2019年01月03日

卒業3443 大阪はんにゃな

大阪(逢坂も)きゃあるぎ よんほく めその言葉
めんせのだむれるの言葉。(めっそ、めそともいう。)
大納言というところの言葉。めーるという、大公という。その言葉である。喜びの言葉。『あるっきゃ、ろーく』
きゃーるという、めんればの言葉。『きゃっせらーれ』という、
きゃーするの言葉である。おきゃっきゃのらみそみという。
れぶせるらっくの山のお言葉。めるせる山のおかきこといいの
『ゆっきゆっき』という。ゆきゆくの言葉という。『めーる、はんれるらせ』とそ。びずぴすの言葉である。今のビズの語源である。
『びずふる』という、『びずおして』という。『だいなゆらやら』
という。だいせらごっくの山のおいんそす、という。
大納言を大魔言(だいまごん)とそ。だいやらろっくの歌語である。
めっせるらっく、ともいう。だいねま、ともいう。ろーくの山という。わおんれくのめっからるー、という。めゆめゆのやりという。
歌である。みとゆたれっせのやみろく、という。よどみれんるくの
歌である。『びず』のことをいう。『びずおす』と、歩を進める
ことをいう。
  『おどんで』は、めんゆすの言葉ともいう。『めったれ』という言葉とも。いこう花の山のお言葉である。『おっどん、なはれる』という、城見の話である。城を見に行く言葉である。出鼻の
ぺってるろー、という。『めるゆっす、ゆっすゆっす』という。
ゆすめらのきぶらんのことは゛である。めるてすろー、ともいう。略。

大阪きゃんのかの話である。るるめるはっすの山とそ。れれんそのゆいゆい、という。
めるる花ゆな、えるてるろっく、という。言葉をろっくという。『ろっく』という言葉の使いである。歌語という、はるれるのゆゆ花という。ゆぶれる・るっす、という。るるゆきの
はんにな、という。はんにるらっく、ともいう。れるれるらっくのろるんす、という。
これを、めんま、という。これが、、ゆんまという夢の意味である。
 めーるれる山と 、れてほのよいゆい、という。よいよいのおだい、という。
よみすまのあおはる、という。べっつつっつくのよりふり、という。めゆままのおいから、という。国をおるという、国を作ることをいう。国見間(くにみま)の話という。
 だいこくれっくの山という。だいこくがこれである。だいこくの意味である。
こいかわ山お書き、これなるにる。ははの山のおえよわ、とそ。
そうきょうろうの話である。よいほの話とも。
あべっく論ともいう。連れの話である。
『みゆ、すてらげ』という、連れに、見ることをいうことは゛という。
 『すてゆっす』の言葉である。

駄作家の家をいう。『城へ帰る』という、『御所へ帰る』という、我が家への着たくである。 蒲鉾道に住む人はそういう言い方をするものである。

『花見はおでんどっか』『おう、天道様の、あまの下じゃ』とそ。
 お天道様という、太陽のことをいう。
 『双胸は花の下、この天花(あまはな)、きん通り』という。錦通りである。
 よい連れの言葉である。
 『双胸は天の下、この花、錦で』という。錦の時という、花見時をいう。

  双胸という、人が双んだ状態をいう。一人の時の双胸は自分の意である。
 双んだ胸という。単数と、双数複数のことは゛とそ。
 これを、スーラホーツーという。スーラホートーともいう。スーラスースーの
 意味である。そうきょうをスーラという。大納言語という。

 『そうきょうは良い』という、現代語である。スーラルーラーという。
 これを、スー浜のことは゛という。スーシーフーラーという。テンホー
 という。めるれすのゆいらら、という。そうきょうの言葉である。
 自分の胸を、スーハラという、スーキョウともいう。スーメルの言葉という。
 れうれるらんくくのゆい、とそ。

 『今日はどの城へ行こうか』という。『白城がいい』という。雪見舞いのお訪ねという。
 山々のおゆ、という。山をとるとそ。山へ行くことをいう、山を見ることとも。
 現代は、山へ行くという意で、山をとるとはいわない。
  盗山登山の入り乱れという。
 山へ行くという、手がいく人という。テイク論という。take a look である。
美人網のつつやら、という。つつやみの言葉という。どんこの山のお書きという。

 うどんの人である。これを、お-うどんろく、という。おうどんろくである。
 うどん美人のそば食い山とそ。食い倒れの見通しである。のっぺらぼうの語源である。
  のんびるれっつ、という。ののせまのおすれす、という。のんびりのことを、
 れも、という。まむすてのお言葉という。まむまむのびる、という。

 びずのことを、びるという。びるまやのおすゆす、という。ゆすめすのゆむれる、
 という。略にします。

書けば、それこそ、蒲鉾道が立ってしまいます。なむの言葉のいえという。
 いえする山という。いえすという、駄作家のお書きという。

 スースラーラのそうきょう語という。『です』という、これが、スースーである意という。
『そうスー』という、『そうです』のことをいう。これを、『そうですー』という。
『そうでスースー』という。あまが埼の言葉である。これを、尼が埼とそ。
天の埼を尼が埼という。天尼の言葉という。そうきょうをてんという意味である。
双びに双ぶ日のそう今日、これを天得という。天じょら、という。これが、天を点という。
一点の今日を、そうじつ(双日)という。昨日に双んだ今日をいう。双日のこう、という。
こうりるらんぶれい、という。これが、乱舞の話という。
たくさんの人が入り交じって踊る舞いをいう。乱舞という。たくさんの人のれいをいう。
これが、礼、霊、零になる、この語源である。乱舞礼という。これを欄間という、欄間の
作りをらんせるという。らんせともいう。これが、おらんせのごらんせ、である。
 欄間をごらんという。これを、ごりおんろく、という。
大阪ごりおんが、この欄間を指す場合がある。家の欄間をごりらという。大阪ごりらの
ごめす、という。これを、びっつという。大阪櫃(ひつ)の造りである。つつ造りのことをいう。
 筒状のお櫃という。美人のかかがもる話という。かかびつの筒餅という。これを、
つつもたる、という。つつもたせの話という。げこ山すっくの言葉である。

 美人をひべという。釜の近くである人とそ。ひの山のお書きという。

略にします。

蒲鉾估道には、たくさんいる美女にしき、とそ。美人錦の通り間という。欄間下をびつみつという。駄作の家の造りという。城の豪華な造りという。駄作家はそういうように白城するのである。これが白状である。告の白とそ。金持ちになる書きである。
 蒲鉾道を立てるという、道立ての家とそ。蒲鉾道に立つ我が家とそ。駄作家の造りである。
豪華な白という、駄作をうる人である。


国を駄作する人でもある。蒲鉾道数用、これなるを。
 
 










posted by 秋残り at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185311981

この記事へのトラックバック