れば、右に鉄閣がついている、短い鉄の棒のレバーである。
左に、トラックとそ。トラック・ボールという、コンピトーと
いう木の向きを変えるものがついている。

 今のコンピューターの、トラック・ボールという。この
ボールを回して、機を操縦する機という。この日は、垂直上昇
するや、ほどという頃に、トラック・ボールに手をやり、右の
鉄閣を後ろへ曳いた。木は螺旋状のような航行をする。自衛隊
へ降りた話という。ここを、航空レーククという。

 『ヨッソマー』という、船のヨウソロのこととそ。レルン
ファーレルという、機の操縦である。

 『ペイ・ヨッソー』という声とそ、いう間もなく直に進んで
いく。レッテル・ローレーのかおふく、という航路である。

 5分程という、花ごの江という所の自衛とそ。自衛隊へ行った
のである。

 『ペーブラ』という、沖のこみ入り、という。機をそのまま
にして、降下さす操法である。名を『テン』という場の着地と
いう。クミロッカンという。飛行舎である。

 思えば宴盤から発射されたジェット機でもある。ジェミソと
いう円筒を下につけた円盤という。スタック・ファーレルとも
いう。ベブリンの山という。沖ゆてしふき、という。

 もう帰ってきたのである。木は平に置かれている。平三条の
山という。陽は、『網を見る』という、若い人の用とそ。
アロンレーという、古フランスの言葉という、アロンジーと
いう、『そこへ行きましょう』というた人という。往復
10分もかからない所である。ジエットの場のお書きという。

 ここを檸檬是(れもんぜ)御所という『帰れ帰れ』と歌に歌
われた檸檬僕という。檸檬の木の下という、僕という場所で
ある。僕という木の下という。木の下を僕という話という。

 檸檬是の山という。京都会議のある瞬時である。レオンと
いう操法クーレクという、新語である。この新語で操縦する
御所発進のこいという、こい山のお書きという。

 恋が水より跳ねて高く上がっている、そのような発進である。
『あなあな、たうと』という、発進の楽とそ。『あな、とうと』
という、発進の楽である。雅楽である。鯉機発進という楽で
ある。宴盤数用という話でもある。
劣るお書き。劣るという名をいう、立山劣りの若い人である。
宴盤に乗る時にそういう人である。『劣る』と言うて乗る人で
ある。サーヤニシと言うて、その方角へ行った人である。
sotu3824。西南西という、さや西の方とそ。セイセイルーの
方ともいう。ジェットロッキーの山という。

 ロッキー御所ともいう。行った御所を、ソンテクという、
ソンラクともいう。ジェッソン・パールという、真珠貝の
江である。恐竜真珠貝の正則している所である。

 『網を見る』という人である。真珠の養殖の場である。
自衛隊の真珠という歌とそ、この文である。

そうきょうレーテル、これなるを。

『若い血潮の真珠貝・・・』、この日は黒い貝であった話とそ。
若い人記。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1724大原練習1624天の下2024 ItaliaStacEintz スタック・アインツ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou8248
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1919/03/15柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186167799

この記事へのトラックバック