2019年04月24日

卒業3601・FranceAubeNoire 黒い夜明け :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3601京都船旅2501
    古譜2371大原練習1991天の下1806FranceAubeNoire 黒い夜明け(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


1945/04/24 柳 willow Saule 楊柳 Sauce
【創曲】2019/04/24柳晴、少寒
    創曲、鳥家ララ・正(やなぎ) 
    造詞、鍾馗・正 
    監修、むかわ竜・正
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】Harmony Assistant自動作曲 90%
    Mixture, Music Score 
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
黒い道 克明に朝は晴れる
火山に泊り目が覚めた
黒い明けのきつつきが
羽音たくましく飛び立つ
馬車に朝の粥をすする
黒い飯にそわる虫の挨拶
 
 狐の天気予報。〇r2019/04/26
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
鶯野 壁に幕あり 来て鳴くや
黒い烏の 鶯の真似
 桂月、朝目が覚める革命の時
 桂月: かつら月、熱月の月のことをいう。
【京都会議】
【ムー大陸】
【革命御所】
 革命という。日を革めるをいう。日革の英幕という。
これを、メレクレ、という。レボルブの山という。
日鮮パールクの山という。日をよる、えるせるのやよ、という。

 これの闇という。えとうの山という。れれせるむるれるの、
ゆゆよ、とそ。メルテの山のおしえば、とそ。むゆむゆの
こるく、という。めてよに、れてをいう。これをソメルという。

 染めた山の日の絵の舞いという。日が舞うように山頂に輝
くをいう。これを、レボルレー、という。れぼそむ山のお書き
という。みみての絵とも。

 たとい、はまらの、つっく、という。れてそ、らんれく、と
いう。むゆべる、れぼの、とそ。れぼの山のリボルケという。
りぼすをとる、という。せめとれのゆゆて、という。

 これのめきふき、という。よてるさまれる、こりよるあうす、
とそ。ここをチェという。チェルという。革命をチュという。
チェチュのえそるる、という。これを、メイケルという、
メルケルともいう。

 革をかわという。皮のことの、字のかわれ、という。字の
変わった革という。皮をきかむという。きかれる、とも。
木が新たになる新芽のことに、皮を革という。

 これが、革命をともるやのおゆふれ、という。木の新芽の
ことを、革木とそ。新たな木という。この木のことを革命木
という。

 これを、人の木にとる、銀杏という。銀杏を革命木という。
これが、人の木の記という。

 人の脳に葉という、脳の部位をいう言葉の出という。前頭葉
という、等。脳葉の闇おら、という。これを、電脳という、後、
脳波という。脳葉の波という。これを、かんさく、という。
古き言いとそ。脳を、かんさく、という。

 かんさくら、という、寒の桜の山という。この山に、桜を
充てる言いとそ。寒桜山という、人の脳のことをいう。
山の名をたっとぶことともいう。人に山名を充てる神明とも
いう。力士、等。

 仏教寺院という、寺の名に山名を充て、寺をいう。山を
たっとぶ話という。御神体は山であるという神道という。
これを命革という。命の革という。この、いのちを銀杏と
いう。銀杏をたっとぶこととそ。

 この命革に、よるをみるという。これを、革命という。
革命にとる、かいぜるという、かいぜらという。命革命と
いう。これを、きみそむという。

【御所革角】
 きみての革命という。君手という。君の手の革命という。
これを、ゆめゆめという。ゆめるる山すよ、という。これを、
御所革という。御所の角の所を革という。角の地をいう。
これを、御所革角という。地という、場の言いのことをいう。

 御所革角の新芽(あらため)を、これを革角芽という。木の生え
た御所の角の地という。この地の新芽を、革芽という。これを、
革命の木地という。革命木の地の場のことという。
これを、御所革命き、という。記、木。革命木をとる、
こよふりを、革命暦という。レボの暦、レボノ暦という。

 御所暦のあらたまりを明確にする革命という。これが、
革命の、日の革命である。日が革まるを、日革という。
日革の日を、目覚める日という、時であることという。

 時と日をよる陽のことを日革という、太陽のこととそ。
日革日という、これを、けねす、という。けねそ、とも。
けねるそ、という。時、けね日という。けねのめけみく、と
いう。

【もっこく】
 日新という、日が革まり、目が覚める、もっこくの山の
日という。けね日を、もっこく日という。もっこくを木と
いう。これを、けね・もっこす、という。もっこの木を、
もっこすという、もっこくという。もくきの山という。

この『もくきの山』という使いを山の書きという。話を
山という言いとそ。山をたっとぶ、ことともいう。

 革命という、命が革まることの話という。これを、御所
革命という。日々是好日という、革命という。これを、
レボルメという。レボのお日とそ。レボゆり、ともいう、
革命であることという。

 革命に暦がそなわることという。フランス革命暦という、
熱月の蘭という。蘭の木に変えたことという。熱い月の日と
いう。フランスの御所という。ここを、ごみせる、という。

ナポリ半落という。フラゼル山という。ナポレやら、という。
ナポリル論陸という。論祖のやのお絵とそ。これを、革命前と
いう、ナポレオンの人という。ナポリさんという。目の青い
人という。ナポレオンという話という。

【ナポレオン】
 これを、地の話とそ。この話のナポレオンという音のことを
いう。ナポレ音という、気の鳴く音という。この気を木にも使う
ナポレ音の人という、木が鳴くことを、木鳴という。桜を代表
にする『もの言う桜』という表現という。

 気木鳴という、鶯をホーケマという。この鶯の来る地に光をこう
という言葉のあやめき、という、操りである。こうの地を訪う鶯
を、地皇という。この鶯の塀の話という。ナポレ音幕という。黄
と黒の幕を塀にかける、フラゼ塀という。

 このフラゼ塀の、かけられた幕の内に入ろうとする鶯の声を聞く。
塀と幕の間にいる鶯の声である。この声を、ナポリタンレル、
という。ナポリャルともいう。青い目のナポリさんという鶯と
いう。

 この声をカンタータという。勘九郎の烏という。幕の中に
入って、コケコケという、鶏の真似をするように聞こえる
鳴き声という。幕と塀の間の声である。

 鶯の鳴き声がメーと聞こえることという。これをメーコケ
という。明確に聞こえる鳴き声という。明確鳥という、鳴鳥の
ことという。これを聞く時を、明確という。明確時という。

 これが朝であるひに、革命朝という、命革鳥という。これが、
ナポレオンの外壁という。鳥を革命児という。革命自鳥という。
烏と鶯のことをいう。

 この鶯烏の真似をする若い人を革命児人という。ホーホケキョと
壁に向かって言う人である。この壁を革命という朝の、革命声と
いう。

 幕と壁の間に入ってホケキョという若い人という。ナポレ音
を出す人という。どう聞こえるか、ホホホホホと聞こえたと
いう。

 幕に外を歩いていた人が笑ったのであるという形容をする。
これがカンタータという歌声に聞こえたという鶯真似の若い人
という。

 これが、アメリカの壁に見立てた時、この声はアメリカへ
届いたという表現をする場合、アメリカの壁という壁がある
という言い方になる。アメリカの壁があるという表現という。

これが、鳥の尊びをいう、アメリカの旗という。始祖鳥の大き
なイーグルイスという鳥という。大きな鶯というアメリカ鳥と
いう。

 壁の話の革命という、鳥の鳴き声の革命という話という。
これを、革命話という、革命的な歴史の見方である。

『あれ、ナポレ』という、アンナプルナの山の名の言いの元
という。ロシアへ行ったという、アメリカの壁に反射した声
である。アンナプルナと聞こえたロシアの話という。ナポレ
オンの話である。

 かような話という、明示維新期のことである、壁があったと
いうアメリカの壁という。後の人は、これを作るという話と
いう。鶯声復古という話である。

ナポレという、ムーリカ山のお名である。ムーの山である。
明示時代のムーという。無名作家という言葉のことという。
ムー大使が賞得大使であったという、ムー席人のことである。
インターナショナル・ムーである。無名作家という人という。
これを中庸の使いという。中葉をくわえた鳩という。鳩がはぎ
食った話という。ハッと聞く話という。ハッという返事という
、中庸返事という。壁に向かってハッと言えば中庸があること
という。

 中庸がある子という中庸児舎という、中葉御門の話である。
塀の中程の壁を中庸という、中葉ともいう。壁の建築用語とそ。

Robin voice、Robin revolverという、鶯の声である。ロ
ビン・フッドの盛りの物語とそ。食べ物の森の鳴き声という。
餌に群がる鳩とも。ロビン・フッドという、鳥類の餌である。
鳥停御所お書き。黒朱鷺色という色の話でもある。黒と黄色
という。混ぜれば黒朱鷺色という。黄色い声と、黒い声という。
声の色、こわいろとそ。きぐろう山お書きという。

ミュージック・メーカーの、無軸目烏賊という、無軸名家と
いう、駄作無名の人という。以下の落としの文である。
Music mak ムジークマックという、無軸幕である。黒と
黄の縦の幕とそ。烏賊落としは食べ物である。


■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2371大原練習1991天の下1806FranceAubeNoire 黒い夜明け(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623617
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
     1945/04/24 柳 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2343
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185905127

この記事へのトラックバック