2019年06月18日

卒業3802 ItaliaMontagnaレブランの山-4:イカスミ柳

*******
三つ葉経.mp3
三つ葉経.mp3

 後、録音。2分ほど。 冒頭は、歌のように聞こえる、
仏典の読みである。 音楽の音程からメタクタはなれています。
駄作家の仏間の夕暮れのひと時です。こんな歌の調子がたくさん
あります。歌を歌っているような御経の上げです。これで、
木魚、拍子木をたたきます。上手にあげれば、まったくの歌です。
駄作家は全く、御経からもはすせれています。もっと高低の幅が
大きいです。高いところから急に音を落としていく、音楽とも。
音を切ることなく歌っていく、御経の読みの一種です。
晋音の御経の読みです。

 ランラーラファールーという、なむはんじょれという、御経の
初期の言葉とそ。シーホーという言葉が混ざる、晋の国の
御経とそ。読経です。三つ葉経という御経です。

 長岡の泓由良という、更泓の場所の歌ともいいます。
長京京の歌とも、急に高いところから低い所へ落とし、また、
高い高い音を出す、2オクターブ以上の開きです。

これが、お経です。ゴッセム、ゴ、ゴッユフという、
ミンスーという、壬生弁のおゆふまという。恐竜のいた頃の
壬生です。

 読経者は、名僧のプライベートに関しますので、
明らかにはできません。解説者もまったくわかりません。

 ランラー、南無ランルーという、波の原、般若波羅蜜多、
なむはんにゃぁはらみった、ソーソーローふーふーるー、
すみふーらーるーるー、そみゆるふー・・・
漢音で、歌えばこうなります。今のような調子です。
 お経を、途中ではきらずに、続けて歌っていきます。
posted by 秋残り at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186157325

この記事へのトラックバック