2019年06月18日

卒業3802 ItaliaMontagnaレブランの山:イカスミ柳

文だけ 4ページ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3802京都船旅2702
古譜1702大原練習1602天の下2002 ItaliaMontagnaレブランの山(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)
 

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【御所】
【ロワイ屋】
 御学問所を、ロワイ屋という。後に、ロワイ山という。ロワ
イゾの山という。ここの話という。ロワイを、トメミケという。
トメミケの御楽という。御所の山すもという。山れるのよみそゆ
という。ろてれてのおんびく、とそ。
【音便】
 ここに、かくをいう。ここのかくを音便という。かくをこう
という言い、よみという。内角(ないかく)と書いてある、
うちかど山の御場(おんば)という。ここを、ないこうという。
これを、内角、ないこうという音便という。ないかくという
かくを音便という、ないこうという、の話をロールという
ロール屋の山という。
 ロワイゼルという、ロワイヤルの音便という。これを、めんぱ
(面派)という。この音便を、がいよもの言葉の音便という。
ロワイヤミという、これを、おんてけ、という。音便の古い言い
である。
 歌う、utauという言いに、うとう、utouという関西の音便を
いう。おんそわれく、という言いの学問ろっぷという、学問
所の言いとそ。
【ぶんつゆ】
 仏典という、これの読みをいう。ぶんつゆ、という読みとそ。
これを、ロワイ屋ロックという、ロワイ屋の言いという、読み
とも。仏典をロワイという。ローソムともいう。ロベンともいう。
ロワイ屋の言いである。ロベントックの山という。ロペセ、
ロベセムの言いという。ロユともいう。ローゼルレンルクとも
いう。ここを、がめよき、という、がめよきのよごそ、という。
古くの御所のことである。御所をヨッタク、よたく、という。
よみせま、ともいう。これをロリオリという。ロイソのヨンベル
という。御所の言葉という。ゴモレムという、ゴンフルともいう。
 これを、メブツユという、メンテルともいう。メテルテという。
御所のことをいう。ゴッヤユレースーのよんてる、という。、
これを、めっつゆという。御所の御楽の門所とそ。この門を、
アッテムという。アリセムともいう。アッスメという、アリ
テルのゆゆんそ、という。めれてるるみすれ、という。これを、
よよんの山という。御所の言葉のことをいう。メッテルスーユー
の山という。ヤーレルルックともいう。

 
Mr. Atom Lucky Ager, "Italian report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186156938

この記事へのトラックバック