2019年05月13日

卒業3722・FranceGraffiti 落書 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3722京都船旅2622
    古譜2492大原練習2112天の下1927FranceGraffiti 落書(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/12 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/12柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    バンドプロジューサー
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
高い落ち所へ上がる落下傘
ふわりと浮き上がる 地に火が吹き上がってる
楠植わる御所の森に 鳥と飛び上がり
ともに雲に手をす 雲寄り 部屋の
中へ入り 話たり
 
 狐の天気予報。〇r2019/05/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【侠客御所】
 侠客という、この家のけてを取るおきゆきという。せらけの
山の絵という。ろふてのゆいくれにあさゆさをいう。ててその
ゆいゆいという。メルレルレスのコユフルという。めてゆてを
ゆみふりという。これを侠るう、という。侠せの山のお書き
という。

 侠客をゆそという。れのえてゆてをそみという。こみ山の
てをそくという。きみそいの山の絵という。

 侠徳をめのよという。これを、せめるけという。せっとその
くいふりという。侠客をそみめという。うちにある市山の絵
という。侠客をとむれくという。れすての山という。これを、
ゆいふみという。

 えてゆての山のお書きという。おうゆれのおいくり、という。
ゆめれる浜という、これのそきゆき、という。侠礼の山のお絵
とそ。侠相の闇を取る花揺れという。侠をせという。

 侠客の御所という。侠客御所のえてゆてという。これを、
儀侠という。義侠の山のよい山という。よりすてのえて、
という。義侠をとめる山という。義侠を留める山という。
義侠をとる晴れの山という。

 侠客をゆいゆいという。弓山のおふれれ、とそ。
めゆてるのえるれく、という。これを、せるえて、という。
せるすの山のお書きという。

【森の石松】
 森の石松の歌という。うちゆちのゆい花という。侠客を
よる話という。侠客をれもという。しゃみせのといふる、
という。侠客の山という。うたゆたのれもれもという。

 うちをよる話という。矢沢花の歌という。やめよみの
うるすという。闇山をうてという。うつれつのうけという。
闇山とそ。侠客をとる話という。侠弓の歌という。

 とうれるれっくの山という。矢沢という絵の歌という。
矢の絵を茶話による、やもやもの侠客とそ。

 高山御幸の高見山のうちゆちという。高山をてるれる、
という。ここを、くろ、という。黒高山という。山れるの歌
という。高山々落ちゆち、という。鷹を呼ぶ話という。鷹の
うそゆちという。れれてのゆいこすという。ここをとる山
という。

 めてゆてのゆい春とそ。春らるれれそのふるれく、という、
れれそめともいう。れれを、武という。武道のかくゆき、
という。れて山のおいゆき、とそ。

 侠客をめという、言いという。めをときという。めれすての
こっけるりとそ。ゆいゆいの、よいゆい、という。めるれる
さたの、しっほく、という。しっぽくのえてゆて、という。
めるゆるあすて、という。あすてらの、かくれく、という。

 侠客を良きにとる、よいふり、という。森の石松の歌という。
天の山のお絵という。地のゆまの絵という。ゆうれるゆうるの
こいふり、という。

 歌をとるうちよま、という。とむれるおよる、という。
内沢の絵という。矢沢内沢の雪の絵という。えられるほき、
という。ここを、侠客よみ、とそ。よみの山のおよるふる、
とそ。

 みつよの山のお絵という。おるてるのおよそという。蜜
れつの山という。これを、みつの餡という。蜜のあとの歌と
いう。餡蜜の歌という。充て瀬の山という。園川のお絵と
いう。侠列のぎみゆき、という。侠客をとる歌という。
これを、とうめく、という。

 御所のだいそむ、という。これを、侠めという。侠せ
、ともとそ。侠で、教につながる話とそ。教師を、古く、
義教という、これを、教む、という。

 この『教む』を、きょうほう、という。きょむゆき、
という。侠客のきょうほう、という。きょうゆきのえゆ、
という。とるとるのめの夢という。これを、革れく、という。
革命のきょうほう、という。きょうせま山のお書きとそ。

 森の石という、そこの松という。森がべをとる、森辺の
ふりよきという。ふりふりの山という。山口方という花山の
きょうる、という。花をよみという。侠の山の言いとそ。

【森の石花】
 森の花という、森の石花ともとそ。石をめという。いみめつ
の、えきゆき、という。えるれるれも、という。これを、
めゆすて、という。おりれるるうくの絵という。
これの文とそ。

 ぶんめらふうむの闇という。御所の森の、石と松の話とそ。
森の石松という、侠客のはこのやの、こゆふき、という。
これを、てっぽく、という。てっその山のお書きという。
革命の森という。オゾンの森ともいう。これを、侠客の意
という。

【家康の薬】
 侠客の薬という。徳川いえのくすみという。徳川の薬
という。徳川家康の薬である。侠客義侠薬という。
まめゆれの泡という、粟とも。勝あわの守、という。
勝あわの薬、ともいう。

【侠客】
 薬を侠録という、侠六とも。薬の話という。侠客の
くゆすず、という。薬のことをいう。楠の正成とそ。
楠の薬の出来という。楠の、正(やなぎ)成り、という。
薬を持つことを侠客という。持薬山お書きという。
薬を持っている人を侠客という。

 森の石花という、森の花石の話という。土から薬を
とる話とそ。石からもとる薬という。これを、インター
ロンという、インターロットともいう。インターラーケンの
山という。インターのフェとそ。インターのふぇっつく、と
いう。インターフェ山お書きという。インター祖の山という。

 後、インターフェロンになることという。森の石松、楠正成
の家山のお無下記とそ。後、徳川家康という、勝安房とそ。
薬の話という。楠木正成をとる、くすの言いとそ。

 楠木正成が薬をいう、正(やなぎ)成りをいう。これを、くす
のき、という。くすを薬という。伊達の、ぷすり、である。
怖い話の侠客の話という、病気を治す薬である。革命薬のこと
という。革命心願、健康に繋がる革命とそ。これを、大本願と
いう、本願山お書きという。健康を願う、本願という。
侠客のほんぺ、という。本願のことである。

 侠客の本願という、健康のことをいう。革命家の本願も健康
である。これを、侠客革命令という。令を御霊という。令
(りょう)という稜の話になる。令義(りょうぎ)という、令の
義である。これを形式にする、礼儀という、古く、りょうぎ
(令儀)という。

【令和御所】
 令を和む山という、令和言の言いとそ。令和御所という。
楠の植わっている場所である。令和木(れいなぎ、れいわき)
という、健康を願う木という、学校によく植わる由縁である。
子供の健康という、令ぜる論句という、論区とも、学校を、
ろんくく、という、この言葉の意という。論くくのがんぜる
、という。学校の願という。がんれる論争という。健康の論を
言い合う話という、健康の相論という、論争の語源である。

 楠木の植わっている校を、なんこうろく(楠公録)、という。
軟膏の山という。『楠さん、遊べ』という、学童の言葉という。
『お家康っさん、よしよし』という。『勝っつぁん、べれる』
、『石松っつぉん、むけれ(むける、とも)』、これを、伊達の
ぷすめす、ぷすり、ともとそ。
『いたちどん、花ゆ、(おき)』、ともいう。令和御所の遊び言葉
である。今の京都御所の初期の頃である。楠があった話という。
平将門が暴れていた頃とも。
(( ぷすりとは、薬のこと。 伊達の一刺しとは、伊達の薬を一服))
【零無御前】
 最初に鳥居を建てて、御所を始めた話という。これを、
零という。零無御前という。平正成を慰める話という、
平将門である。平将の門の前の楠の意という。平将地で、
火が吹いていた場所という。

【雨令】
 零無の雨の令という。ここを、雨令という、地から降る火
を、雨令という。うりょう、ともいう。雨陵のお書きという。
雨の墓という。威勢よく、ドンと上がっていた火である。
平将門さんである。

【雲取】
 高屋という御所の初期の頃である。高屋目、という。目が
家である。高屋目の家目という、高い家という。出雲の雲取り
という。雲鳥ともいう。雲を手にする高さとそ。高い建物で
ある。雲取山お書きなる。

 ここを、雲取陣めく、という。単に、めぶ、ともいう。
はゆれのゆい浜という。めるれるやっくのそみすて、という。
歌山のお書きという。歌語御所ともいう。高屋へ行き、歌を
歌う人とそ若い人である。

【下から上がる落下傘】
 この高屋へ行く方法に、扇風機のようなものを背負い、
アーチ型の落下傘で、下から飛び上がる方法という。下から
上がる落下傘という。また、高い階段を上がっていく方法とそ。
恐い話である。恐怖所という、高屋のことをいう。それ程高い
、高りく山という、高屋の造りとそ。
令和御前という場所の話である。古くの、令ぜる落区という。
この、落ちが、落所という、後、落書という。

【啼鳥】
『書所、啼鳥を聞く』という、啼鳥お菊の物語という、
落書きである。これを、落としという。文の〆である。
この種の文を落文という、古く落書きという。後、落語
という話という。

鳥啼、丁重の山という。後程。
 

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2492大原練習2112天の下1927FranceGraffiti 落書(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624827
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/12 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2464
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185987533

この記事へのトラックバック