2019年05月06日

卒業3709・FranceLa revolution 革命 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3709京都船旅2609
    古譜2479大原練習2099天の下1914FranceLa revolution 革命(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/05/06 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/05/06柳晴、少寒
    創曲、山肌ヨヨ・正(やなぎ) 
    造詞、そよかぜ・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】バンドプロジューサー
Mixture
    MUsic Score  
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り

日は西へ 明日に生きる馮道我行く
花江行く日 生きに行く 再び空へ
上がる日 命革まる日 朕の日
花触れる沢に歩けば ゆゆ花行き
ゴルゴ山行き 浜にたゆとう
火山煙 まるもんと はなみなすよ
はまれらゆきす
 
 狐の天気予報。〇r2019/05/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
日は西 あらたあらたに ふたたび
生きとし生ける 花江かしらる
 太陽の行き
【京都会議】
【ムー大陸】
【日西御所】
 若い人はいう。政党という、原子力という。この政党と原
子力を、尤、という。尤棟という。ここに、原子核列という、
核相をいう。この核相を、宰幕という。宰相の幕録という。
 幕選のゆみの歌という。この歌の、関国をいう、ここをネフ、
という。ねれれるゆゆす、ろくつ、という。めるれのけゆす、
という。
 政党をリミという、このリミに、えてゆてという、みみてを、
尤すコルという。このコルを、コロレルという、これを、コロ
ッポという。コロレル・かむれる、という。みこれを、宰蜜
(さいみつ、さいみ)という。この宰蜜を闇をてゆすという。
てみすともいう。てみすの歌のてくす、という。みゆるる
せむる・れるす、という。メユレル・レースーという。レミ
トスのゆてって、(ゆてっそ)ともいう。みるくのゆみはる、
とそ。
 この『はる』が、さい浜という。宰相のみゆく、という。
これを、めてゆて、とそ。むむすれるる、ゆすす、れるお、
という。宰相が、党と棟を尤す、という。この『尤す』を
『有す』という。めるれすとむす、という。
 これを宰相のゆおけ、という。ゆゆす山のお書きとそ。

【宰相】 
 宰相の権限のおはは、という。権のゆおけ、という。
これを、めてゆて、という。宰相の権のあて、という。
宰相をめけという。めるとそ。めんとも。めそともいう。

 政治の宰をつゆすつむれ、という。政治を宰記による。
これが、政を祭るとそ。政イコール祭、という。この祭りの
緒という。始めという。緒の山のおいゆりという。祭を宰と
いう。これで、祭宰、宰祭という。めるれるよゆす、という。
政治を宰相の権当という。これを執り行うことという。

 政治の宰権という。これが、後、首相を宰相という言い方に
なることという。首相イコール宰相であることとそ。

 政宰相という、政の宰相の権のゆゆせばという。これを、
めっくという。このめっくを幕すまという。後とそ。
えるかるを取るさむす、という。めゆれの宰おり、という。
この『おり』が、祭りにかかる、ごすゆす、という。


【ゴブラン】
 のち、ゴブラン織りという、織物の権の印という。
古代ローマのユリウスという、しーざーという、肩掛けを
して権を印すことという。このことを、ゴブという。

 この肩掛けの織りをゴブランという、その造りをもいう。
祭りに使われるゴブラン織りという。ゴブゆりの織のものと
そ。これを、『ごぶしく』という、ごぶらく、ともいう。

【モツ】
ゆつゆつ、ごぶらる、せもて、という。もてをモツという。
この『モツ』が、今の持つである。物を持つことを、めるれす
という。めるゆる、ともいう。めるすやくす、という。
このやくは、役である。

 これを、ゆみつめ、という。ゆみをおるくという。
おるくれるという。おるすともいう。めれるゆゆす、とそ。

【宰相】
 これが、宰相の役である。首相ともいう。祭りの首相という。
宰相ともいう。祭政の一致した時という。どちらかの一方でも、
これを使う。祭りの宰相を、祭りの首相という。政を宰相を、
政の宰相という。二つを尤す場合を、尤相という。

【尤相】
 この尤相が、祭政、双方の相である。これを、尤宰相という。
尤首相という。どちらも持つ祭政相という。みゆかわのさい、犀、
という。この犀をもいむみ、という。もれともいう。もれ相と
いう。

 政治のもゆれくという。祭りのもいふみという。祭政の犀と
いう。これを、犀星という。星を祭る犀の政里という。これが、
政府の語源である。政里のことを、政府という、この府のことを
党府という、党棟ともいう。党塔ともいう。

【政府】
 これが政府をいう。政党府という、政党棟のゆいふみ、という。
政治をとうによる解とそ。集まる場のや、という。集まる場のやの
ごるれくという。これを、ゴルゴという。ゴルレスともいう。
ゴメスともいう。

【ゴルゴ】
 ゴルゴ・フォルクという、これの共産を協賛という。思惟の山
という。協賛らっくのうつれつ、という。ゆめるろっくく、という。

政治用語の解説である。これを、宰そむの山という。宰れる、
ともいう。めんれすの山という。政治を祭りという言い方という。
これをまつりごとという。せいなむやっぱ、という。これの、
改めを、改革という、後、政治のことに用い、政治改革という。

 これの意の維革という。革命の維新という。どちらも政治に
なることに使う。政治以外にも使う、健康のことを革命維革と
いう。革命維新という、健康のことにも使うことという。

 祭りの対象を拝む、健康の意という。健康を願い、祭りを
執り行う、また、携わる人という。また、この周りの人という。
健康を願うことをマテという。祭りをマテという。

【祭里】
 これが、祭りの、祭る日を待つことという。待つ里のことを、
祭政府という、祭政さとという、祭里という。政治をいれず、
いう場合という。政治を入れれば、宰里という、祭政里という。

【馮道】
 中国の馮道という、政治を入れた宰相という。馮道のお書き
という。馮道を風道という、元の意味である。この馮道の
ことを、ふうくく、という。中脳の言葉である。馮道、風洞、
風道を、ふうくく、という、中脳より出でた言葉である。

【れんまら】
 中脳を、れんまら、という、この言葉の出を、延という、
延髄の上方である。延髄から、ブメフラを通り、中脳へいく、
この行った時のことを、ブラメルという。行った場所をブラレ
という、後、ブラノという、ブラルンともいう。
ブラノを、ブラ野と表記するとという。聴能のことである。

 このブラメルの言葉を、出す大脳のことを、ベックムという。
大脳の言葉である。後、ベッカムという。

 ブラメルが大脳に入れば、ベックムを、くうくく、という。
これが、ブラメルという、中脳へ返った言葉という。これを、
こうきみ、という。こうれくのやのむま、という。脳のことを
ルイフルという、、江延髄へ行った言葉である。

 めるっぷという、延髄のブーフミという。べるれるという
こと山の言葉という。こと山のことを延という、延髄上方で
ある。

 祭政の一致する働きという、これを命革れく、という。
革命をたとうることとそ。革命を政治にとることという。
これを、けんれま、という。れいみくの、ゆつゆつ、という。

【令、区】
令の一意味である。政令、命令・・とそ。霊前強府(ごうふ、
きょうふ)という。政治を、たままく、という。霊幕。これが、
幕府の語源である。御所を、こいはる、という。はめるれ、と
いう。これを、ゆみえく、という。この『く』を、区という。
今の政治の区、市町村の区である。

【あく】
 祭りの区をあくという。これを、さいまら、という。祭りの
一区画という。さいまらをさい、という。のち 、さいたま、
という。これを、さきみたま、さきらま、という。さいからの
山という、この話とそ。さきたま、ともいう。さきたま府
という、祭りの執行場とそ。

【日西】
 これを、日の西という。日の西の場の府を、日の西の御座所
という。御座所を御所とそ。日の西の場の行きを、日行き場
という。日行き場を、にっさく、という。この、にっさくを
にんみる、という、古くの、ににぎの意である。日行く場の
ことという。日行く場を、日粋という、贔屓の語源とそ。
ここを、にっさい、日西という。ひにし山のお書きとそ。

【将軍】
 にっせい御所ともいう、後、日生場、日生所、日生床
という。これが、将という字を使う、将群である。この、
将群を、せすむ、という。後、せゆれ、という。これを、
いくさめ、という。将軍という言葉のことという。

 革命の将という、革命将軍という、これを、生群という。
これが、め、という、あざの語源である。字と表す言葉とそ。

 かゆれるふうふう、という、馮道の政治という。
かゆすめるす、とそ。これゆら、かっつく、れとせ、
れとゆせせはる、せってろっくす、という。
中脳を交えての解である。
■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2479大原練習2099天の下1914FranceLa revolution 革命(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-624697
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/05/06 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2451
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185961592

この記事へのトラックバック