2019年01月23日

卒業3465 PortuguesFicar 機立ての歌(御池八景) :イカスミ柳

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:幸子
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:柳上手 薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3465京都船旅2365
古譜1365大原練習1265天の下1665 PortuguesFicar 機立ての歌(御池八景) (壮強太陽)
(鳴恭川世讃歌)

【創曲】2019/01/22、柳晴
     創曲、A氏正
     造詞、J氏正
     監修、木庭菊 雄正(やなぎ)(秋残り市在)
     訳  冴柳 一良正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra、QLカッツ正(やなぎ)指揮
【場所】Sea
【聴衆】篠宮光幸・正(やなぎ)率いるファン・クラブ
    木曽山 魏・正(やなぎ)副団長と扇隊
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
そらにはうえ


 狐の天気予報。〇r1858/01/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【J家言】今様(こんさま)、詠。
さつきよに、立つや、ジェット、旅客載せ
--富士見回り詠

旅客機ゆらり旅
 ボーイング録
午前8時 上
  8時30分 出
  9時富士中腹
  同 4分 高度5000 機立て降り
    12分 富士山頂横 一周 2分30秒
  同 40分 高度8000 富士山を見ながら上がる
  10時 2分 札幌上空 一周して大山向かい
  同 5分 東蘭経
  10時45分 京都着

機を立てた拝山、京都会議開催翌日。
X論、Zシーホーという、木の操縦である。
山花の世、れれそゆゆてる、せんてむ、という。鳥と一緒に乗った
若い人という。鳥が前にいいたという。垂直の飛行機に乗る鳥とそ。
よよやらうるれ、せむせすする、れるれる、れんその世、これつゆ。
ののの記、これたる。この時間に書いた記という。
むとせゆゆら、ありるれ。
齢、七をいう。礼質の山、富士山をいう。
高度5000は、それより以前の山の高さとそ。少し下がった話とそ。
19歳の話という。若い人の記である。
ゴリ郎という、ななと答える人である。ななゴリ郎という、これを、
弱らずという。

富士60回拝謁という、これを、齢、七という。一回り10才という。
富士途算の江、これをなるゆり、という。花山のおゆれ、という。
あしべらの山、ともとそ。
ボーゼル・ロークの山の絵、これよれり、るるる。
そう、今日の頃の話である。柳そよ吹く風ゆらら、およい山という。


Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1365大原練習1265天の下1665 PortuguesSquirre リス(御池八景) (壮強太陽)(鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、東洋都 直・正(やなぎ)画家
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4658
     画商『都端』墨絵専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi M.X.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1858/01/22柳晴、京、1130五稜郭、1145摩周湖、1202庁、19庁
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185424615

この記事へのトラックバック