2018年11月26日

卒業3401京都船旅2301古譜1301大原練習1201天の下1601 PortuguesBeach 場の浜(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3401京都船旅2301
古譜1301大原練習1201天の下1601 PortuguesBeach 場の浜(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/26、柳晴
     創曲、Aguia Azul
     造詞、Gurisayama
     監修、岩里朋子
     訳  イルカ漁師(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Portugal lucky Orchestra
【場所】rock mountain
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AHarmony Assistant  Myriad 自動作曲使用
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/08/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【waontukuri】
 エクセルででてきたままで、音符を上下させました。
表に、Bdimという和音があります。
 これで、ホ短調の曲をつくります 。
曲の進行が、I、IV、V、 Em、Am、Bmであります。
Bdimを表で使います。このままにすれば、
ホ短調にはなりませんので、楽譜のソフトで
調合に、#1つをつけてホ短調にします。
Bdim シレファが、Bm シレファ#になります。
移調になります。ソフトにより、#、♮がでた場合は、
削除する。OKです。
 ほんの少し、音符をかえています。

【先生】
 先生ゆ、おいられ、あゆれるふふす、れれすそすゆ。
こるけ、せむれ、ろろす、はむるれんそ。これを、とぞ。
はるゆかる、あなたふと、せるる、けれる。るるす、るるふ。
これなるを。我がゆ、せむるするす。ろろすけるけ、
むゆすせってす。ろんくるの山、これゆとそ。
 音楽をする日に思う。先生の有難きとや、ありる。
ふふるせすゆ、これをめやらとそ。はずゆり、
おふてるめる、数そす、れくす、すれす、ろろす、てむる。
これを、ゆま、という。先生の有難きをいう。
 いつゆ、ざるす、せめれ、ろろす(ろろふ、とも)。
れむれる、おすゆ、これ、ゆゆなるを。
 我がゆ、せまら、これゆるすみす。
そすゆすれっつす。なおやら、ふむるるるす。れるれる
丘ゆ、丘ありてそ、丘山あゆる、れてす。
 そめゆる、ふふる、せんてす。これを、ゆゆむそむ、
とそ。
 丘に行く日の山という。丘家、ありてふ、なつくややや。
懐かしくありる、せるす、すむす。丘山こうる、せむれ、
そそふ、これゆら、れてほ、むむれ、夢す。ゆ夢、これゆら、
ありるる、ろろす、ろろふ、ろくれ、ふふる。
 丘へ行き楽しかった頃という。水を得た魚という。
楽しき山らら、という。長丘山ありてゆ、ここす、長柄山
のふるる里、ここを、長柄(ながら)という。後とそ、長
丘という。今の長丘とそ。後、長屋という、これを、越えて
長岡という。
 古く、不二津藁やら、という。後、不二原という。後、
長山という、後、藤山という(不二山とも)。後、長岡不二流
(ながおかふじる)という。今、長岡とそ。長岡京のこととそ。
ふんみる山のお書きとそ。
 長岡の地、ありてそ。ゆゆらるせめれ。ここを、ふじんび、
という。びんつるの山という。今山のはなく、という。今の
長岡のゆらという。めめむすめす、と。めすてめ、ともいう。
【藤原京】
 我がゆ、幼少という。その頃にいた話と 。長丘の前の
藤原京の頃である。長丘天神ない頃という。今はある、長
岡の天神宮という。はなゆなのえ、という。ここを、
ゆむれるこんれる、という。西暦紀元という、ゆや八百
という。八千の山のお書きという。長岡のはなれるかゆれ、
という。
 楽しい長岡の頃である。若き人の歌うか、という。歌う歌
である。
 あまだれ寒村とい、長岡の呼びである。内田もっこく、
ともいう。れむんすの家という。わーれるすーるーの、
かゆふれ、という 。歌山のお書きとそ。
 なむ山、これにる、鼻やら、ゆゆてす、そるる、せるれ、
おいらる先生、おありあり_る_ふるる、せれる。これを、
なんみ、という。なんそ山お書き、これという。
 我がゆ、せるる、るるす。めめるろるほ、れれて
ろっこす。ろろほ、すれ、すれずるゆゆる。せれる
むすせ。むむす山の世、山を岡とそ。
 岡れらの山、ううれ山や、これよる、よるよるの絵
という。
 我が楽しき頃の文である。今をとそ、かえるやら。
かやら山、ありるゆ、ありせる、すする、るみふる山
という。岡の見の文とそ。山手山のお書きとそ。
 藤つ山やら、これをすむすという。すむす山と
いう。長岡れる、長岡京という。先の後である。
藤津の山、金談(きんたん)の山とそ。
 今ゆ、天王埼とそ。天王山の埼である。これを、
拝む話という。幼少の頃の私という。
【天王山】
 京より拝む天王山という。見えない日という。
山が見えなかった、我が家の裏の家という。我が家
裏の渡しの地という、山拝みの地である。
私がいる所を家という。我が立つ地である。
 懐かしき花、ありるありす、ありせら、
ふふる、そすゆ。昔ゆ、なつくゆ。いちす、そろす。
【筆山】
 筆を山という。長岡京の賦での御祭りという。
筆山ともいう。長岡天神にある話という。懐か
しき限り、胸や、あるす、ゆゆれ、ろむす。たまゆら、
はなる夢、これを、流れ花という。
 長岡に花をいう。花れれ、という。花を手向ける
京の地の歌という。和音の歌という。歌花を手向ける
我が世のたのるふむる、という。楽しきにやありす文
とそ。
 楽しい頃の歌である。
 先生ゆ、懐かしきありすありる。おありありる先生の
御身、ありてそ。おありるふふす、我がゆ、健康ゆ、
先生の御健康を祈る文という。
【先生良き古都】
 良き先生のお蔭という、手合わし感謝す、感謝ありあり。
懐かしき友、とも。良き友ありてそ。良き良きを期す
文とそ。
 長岡ゆ、良き地なり。良き良き地、世清き地という。
我が長岡の地、今浜りりす。すれす。そそす。これを、
長岡京という。我が長岡京の形容である。
学成る、学音の地という。古く、学を楽しくという。
楽音の地、音をもる山という。音盛山の学れく、という。
 大砲を見たという。おうづつの歌である。
 長岡鼻懐かしき、長岡埼とそ。これを先という、長岡に
いた先、今という。今だ咲く音である。今田埼(こん
ださく)という。駄作誤解の、今だ、咲くである。
今駄作、話である。今だ、咲くという、妙という。
名妙の駄作である、これという。
 駄作作りに備わるソフトとそ。愛用するものである。
【ヒットラー】
 ヒトラーといわれた読者が、『駄作はなし』と言うた
ことという。かまされた駄作者である。
 駄作者脳は分かるという人等である。頭がパーッと
なったという、駄作者である。これが、世の常である。
頭の良い人は、たくさん、この世の中にいる子子と言う。
 私の文は、パーなる文である。ヒトラー、ノーという
脳である。どうしようという、この文の行き先、分からん
文である。パー、ノー文である。
 パーの文である。パーの脳である。
『わが友をヒットラーという。』『パーか、お前』といわ
れる。良き友の住む地である。どうしよう、えらいことを
言うたという。パー脳という、良きに良きにと願う話とそ。
 長岡のパーはどんなパーやと、いえないことという。
 天神さんのお言葉という、長岡フアーレルという、
パーレルブーズーという、苦しい言い訳である。
パーなる人であるという、我が脳である。頭の良い人は
たくさんいる。友をパーという、フアーレルファン
ファーという、ファインの話という。パインという
古語である。パインの友という、頭がパなる話という。
パイン脳という。良い頭をいう。そういう地である。
古く、藤をパという、バインとそ。
 良い所である、長岡とそ。私の好きな所である。
昔おもほ文という。今様に、昔思ほゆ文とそ。
【波能】
波能という、脳波の古語とも。これを、ファーレルという、
パーレルとも。パイン脳という脳波の形という。良い波
という。れむという。これを、パーレルという、ファー
レルである。ファインということという。このまま、
英語のファインである。パインという、昔の言いである。
パーである話という。駄作者のことという。
パーレルブーズーのようなし、という話とそ。
後述。
Mr. Atom Lucky Ager, "Portugal report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1301大原練習1201天の下1601 PortuguesDon 亀山数服(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3




-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou4018
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/21柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185076899

この記事へのトラックバック