2019年05月21日

卒業3732・FrancePhrase 文 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3732京都船旅2632
    古譜2502大原練習2122天の下1937FrancePhrase 文(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1989/04/18 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/21柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

とうとういとこを所という れれれんれれれ
れれ春地 とも連なり 降る雪黒 黒降りはるる
れれ浜ゆかれる 浜ゆからに ほねよれ はくれる
すみそゆるゆる ふみきからす  なきゆかれ
らるるられ

 狐の天気予報。〇r2022/11/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
文を読む 我が横に犬 立ち上がり
書をみせとや ふむふむと鳴く
  御所の犬、ふむふむと文を読む
  これを、犬解という、後、見解という。
犬が手をする
【京都会議】
【ムー大陸】
【賀茂寄席御所】

 賀茂寄席という。賀茂のやのおよれる、という。べべ
むすのはお、という。これを、かもれま、とそ。れれその
ふるれる、という。
 
 とゆれれんすべ、という。後、あかんという、あかんべ、
という。べという言葉の出という。今の方言のべである。
とうふる山のお書きという。

 いくべという。どこそこの行きの場とそ。そこへ達する言葉
という。それを、べ、とそ。行く所という。これを、行くほみ、
という、ほみの山の絵という。しから山の絵とそ。

 べてふれのえと、という。めるれるゆみそ、という。これを、
あかふりき、という。あかふりのや、という。この『き』を、
それ、という。あかふりそれ、という。赤い振袖という。
これを、れでの山という。でよるぱっぺ、という。れむでるの
山という。

 これを賀茂にふる、賀茂振り寄席という。この『寄席』を
せるて、という。せれせるのろろふる、という。寄席の意味
という。寄席山のお書きという。

 賀茂の寄席の絵という。ぺてぺてのかみゆり、という。
めてゆてれもる、おりゆき、とそ。賀茂山こっくき、という。
賀茂の山の東という、御所東の蚊も山という、ここを、春日(
かすが)という、後とそ、春山ら、という。はるれるすくの山
という。春やら山る、せっこく、という。せつれつ山それれす、
ててふ、とそ。

 賀茂山のあった頃という。賀茂を、こくれく、という。これを、
くすべす、という。べーれるのかそふそ、という。のべる山の
お書きという。のち 、めたゆて、という。賀茂の前の言葉をいう。
賀茂をめたゆて、という。かもすれ、という。これを、ごせ言葉
という。古くの御所をごせ、という。ごぞ、ともいう。
ここの言いである。もっと古く、かもせら、という。

 この山の西の方という。西を、けんくれ、という。たいせま山
の絵という。これを、とみれか、という。とみそむの山という。

 かみそれご、という。御所という言葉の出とそ。れを、
こんくり、という。こるけるせめそ、という。こっきすの山と
いう。ごしょめの歌という。しょめ山ともいう。ふし山々の
お書きという。

 ここにいたオームという、孔雀もいた話という。後、印東と
いう。印東含(いんとうごん)という。後に、印行きという、
印べの山という。これを、インタック、という。いんてるの
しみそゆ、という。ここを、いんのみ、という。いまそのれ
れそ、みつべつの山という。印東のお書きとそ。

 後、院という。院当という。これが、東院の話である。後、
東訓、東君という。今の、東球という。東球ごもれ、という。
後とそ。東宮という。御所の東の建物をいう。ここを、東宮
御所という、これを、そうける、という。そける山のお書きと
いう。後、そうきゅう、という、そうきょう、ともいう。
きゅうきようの山という。東宮そうきょうという、の『そう
きょう』を、そうきゅうとも、そうきょうともいう。西球と
いう、後、西院とそ。二つを、そういん、という。双院、双
球、双宮、双きょう、という。そうきょう御所という。これを、
双方の山という。双方宮という、双方球、とそ。

 御所を、そうきょう、という話である。そうきょうの
ある場所を、きょう、という。みやこという。これを、
そうきようょう双方という。後、そうるく、という。
そうきよう双方を、れむてす、という。れむれむのうれる
という。れむれむを双方という意という。れむという、そう
きょうを、れむという。れむれむ、ともいう。

 そうきょうという御所住まいという。ここを、そうきょう
という。そうきょうみやこの山という。これを、そう
きょうとという。きょうの山のお書きという。いんみるやっき、
という。いんを、そうきょうという。判子である。これを、
そうきょう判という。御所の印を、そうきょう判という。
これを、みやこの説き、という。とうれる、という言葉とそ。
とうれるとうはん、という。とうばん、とも。とうばんの
山という。後、東判とそ。後とそ、東藩とも。東判を使う
東藩である。後、とう、とも。この『とう』を、一のとき、
という。とうの意味を表すこととそ、言葉である。

【東院君】
 東印君、東院君の古い言葉である。どちらも同時期に使った
言葉である。東院君という、これを、春、という。この場を
東院という、れを、春日辺(かすがべ)という。春日辺の山と
いう、賀茂の山という。賀茂山すうれる、という。後、
賀茂山連という、賀茂山連山である。御所の東の方である。

 東院君という、山の一部である。賀茂山東院という。東春
の山という、これを、春日辺教(かすがべきょう)という。後、
春日辺卿という、後とそ、春日という。春日辺とも。

【賀茂背】
 今の賀茂川の辺りである。ここを、賀茂けみ、という、西を
せけるれ、という、せるす、とも。西を、せ、という。
これを、賀茂背という。賀茂背の御所という。

 カーレルルークという。カレスレーという。めるれるの
おゆれゆ、という。賀茂背山御名(おんな)さんれる、という。
『カールレ・レッセ』という。この『セ』を、今の言葉の語尾
という、『そうでっセ』とそ。セの一意義である。

 れてそせの山の言いという。山々のおゆれるせま、とそ。
いんてるもっき、という。めるせるゆっての山という。めて
るてのおや、という。東院君のお書きという。

 内の住まいという。内という御所内である。後、という。
若い人の京都御所という。京都御所の以前の書きである。
これを東院君御所という。幸の井、菅井である。菅の井である。
井戸である。賀茂れらすっく、という。賀茂せまの言い浜と
いう。浜言葉である。

【陽落御所】
 ゆいれくえた山という。ゆいれるさと、という。里のこと
である。言い浜の歌という、よい浜という。とも、いう。
よいいいのくゆする、という。ようよういいいい、という。
ようらく山のお書きという。ここを、陽落御所という。
日出る場という、日落ちる場ともいう。

【日出落ち場】
 御所から、賀茂連山東へ行くことの言いという。
賀茂山を、日出落ち場(ひでおちば)という。陽印の山
という、印照る山という。いんしょうざんの山という。
これを、印象という、後、印章という。判子の押しあと、
である。陽印判という、ハンコ造りの話とそ。

 ヤーセルレンズラーという、花山の山という。ひやせ
の歌という。トリケラトプスのいた頃である。1億年前の
話である。東印君お書きである。

【水素自動車】
 この頃の自動車である。ナンバープレートのなかった頃
でもある、あった頃でもある。木の車輪という、四輪車で
ある。水素自動車という、H2Oの分解という、これを、化合
する自動車である。この頃の化合である。これを、かごめく、
という、かごれら、という、かごせ、ともいう。これを、
大勢のかご、という、後、大勢の化合という。これを、駕籠
という、東印君御所の駕籠である。木製自動車である。
原始時代以前から自動車に乗っている若い人である。1億年
前の怪獣である。トリケラトプスの形の自動車という。
1億年前の自動車という人である。水素自動車という自動
車である。

 トリケラトプスという怪獣の自動車でもある。トリケ
ラトプスも乗っていた乗員という。若い人と一緒に乗って
いた怪獣である、恐竜である。今様の檻付自動車という。
動物運搬車である。大きな車である。 
                           柳
   御名 秋残り 璽
   
 これを、墓字書き文書という。
一番最初の『正』を、前花、前花押、という。
最後の『柳』を、後花、後花押、という。
璽がハンコである。あと月日を入れることとも。
東印君形式という。一御所の文書形式である。
花押字を使うこともある。墨字のこととも。

 墓を丸という、丸墓形という、花押を丸墓字、丸墓書とも
いう。ペールレーという、ペンセの山のお書きとそ。

 一つの文書の形式である。前略草々の類である。

 丸墓書
 ハンコをはれくるという。はれくるれいて、という、丸墓書
である。一名、春書きともいう。春書草という。草が、文で
ある意とそ。意を補うて草文という。つれづれ草という、
文書である意とも。

 つれづれが、吉田語である。つよめたという、つよふるの
おるれ、という、秋残り解である。
トリケラトプスの頃の頭である解である。つうつう、と
いう、電文山のお書きという。古代通信法という、つうつう、
という木製自動車の電文である。つうつうが通る、という
木製自動車の通行の形容とそ。
 木板之介という、木製キーボードである。短波器搭載車とそ。
ぬたちつ搭載機である。この頃の機車である、木車とも。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2502大原練習2122天の下1937FrancePhrase 文(壮強太陽)』
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624927
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     2022/11/10 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2474
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186029364

この記事へのトラックバック