2019年05月11日

卒業3712・FranceCercueilNoir 黒い狐 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3712京都船旅2612
    古譜2482大原練習2102天の下1917FranceCercueilNoir 黒い狐(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/11 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/11柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    バンドプロジューサー
    Mixture
    Music Score
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
心よいと狐が小走り
言うた 黒い狐 破壊の馬がひく馬車に
乗りきた 水与えたら うれしそうな顔から
光が出て 毛並み艶 艶やか しばらく旅の
友 尻尾大きく振り
 
 狐の天気予報。〇r2019/05/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【正改御所】
 正(やなぎ)革命、革命正(やなぎ)という。頃をめという。
みゆらのおかい、という。かいを改革という。めゆてすの
せんけく、という。せんという、せるれるのゆゆす、とそ。

 人の脳をよることを、せむれという。せむゆむのろろく、とそ。
これを、開国という。開国のことを、せてすて、という。長崎の
ろっこく、という。これを、とみふりにゆけす、という。

 脳の山のお書きという。中脳をかまゆらによる、えてすての
おゆれる、という。これのかいをいう。かいを改革にするかゆ、
という。おとのゆいのえれるけ、という。ゆいゆいのえすてす、
という。これが、革命の枢要である。

 すでに、半ばできていることという。口にした頃にはでき
ていることとそ。柳を植えるという。右手に柳、左手に桜と
いう。これを、気のありという。健康を唱え、安全を手にする
ことを、革命という。これが、気を変える日に、政治の改革も
同時になる。

 脳が健康をとる日に、政治も健康をとる、めざすとそ。
これが、古いものが急に現れたりする社会現象という。健康が
戻ってきた話という。社会が、良心を増した結果という。

 政治の良心という、良心による政治である。多数の意見を
とるということよりも、個人が良心を振り返る、良心を元に
考えることという。これが、個人の自由という、個人の良心
である。

 良心の国という、American conscience という。政治が
良心によって支えられている。自由がこれである。もうでき
ている話という。

 日本という、桜日本という、柳日本という。これを、気が
ある表現という。気の話という、良心のことである。
American conscience というひぃに、柳の国という日本
という。桜という日本とそ。良心が桜である。ライトレー
という、中脳の言いである。

 ライという、ライエラのゆれるる、という。ライを、ライト
という英語の良である。この良がりょうをいう。このりょうは、
みっぷという、これすれのゆゆれる、という。これを、やなはる、
という。やなぎという。やなぎの世という。やなぎを正とそ。

 正語であり、正しい心であり、正しい行いという。良心の
話という。日本の政治も、良心が元である。
 社会現象に良心が現れたとそ。古いものがある日、突然、
周りに出てくることに、これをよる、はっけるく、という。

 良心が現れてきた話である。これを、こうかく、という。
革命のなるはく、とそ。降革の山のお書きという。革まりが
降る、天命の山という。天命、革まる話という。

 復古という、revolution という。Restoration、 roll・・
という。端的に見た復古である。古いものという。

 やまずという、着物を着る人という。復古の人である。
リボルーの山という。れれするめれせ、めれるるっけ、
そみすするるほ、とそ。

 明治維新という復古をともなうことという、明示維新である。
明治維新を復古という、おのずからそうなる話という。大勢復古
である。大勢が着物を着てあるいていることという。

 江戸幕府という、London Backs という、復古という、
大勢復古である。柳腰の着物姿という。復古である。
革命のなる話である。誰一人とて、悪をいう者はない、良心の
振り返りのできたことという。馮道の改革という。政治が直り
つつある話である。民間からの改革とそ、個人からの改革である。

 古いものが現れたという一現象を見たことからの推察である。
良きに見た場合の推察という。古きを改めという、一つの新し
さに向かう道中という。古改式、維新とそ。大勢復古という
ことという。

 明示維新の一現象である。コンフォートという、みんせるの
ゆみふれ、という。みゆれるろっくす、という。脳の維新である。
中脳を使う話という。正(やなぎ)改めがこれをする。正改、
改正である。かいせいの浜ゆり、という。青山花のお書きと
いう。王制復古という、だれが王であるか、大勢が王である
ことという。これが、脳の維新という。

 近代国家をいう、王は一般人であることという。法の下に
万民は平等である。常識という現代という。王がしようが、
王がされようが、法の裁きは、一般人と同じである。
王であるからといって、法の裁きには影響しないのである、
一般人と同じ裁きである。世界、同じである。
王を危険な目にあわせた、乞食に危険な目に合わせた、
どちらも同じ罪である、一般の刑事事件である。
対象が王であるからといって、罪を重くすることはない、
対象が乞食であるからといって、罪が軽くなることもない。
どちらも量刑として同じである、一般の事件として取り扱う話
という。

 復古と言う話は大勢のことの話である。これを、現象という。
馮道の話はこういう話である。勝の話ともいう。

『大勢さん(おうぜいさん)! 復古』という若い人である。
『皆さん、復古』ということである。江戸幕府と明治維新が
やってきた、機械馬の走る頃である。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2482大原練習2102天の下1917FranceCercueilNoir 黒い狐(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624727
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/11 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2454
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185983424

この記事へのトラックバック