2019年03月25日

卒業3549・FranceQuatreSoleils 四陽 :イカスミ柳

馬には乗らない:健全家
そうきょうのよい思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3549京都船旅2449
    古譜2319大原練習1939天の下1754FranceQuatreSoleils 四陽(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)


【創曲】2019/03/25柳晴、少寒
    創曲、磯菊 茂矢井・正(やなぎ) 
    造詞、ネアンデルタール人・正 
    監修、篠宮副雄
    訳、 冴柳一郎・正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】おそれ龍歩行用
【演奏】Orchestre civique、火打石を使う会
【作成】MIXTURE    
【場所】御池秋残り用
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)火打石音入り
四つの太陽 並ぶとき ここムー大陸は
いつも揺れて ゴーと地鳴り聞くしま
世界史に大きく残れば また出る
ムーの島 再び蘇る 白砂 大菊
ムー花 江戸の世 ともに
 狐の天気予報。〇r2019/03/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山)) 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【J家言】今様(こんさま)、詠。
ムーや ムー 甦れ島 地は鳴り
心に残る 原子力塔 
    世浜玉代 梅山見月
【京都会議】
【ムー大陸】
【時の御所】
 時の御所、再び現れるムーの書きをいう。
幸の井とそ。ズラーッと並んでいた井戸という。幸の井という。
京都会議で、明示維新をいう若い人とそ。丘あり、川流る、
時御所という。

【四陽山】
 太陽は一つしかない、四一日の四の月という。朔日という。
太陽四つのムーの時という。四日で一日という。1、2、3、4と
太陽が落ちていく、ムーの時という。ムー時の無事という、
無事の太陽という。四陽山お書き、無事の時御所在という。

 御所の柳通りという、矢並びの、矢並太陽時という。
東洋の山、ムーを大東洋とそ。東の世、四陽時昏という。
賞得大使の陽昏という。

【幸の井】
 太陽の井、幸の井という。四幸という。四幸四陽の井という。
ムーをあしらった井戸である。世々の譜という、四々の譜である。
四々の井ともいう。幸の四幸という。幸四幸のゆきよゆき、
御幸四幸(みゆきしゆき)の山という。みゆ、岸 行きという。
これを仏語とそ。Mu、岸幸(ミュー、キシユキ)という。
渡仏の人という。ミューランレバという、幸の井の意という。

【Mu幸】
 明示時代の人である。Mu幸という。幸の行という意味である。
御行渡仏という、ミューランレルのや、という。シャンゼ
リーゼの山という。巴里幸山という、パリミューという。
しゃれたパリジャンという。パリセ、パッセ、パリスル、
運行という、運幸ともいう。幸運びの意という井とそ。

【今蘇郷】
 ムーからの若い大使という、今、蘇る、今蘇郷という。
今宮の幸の井という。四々陽幸の、陽路行きである。
ファーリ・ルーとそ。リールフアーレル、セットという。
セツルメント・ワックスという。太陽を追いかけるという、
太陽君の山という。たいよら、えうるれ、えうろうぱ、とそ。
これを、ワクセマ、という。白い大納台地という。

【白魔御所】
 白魔御所という。ワクセマ、レップの山という。
近幸のお宮という。居幸(いゆき、いさち、きょこう)という、
虚構の構えである宮とそ。四陽虚構の山、無大陸である。
なしの宮という、梨の字の造りの元の意とそ。意井通る矢、
とそ。

 白魔御所、ワクセマ劣家の平静人という、若い人とそ。
ムー大陸の平静家である。地鳴りが聞こえる、無平静という。
ムーの平静である。冷ややかな井戸という、平静冷井という。
ムー大陸の井戸である。幸向かいの井戸という。四井の民である。
市井の民の語源である。無ー学問の人である駄作者である。
書き人知らず。明示維新の時の御所である書きという。

 市井の民注: 駄作者の無学問舎という、虚構の栄えという、
        真っ白な虚構という。御注意あられあられ。

■■■■//■■■■//■■■■//■■■■//■■■■/■■■■//
 『紫だちたる雲の細くたなびきたる。放射能の雲や如何に。』
 『はっ、たなびいております。』
 『あれに見えるは放射傘雲』
 『これに見えるは、手乗り雲』
 『これっ、悟空、放射能は如何に』
 『放射の山のおきたりて乗り乗り』
 『助さんや、格さんや、悟空ともども、お乗り乗り』
Mr. Atom Lucky Ager, "French report" より
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜2319大原練習1939天の下1754FranceQuatreSoleils 四陽(壮強太陽)』
馮飛菊 画書家判 よという字。おから山はらる
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@200上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-623097
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***

------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。楽譜の作曲者名、作詞者
名等はもちろん、私が勝手につけた名前で、
ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。記事は架空です。
著者@200,2291
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185765485

この記事へのトラックバック