2018年11月28日

卒業3403京都船旅2303古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3403京都船旅2303
古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/28、柳晴
     創曲、楚
     造詞、楚
     監修、Mo
     訳  めん(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
見れば整列の軍隊が堂々行進
雨に歩む日は大きな隊長の機械
静かに見てる 前に私が見ている
深草強者が世を見、世を作る
連隊の日々や


 狐の天気予報。〇r1918/08/23
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【深草連隊】 今様(こんさま)いまら。
 機械ゆ、ありてあり。我が大臣ゆ、機械なり。すすられ
ゆふ、あまぬ日、連隊よ、すすゆすすゆ。あま降りるせ、
ぬららせるす。
 国を作るを、作国という。後という、めらるという。
軍隊ありてすすらゆ、せむす、あま。雨の日の行進と
いう。
 おじるぜぜらる原、ぬかるふるす。ここを、深つ草
という。草深きとことそ。ところをとことそ。みゆら
れはまぬ、こくれせるゆ。見ゆせはむれら、すめつ
宮ふら、深草の宮、連隊のみそ、という。
 機械を見る。機械連隊の行進という。機械ゆ、我がを
見たり。機械のおじという。機会に育てられて日々である。
深く露ふ。これをとそ。
 深草の連隊という。出陣の日という。作国れーすという。
雨降りる降り、えらるへへるる。振りつ降りる。
 雨の中、泥の中、強者は征く。一糸乱れぬ行進という。
我がゆ、礼を持ち、これを拝謁す。動かざること、石の如し。
雨の中を征く、出征兵士という。一人一人、真顔に、真剣
ありる見ゆ。我、礼を尽くす。動かざること、石なり。
顔、手、足、微動だにせず。出征兵士を送る我が礼である。
 雨の中、共にぬれたり。家族ありてゆ、機械の家族ありる。
我が機械帝国の御兵である。皆、我がおじである。一人ゆ、
一人ゆ、国ゆ興すを口に唱う。戦車ゆ、守りあり。戦車に
乗る兵のつわ、カーキー色の軍服である。機械の兵なる。
 我が帝国軍人である。我、見たりたり。兵や乗る、
乗りたり。『コールク』という言葉が聞こえる。
 皆、乗りたり。
 これ、大日本帝国という。りすぼん・かーるせ、という。
兵、進みに進む。戦車行きたり。はるゆ、せふる。
国を作る、作国軍である。戦車砲上げ、つつす、つるゆ。
ありす。我、作るをいう。国を作る人という。作国人コロホ
ゆゆ。コロらる日々、これにる。
 深草ゆ、今に名を残す、ここを、師団という。軍道という。
今ゆ春ゆ。春の軍とそ。ありるありる。ありすすするる。
我が生きに生きたり。軍を見るをいう。師団長来たり。
大人である。高さ十メートルを超す、背丈である。
 家に迎え入りたり。我に、教えあり。『コル、ルルファ』、
お声なり。我がゆ、ありふありる。ありすすする。ここを、
進むという。シンという。行き進む、おゆれふ、という。
家より大きな軍隊長である。深草の行進の時の軍隊の
大臣である。国ゆ、我が手にありる。日々ありて、国ありる。
せるせつゆ、こゆふるあま、するす、ててふ。すむるるおるふ。
 ゆか降りありる。すめるる、はなゆ、せせるうるす。我が身、
我が花ゆ。
 深くさなつくかしら、ありせ、ありる、礼取る我が姿。
うりすはるる。ゆゆすれるす。これを、深草軍耗という。
のち、軍の規範になる。エノル・ユッキ、これなるを。
エノラ・ゲイ、これするるるふ。
 空に旋回の機あり。名を、ボッスという。
空挺団、これにる。大日本帝国、我が名である。
好機、むさの日。大日本帝国の好機である。
 明くるむしの日、斑鳩の里軍来たりてぞ。言いたり。
『参観、なお、山ありてゆゆす』とそ。これ、紀にいう。
参観長の言いである。
ゆゆすゆゆす。
 おりらんかんの葉、これを代(ヨ)という。代(ヨ)山大官白
この山のお露である。
 白き漉き、みどるややす。これろっつ。路露(ろつゆ)という。
 日本帝国お書き、これなるを。明日より治むきゆれ、という。
 となふ。獏陸をむという。むなる帝祖という。
 かどを履く記である。箒を持って、我が前を履き清める意とそ。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1303大原練習1203天の下1603 PortuguesMarchingArmy 軍行進(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4038
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/23柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185087475

この記事へのトラックバック