2018年11月29日

卒業3404京都船旅2304古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3404京都船旅2304
古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/29、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドインナボックス
【歌詞】創郷 
先頭に小さな機械 列を組み歩む
雨降り 雨次第に強く降り続く中
軍進む 国を作る人の顔々 真摯な
眼差し 世に深草営団 伝えられ
世に伝う


 狐の天気予報。〇r1918/08/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草軍観覧兼行進】 今様(こんさま)います。
 軍ありてそ。おばゆ、手を上げられ、『トチ』なる御声。
名を『リバティ』とそ。御名ありてそ。めよありふり、せせら
降るせ。いわす、せせる、るるする、深ゆれはる。はるゆら、
おりする、ここる、これを深草営とそ。
 大機械ありてそ。自由の髪とそ。自由という、糸の髪とそ。
大機械高家(たかや)、振る弓、るそはらせという。
はんみそすそ、れれす、するゆ。めさせば、るる降るあま(雨)、
身揺れるさみはむ。せるんそ、ててるねすみそゆ。れてる弓原、
ここを、深藺草(ふかいぐさ、ふくいぐさ)とそ。るるするおりす。
けふの世、京をつくるとそ。京みや浜のおゆ、れれるそっすす。
 あたゆ、せみはむ。世は、コレルク、という。
中(ちゅう)ぜらそん、そっぷす。こっせふるれる、るるす、
そるす。これを弓降りという。世に振るうをいう。
むんれるせっぱの山、これなるを。

 小さな機械が、前へ行く。高さ10センチにも満たない
機械という。これが、隊列を組み歩いていく。その後ろ
転げながら前進していく機械の矢という。都合、兵数ごもを
いう。ごもの兵員という。
 その後ろ、中程の背という、これを中背軍という。
50センチほどの人体様の機械である。隊列を組み、手を振り
足平行に交互に歩み行く、総数、一千機という。これを、
せんばるという。一千機械の中背軍という。後、中背の宮に
住まいとそ。史に中背大兄という。我が兄という。
かの有名な古代の人である。中背軍の中佐である。

 我が将兵であるを自分という。この中佐とともに
行進したのである。はなゆ、せせるるねそそす。するれる
繰りという。

 史に、古代大和の軍として、変わり表記がされている。
我が大和し、美しである。華麗な軍ともいう、リベラル・
ハットンという。りすぼんの宮、これを記す。ゆゆゆ、という。

 後、京都がなかった頃という。陽々ヶ丘という、陽々浜の
紅葉という。古くて新しい話という。この後、我が軍による
いちいという場所に船を浮かべる。今の京都市役所前の御池
である。
 日原ふぬゆら、名をもみえという。紅葉の軍艦をいう。
京都海路という。後という、さばれま、という。京都船旅の
最初の頃である。今をいう、『旅にしあらねば』という、
中背津(なかしろつ)という、旅の中の若い人である。
芽が青い頃という。青芽の紅葉(もみじ)という。
ふふゆるらっく、これなるを。

 りすぼん記、しょぜ原、すするれれす。こるゆせっとめ。
青い芽の記(木)という。木記海回なる話とそ。

 世に書くをいう。原子書くという平原児である。原子を
路という。小さな将兵が通った道という、この道添えに
原子核炉という。

 小さな5センチにも満たない機械である。原子炉枢要と
いう話である。原子炉という炉を作ることという。炉路と
いう、ろろ降る雨という、原子炉の中のことという。
深草営、今なる話である。明示威信のことという。
原子炉の機械という。機械という、世は機械の世である。

 深草軍団、この軍が行進したという、りすぼん羽織の
文人という。史に、日出葦という、大きな20メートル
程の機械である。この道を師団街道という。名残り道
という。伏見には、軍道がたくさんある現今である。
歴史街道へ行く若い人という。青い芽を見る目は
赤映りという、紅葉が映った瞳である。青い芽の講義
という。はなゆな、おおせ、せらす、ふみゆ。

 その頃である。先生という、大洋の山という。
先生序という話という。先生女という自由の女髪である。
トチといわれたおばである。自由の女神という、自由の
女神の髪をいう。御髪という大髪である。

 持友の行進、この行進を指揮されるおばという、
ニューヨークのお歩みという。りすぼん羽織という。
十二単の着物という。機械の着物である。
世は変わらず、人になったという、青い祭りという。
青い芽の頃の紅葉という、過ぎ去った過去、めぐり来る
春をいう。中背の見とそ。これを観覧という。中背の
夢という。

 中背大兄という、中大兄という、我が大和朝庭という、
清め給う箒という。箒の歌という。百姓一揆のかどで掃き
という。筵を一気に掃いたという、箒という、たうとい
話である。たうとい、たふとい、田である。これを、
とうと、という。田を尊ぶ百姓という。百姓一揆という
一期である。田植えの期、刈り入れの期、一斉に繰り出す
百姓という。これをほうきという。蜂起という。
百姓の一斉くりだしを蜂起という、その一期である。
春秋という頃という。

 乱暴者という、時かまわずに、繰り出してくる
箒片手の乱暴掃きという、サングラスという目覆い
黒眼鏡とそ。
 サングラスをして掃き掃除をする人という、観覧
兼行進である。健康の人のすることである。

 健康を謳歌する、昔より偉大な更新という、体
チェックである。退化の更新という、退化の改新と
いう、青い芽の御意見という。
 大和し美し頃である。改新の更新という、行進とも。
紅葉を尊ぶ人である。紅葉見学、更なり。

 青い芽を期す文という。
 
 あの紅葉は年越して青くなる、更新という。
史に、大化の改新という、青い芽の健康論という。
りすぼん羽織という革命論である。革命という、
命を尊ぶことである。革命論的意見という。
歴史は、カウイウヨウニ、見るものである。

 大勢でたむろする場合は、一班に一本、
箒くらいは持っとくものである。隠し武器などと、
法規が目をむく話である。
 
//□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□

Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1304大原練習1204天の下1604 PortuguesGramaProfunda 深い草(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4048
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185096668

この記事へのトラックバック