2019年04月20日

卒業3590

 南北アメリカの繋がれている、フォーである。フォーワース
とそ。水辺である日という。アフリカがやってきたという、
来たアメリカの南である、下である、今の地図という。
けねの日という日で合わさった大陸である。

 これを、けねウェン、という、けねのウェンディーという。
ウェン哲発という。鉄発とも。はっぽうの山という。けねすれ
やものひぶすれ、という。

 南北朝という米御所である。米穀御所ともいう。ここの地と
いう、御所をゴーグルという、古いフォー語である。アメリカ、
フォーワースの古い言葉である。ゴーグルという言葉がそうで
ある。

 英語のゴーグルという、ここの場はゴーフォーという言葉
という。ゴーフルが、ゴーフォーである意という。泉がある
話という、ボルビックと同じ質の水がある場とそ。

 ふみふらのいつ、という。いつゆつみとるる、という。
これの解である。昔、青い雪が降った場所である。青いと
いう、これがゴーである。ゴーフルが青降りである。青い土
がある話という。青土御所である。

 ゴービルという、学びるの、びるであることという。ゴー
ビルという、ゴーファーの、フォースルとそ、向学という
言葉である。

 向青川流る、ごーさるや、という。朕去の語源である。ちん
というゴーのフォーという。フォートワースのあみ川という、
チンフローという川がある所という。南北アメリカという、
合わさった場所であり時である。チンが、時と所を意味する
フォー語である。水に向かう意ともいう。

 フォートワースという町の名の語源である。中脳による
解という。フォーが水状の脳であるという。脳能ののうで
ある。能脳とも、脳々、脳々とも書く表現である。フォーで
ある、四である。脳能、能脳、脳々、脳々、四通りとそ。

 フォートワースの十字とそ。ハーケン・ライホン、とそ、
ハーケン・ラインツとそとも。フォーという水の十字である。
水の流れが十字になっていた所でそ。とも、でもある。
ハーケン・メックスのお書きである。

 ドーゼル・ファンツという、ペのよいとこ、とそ。
プレイス・ゴー・フォー_ル_山という。山があった場所である。
アメリカ、フォートワースである。高さ700程である。
東山という季用途の東山という、ほぼ同じ高さであった山と
いう。今の東山である。

 そのやのめす、という、お召しのゆす、である。お召し山、
フォートワースの山である。丘状であったひぃ、アメリカが
合体をいう。南北アメリカになった時である。この時を、
けね、という話とそ。ケネル・デビソンの書き、これお書き
とそ。山世の歌である。ミズレラの山、これをいう。
後、ミズリーという。みずゆつ、みずらの語は所という。
みずら御所である。フォートワース・ライク・オン・
ブレース、オン・パレスである。フォートワスの御所である。

 吸い川山お書きなる。みすゆつフォースという。水の場で
ある言いである。御叔母の教えである、自由の女神である
御叔母である、その御方の教えである。たうといものという。、
尊いことである。たゆとう光、御お場の光である。水面に
反射する光ともいう。港におられる御叔母である。波土尊と
いう、流れる水とそ。フォーシーとそ。海向かいの港である。
ニューヨーク通の話である。若い人という。

 ヤング・シーというのが、青い目の叔母の眼の周りである。
まぶたという、ブルー・アイズとそ。若い人の目の色である。
今はペンタゴンの兵士である、平氏という日本歴史である。
へいじと読む、銭形平治という、平になったフォーという、
日本史に見るフォートースである。平時安全という、健康常時
の人である。ジョージ・プレースという、常に平の場である、
心理状態とそ。常の時、常の所という意である。ジョージ・
プレースお書きこれなるを。

 平の平静という、平地の穏やかな場所である、よい所である
ゴープレーという。フォー語である。フォートワース古語で
ある。よい所である意という。フォートワースの町名である。
ゴーフォー、ゴーツー、ゴーという、グッドの意のフォー
トワース古語である。若い人の解である。御学問所講義より。

グッド・オール・ゴーとそ。楽器のオルゴールの音色である、
未来人の解である若い人ともいう。通常は、後という。

On shipping, leavin' shore ・・・・という歌とそ。
アメリカ帰りの若い人が故国を懐かしんで描いた歌である。
日本語に訳された歌である。船裏という、バック・シップの
歌という。ばくせるらっくの歌である。江戸時代に幕府に
よって紹介された歌である。フォートワース・バックスという。
バックス・フォーともいう。通常英語のバック・ツーである。
後程。
参考サイト:http://akinokori.sblo.jp/archives/20160120-1.html

【フラッシュ協賛】
駄作家写真術
 駄作家は、よく、カメラを使う。フラッシュをよく使う人で
ある。人であろうが景色であろうが、暗かろうが明るかろうが
やたらにフラッシュを使う。角度がどうであろうがフラッ
シュを使う人である。なぜか、ピカッと光るのが、よいと
いう。これが、楽しいのである。だから、フラッシュを
使うという、写真をとる駄作家の心理という。楽しい
カメラという。光源氏はカメラであるという人である。
 いずれの御時でも、フラッシュを使い、時めきたまうという。
脚光元お書きこれなる。光源御膝元がよい人である。シャッター
位置である。

そうきょうよいフラッシュ撮影という。
posted by 秋残り at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185886243

この記事へのトラックバック