2019年05月07日

卒業3710・France 言葉: イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3710京都船旅2610
    古譜2480大原練習2100天の下1915FranceItineraireDeRetour 復路(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/07 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/07柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
    Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い池が見えてきた 黒風が

 

 狐の天気予報。〇r2019/05/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
【京都会議】
【ムー大陸】
【こうぜん御所】 

 ゆみくくを、れとという。こうぜん御所という。めすてという
語の解の書きとそ。れふてをゆみよよという。これを、
みよみよに、れてをいう。これを、めっくという。めるての
ゆゆす、という。みゆをよる、ははのや、というる。

 こうとくの山のゆゆよ、とそ。これの夢をるけという。
るけるけのや、という。めよくのゆきのふ、とそ。
雪山にあるるをいう。これの、あるる・どぜーという。
あるぱんのきよふみ、という。あるを、みくて、という。

 夢の山のお書きという。れふれふのゆけ、という。これの
意を、ゆい、という。ゆいのえ、とそ。まみゆれの、ふりふり、
という。これが、こうみの意味である。

 全部、中脳より出る言葉で、この言葉の解を、大脳による、
主として、大脳前部の言葉で解していくことの、意という。

 このサイトで、わけのわからないような言葉という。
これを、解くひぃに、1冊の本ができる話という。くわしく
解説すれば、2札、3冊になる。

 ゆみくくを、れとという。これが、上の文で、解である。
言い換えれば、1冊の本を数語で表してしまうこととになる。
これが、中脳の働きによる、文の出という。

 中脳を働かすひぃに、これが出てくる。歴史をひっくるめて
見ていく。これが、大脳の働きで、学問として、捨象の手法
とられる。これが、歴史の手法になる。

 例えば、明治維新という、1868という年のはたという、周り
という。この周りを、捨象による記述が、歴史の学問とそ。
周りを全部切ってしまう、これが、歴史学の捨象の手法になる。

 これを、中脳による、書きを添える、これが、歴史の陣の葉
とそ。陣を解くという。歴史陣の山という。歴史の詳術とそ。

『わて山をとめという』、この言いの解という。中脳で言えば、
こうなる。こるれる、という、もっと、つづめた言いとそ。

 こるれるを解釈すれば、上の言いになる。やった山のいば
山という。こんな言葉の書きとそ。これが、中脳の働きの
結果である。こうゆみのいば、という。これすれ、これする、
とそ。この言いの読みを、れも、という。英語のように
なる読みという。
 
 コヘルスレールという、よみよみのえすて、という。よる
すかおやら、という。かみくれ、という言いになる。かみくみ、
ともいう。中脳のかまの言いという。中脳の言いの一種という。

これが、大脳へ行くひぃに、これを経路のくみふき、という。
経路がからんだ言葉の言いとそ。経路がかかった言いという、
くみふきの意という。経路をかけない言いが、くす、という。
大脳へいった言葉の言いという、くすのことをいう。

 意味は、どちらも同じである。
 
 けんぺをとる話に、この言いのいきひがでる、いきひがある、
という。いき山のお書きという。歴学という、ゆんものおり
るき、という。これが、上の、くみふき、である。

 歴学を、ゆみらく、という。これが、くす、である。

 これが、脳の経路を解いていく、言葉という。中脳から
出た言葉が、どの経路を通ったことかを解くことという。

 これを、みゆらく、という、くすの言いで解く、ことを、
大脳の捨象という。これが、今の歴史学である。
1868年、明治維新、これが、大脳の歴史学である。全部、捨象
されている、記述という。これが、大脳の働きの一面でもある。
中脳による車掌が、今の、くす、である。上の、くす、である。

1868年明治維新を、くす、という。これが、中脳の働きの
歴史に関する記述である。これが、中脳の、くみふりによる
みっぺ、という。みっぺのきゆれる、という。きみとむ、
ともいう。中脳の言葉である。

 これが、大脳に行く、ぱんすべ、という。ぱんすべが、中脳の
斜め上になる部分とそ。ここを通って大脳へ行く、行ったときに
維新という、言葉が出る、この出を、ぴっせらる、という、中脳の
真上である。ここの言葉であるとそ。これが、大脳へ行く、維新に
なった言葉という。中列という、経路のこととそ。中列は、大脳の
言葉である。

 みおゆれ、という、めるれるのくみゆき、という。くみいきの
ふれるれ、という。この意味の書きの解という。この文全部である。
くみふれのくみいき、という。中脳の言葉を使った言いという。
1868年の明治維新をいう。めい山のお書きという。

 明治維新と、中脳の働きを取り入れた書きという。この文
である。ぺっぺという、れーれる、という。みゆらるのおり
るはも、という。この言いを、みぶゆむ、という。壬生語の
一部である。日本語の古い言いという。古語よりも古いが、
新しい言いである。古語が古い話という。

 古語の中にはいれない、現代の学問という。あと、吉田
語、弥栄語という、稲荷語・・も、古語には入れない。
エーウルという、中脳による言語学の捨象であることとそ。
大脳での捨象でもある。言語が大脳でできている話という。

 中脳の言葉も大脳を通ってでてくることという。中脳の
言葉が大脳にあることという。中脳から出た言葉は、
全部大脳にある話という。

 これを、中脳による言葉のつくられる後という。言葉の
造られた時という。めゆむの山という。これが、中脳の言葉の
大脳による言葉にして大脳でつくられた言葉という。
これで、めゆの言葉である。大脳で夢という言葉という。

 夢山のお書きという。めゆむという中脳の言葉である、大脳の
言葉でめゆ、という夢という、こととである。大脳のめゆが
古語である。
 
  吉田語の、めゆるれ、という。
  祇園の、ゆいふりという、弥栄語である。
  稲荷の、めるれる、という。
  壬生の、めっつ、という。
  ひっくるめて、古京都語とそ、夢である。
  めゆより、古い言葉という。
  ゆめ → めゆ → ゆめ、である、現代語の夢である。
  
 かっすれいのついふり、という、これが新語である。
中脳による解という。めるれるらんす、という。これを、
ゆいふり、という。めるれのかいゆりのかきすり、という。
めてゆてのお書き、という。中脳の書きである。

 かいすり山の絵という言いという。これの書きを、
とみとむ、という。れすて、という。大脳へ行くことのはの言い
とそ。言葉を、ことのは、という古い言いとそ。古語である。
言葉という言葉が、もう一つ古い、現代口語である。
言葉の解という。言葉という言葉の解である。

こうぜんご(こうぜん御)、御所になる前である。
御所を御(ご)というときのこととそ。ごわ、ともいう。
ごき、とそ。ごきれる、という。ごみふりという。
御所のことである、御所の前である。ここを、こうぜん御所と
いう。今の大宮御所の門のある所である場とそ。

 門をこうぜんともいうこととそ。

後、録音にします。8分程。シャット・ダウン、たうぜん、たふぜん・・・
こうぜんを、当然という話とそ。



■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2480大原練習2100天の下1915FranceItineraireDeRetour 復路(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624707
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/07 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2452
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.




■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2480大原練習2100天の下1915FranceItineraireDeRetour 復路(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624707
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/07 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2452
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185967423

この記事へのトラックバック