2019年05月08日

卒業3711・France 歴史の勝 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3711京都船旅2611
    古譜2481大原練習2101天の下1916France 歴史の勝(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/08 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/08柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い池が見えてきた 黒風が

 

 狐の天気予報。〇r2019/05/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【紫燕御所】
 勝の革命という。勝安房の革命という。勝の馮道という。
勝が馮道をいう。この馮道を粟生、あわ、という。泡の浜行き
という。勝が馮道の風を聞く、この聞くが勝の紋である。菊の
紋という。これを、きたやり、という、名を北条という。

 北条の場に勝があるという。これが、しっぱくという、
しっぱくを紫燕という。紫燕御所の意味である。

 北条の勝の磯という。川がかかる、水がかかるをいう。
勝あま、という、勝海舟という。勝海舟のせれすて、という。

 勝の出生が北条になるをいう。この北条の言いを、きたすら、
という、きたすじという。この、きたすじが、ぎいままのぎおれる、
という。ここを、ぎおん、という。ぎおんが勝を、ぎみゆら、という。
このゆらが、舟である。『おいら、チョキで行く』という、チョキ舟の
ことをいう。ここを、そみとむ、という、そみすて、とも。

 このすてを貝の世とそ。貝を、こきゆき、という。貝の舟という。
勝あまのはなよみ、という。

 勝が粟生の出生である。この地に葵がある。この紋の出という。
徳川という、水がかかる場とそ。これで、葵をもる、勝安房の守と
いう。幕翼の幕側という。これを、きん、とそ。きんの幕側とそ。

勝の山の絵という。『おいら、かくをいう』と。かくを、あらため、
という。これを、かくゆき、という。かくいきのペップという。
べっぺすのかゆれす、という。勝の生まれた場の言葉である。

 この言葉の言いの、かゆふれ、という。勝の絵という。
大きな菊の紋をした勝という。勝のめい、という。勝めいの
紋という。

 勝安房の守という、勝の名のや、という。ここが、勝の
生まれである。しょこやみ、という、やみれらのえりれる、
という。

 これを、れんつゆ、という、勝れるくっすく、という。勝宮の
えとという。勝の夢という。『ゆめゆめゆめゆ』という、勝の
言葉という。『ゆるゆるれえむ』、という。夢をれむ、という。

 『おいら、幕府を興す』という。この幕府が瀑布である。
これで、幕府には瀑布があるという。城の前の滝である。
これを、幕れる、という。幕とくの山という。

 勝の出征という、北条の粟生である。
祇園へいき、娼妓という、勝妓という。芸名に勝がなる。
やっこという、芸名のことという。勝こと、という。
勝こと秋残りという、飯という。

 勝山の磯の絵という。この絵が江である。水がある話という。
お偉い人のお書きという。これを、勝のめい、という。名とそ。
この名を命という。みことという、〜〜命という、男女のことの
芝居の使いという。勝の話である。

 これが、葵と菊をいう、どちらも残すという、幕府の勝である。
これを、ゼネロルという。後、ゼネラルとそ。将という話という。
これが、勝の革命である。

 『西郷がやってくる』という、勝の言葉という。若い人の
話である。若い人がいう、『こるくのふふ』とそ。これが、
天下布武の話である。今様に、明示という話という。

 明示維新の話である、勝に勝つ人である。これを、
まけまま、という、江戸朝の言葉という。若い人のことを
いう、勝に勝つという、勝におとえられることをいう。

 勝海舟が祖先である若い人という。明示維新の一話である。
庶民に伝わる話という、これを、馮道の政というね政治である。

 勝海舟の銅像は、という。この銅像は、ふふれる山にあると
いう。明示維新の話である。勝海舟の話が銅像である。西郷
隆盛のおじの傍という、負けてかんという。負けかんの山と
いう。

 勝てば官軍という、負け官の好きな人である。西郷隆盛の
おじを思う人である。負け官の勝海舟という。負け上手の話と
いう。北条見の山という。北条の歌という、北条高見という。
 北条早雲の話である。どちらも幕府大切という、瀑布の
好きな人である。

 その幕府の菊の紋である。勝の紋である。これを、かつ
るぅび、という。かつれつ、という。ひれかつ、という。
ひれ伏す負ける勝である。これが勝つ意味である。
負け官の山という。若い人の鏡という、高山彦九郎お爺さん
である。土下座のお爺さんという、若い人が拝む人である。

 国を作るという、国作の話である。古い日の、天地という、
天知るをいう。この天知を天地という。地の意味である。
若い人の歴史学である。明示維新をいう人である。
革命を起こすともいう人でもある、若い人である。

 過去川お書きという、紫燕御所のお書きとそ。
一説に明治維新という、頃のことである。若い人は、
明示維新が好きな人である。銅像を拝む自分の姿の明示
という。山々の話である。

 歴史を過去川という、向未来世という、若い人の言いである。
無限台の話という。無限台の上のおじいさんという、おじ
さんという若い人の明示維新馮道である。風の如く駆け抜けて
行くという明示維新群像を目の当たりにする人である。

 『今、やってます』という、革命維新の若い人である。偶像
拝みを維新心という、真新しい新心である。維新を新々という
新進という、偶像参りの道である。

 明治維新も、江戸時代も今であるという、革命的意見の人
である。これを、歴史の革命的見方という、歴史を味方にする
人である。勝海舟の大お爺さんという人である若い人である。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2481大原練習2101天の下1916France 歴史の勝(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624717
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/08 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2453
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185971942

この記事へのトラックバック