2018年11月30日

卒業3406京都船旅2306古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3406京都船旅2306
古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/29、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインボックス使用
【歌詞】創郷 




 狐の天気予報。〇r1918/08/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【剣道】 今様(こんさま)ある。『よいヨ』の教え。
 武道の言葉の取り入れである。
 『よいヨ』と言って下さった先生の御教えを実行する人で
ある。口先の剣道という。剣道の言葉を使いますという。
道を作るという。後、県道と。後、剣道も作るという。
剣の道という。今の剣道である。
 若い人が尋ねた話という。『剣道の言葉を、日常使っても
よいですか』と。先生仰るに、『よいヨ』とそ。

 若い人は、『こて、めん、どう』という。これを、日常
生活に取り入れるという。この若い人という、仕事をしていて、
『こて』という。『仕事は、こて』ともいう。これを聞き、
『へぇっ』と、面食らう人という。

 さて、この言葉の効果という。よいことがつく、という。
『こてを使い、仕事をする』という。『こてを洗いなさい』
という。『剣道を見る』という。
『こて面の二段打ちでしたね』と、スポーツの話をする。
よいことがつく人である。日常生活に武道を取り入れるという。
武道の言葉の取り入れである。

 自分によいことを寄せる、よい人にめぐりあう、よい生活を
する。・・・・よい話をする。・・・
よいことが起こる準備という。よいことを、こうして
自分に引き寄せる人である。幸せになる一手段である。
『よいヨ』の教えという。
『こて』と言えば、よい話である。
若い人は言う、『剣道の竹刀を家におく』という、
竹刀を見て教えを思い起こすのである、そして、『こて』
と言う、『めん』という、『どう』という。
『剣道の面』と、『剣道の胴』と、言葉を補う人でもある。
『こて、めん、どう』という人である。
『こて』『小手先に・・・』と、人にいう、聞いた人にも、
よいことが起こるようにと、思う人である。
 先生あられあられ、若い人は、よい先生に巡り合えたと、
いう。先生への感謝をする人である。

剣道は、『こて』『めん』『どう』と、打つときに
これをいう。言わなければ、一本にならないのである。
これが、人によきに作用する剣道の一面である。
『よいことをしていますね』と、人にいわれた人である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1306大原練習1206天の下1606 PortuguesSabre 剣道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4068
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185098708

この記事へのトラックバック