2018年12月01日

卒業3407京都船旅2307古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3407京都船旅2307
古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/12/01、柳晴
     創曲、Ue
     造詞、Sita
     監修、Naka
     訳  深草中将百夜(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインボックス使用
【歌詞】創郷 
頭を左にし 剣 前にし 兵は進む
ありてよみはな ふるえれる れれる
はら ふすれ そみゆたたる 兵つわ
草ゆぶか ふくれ ふくくみゆれど
花ゆかき 深草や


 狐の天気予報。〇r1918/08/27
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草交信2】 今様(こんさま)さむる。
 ありすゆゆ原、せせすろろふ。するるめっせる。
これをとぞ。深草や、れれる、せむす、るるす、ろうくす。
これたるを。

 みみむ、ゆゆす、めるれるせるす。すっくす、ろるす。
みくずく、れっそ、そうすゆ、るうるふ、これをよるにぞ。
 雨(あま)るららや、ららるら、ろろゆ。せむへっける。
すめす、るるす、るめる、せむれそうふる。

 るはる山るら、めんれるようすく。すくやく、ろっくす。
これ、ゆっら、せめるるるふ。せっつるろむる。
まっくすれっく、これなるを。

 マイク持つ手ぞ、おつゆ受け、ははらゆま、すすゆすすゆ。
兵つわら、るっくるろっこす。これゆ、まっくる。
ゆま山おりる、ふるゆる雨らら、ららっける。
るんそ、せっぷす。これをにぞ。

 兵、手すらるる。めむゆむろろす。こっつす。るっくす。
ろくるららや。あゆれるかなふり。金らら、よみるるよられ、
おっしるすすらむ。これ、機械のみゆららとそ。

 古語ありす、ありてる、みるる。古語を古い言葉という。
むゆゆろる、おるするむむす。これをよる、にぞ。
 おっちすれえれ、すむす竹ゆら、かむするれっする。
むんて、ややはる、もっとるむるれる。せんれさむす。
めるれるおっつす。これを、めてやら、とそ。
略。
 めるすかゆふる。
 
 蚊深き草深き、露ふくる草るめっせる。草深い藪のことを
いう。我がゆ、せってす。ろろす、くゆれる。これを、駒
進む、という。鉄駒の部隊隊、めるせるゆむる。これを
ゆゆれ草という。うっくつれえま、そむれる、くそゆす、
という。

 『アイれら、はって』という、声を聴く。機械語のこと
とそ。機械への命令という。『ゴーユム、ペッセル』という。
前ゆらたたれ、とそ。おりまゆの花、これをと。
 『ハックユック、ユックハック』という声の前を見ゆ。
これを、估語(人偏に語を書く)という。機械のことは゛である。
今をとる山という。一戦機兵という。深草連合軍という。

 ギタららの手、赤い甲羅手脚絆、はめて、いくゆく。
いきいきの山という。ぎんみす山のお書きという。
今を去る一千万年前のことである。深草郡(ふかくさむら)、
これを記す。

 曲をロックという。この期のロックである。
機械ゆありてありる。ありせせせるせるる。これを、
めんて、めってす、ともとぞ。
 これにて、枢要らら、ゆゆらら、ふふせる、れっつす。
れっとみの山という。

これを、ゆのふみ、という。ぜんふありあるせらの期
という。
 ふふはらゆゆす、これという。
 また、後とす。
 
 国を作る、これらる。営国という。
 後、略す。
 そうきょうの行進、機械ありてそ。
 
 ふふみ気(ふふみあけ)という。文に行を
あけるをいう。

 おばゆという文である。明日の花という歌という。
本曲という。
 明日葉の花、これゆる。にるらら、せせる、ふとよ。
これにらる。期る。

//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

2021年 柳子 し ね     正(やなぎ)子
2022年 柳丑 ちゅう うし 正(やなぎ)丑
2023年 柳寅 いん とら 正(やなぎ)寅
2024年 柳卯 ぼう う   正(やなぎ)卯
2025年 柳辰 しん たつ 正(やなぎ)辰
2026年 柳巳 し み     正(やなぎ)巳
2027年 柳午 ご うま   正(やなぎ)午
2028年 柳未 び ひつじ   正(やなぎ)未
2029年 柳申 しん さる 正(やなぎ)申
2030年 柳酉 ゆう とり 正(やなぎ)酉
2019年 柳戌 じゅつ いぬ 正(やなぎ)戌
2020年 柳亥 がい い   正(やなぎ)亥


      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1307大原練習1207天の下1607 PortuguesQTan 葉原(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4078
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/27柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185109916

この記事へのトラックバック