2018年11月15日

卒業3386京都船旅2286古譜1286大原練習1186天の下1586 Portugal セウタ橋(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3386京都船旅2286
古譜1286大原練習1186天の下1586 Portugal セウタ橋(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/15、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
海を渡れば 橋が降り来る 虹の様
箸が架かった空に浮橋 歩けば下に
波が渦巻いて行き帰る船が下に 手を
振る時は旗がゆれ セウタの空中
橋が浮いてる
  砂嘴が浮いてるように見えてる
  青い橋 モロッコへ架かり 橋の中
  行く人が挨拶すればクジラが尾上げ
  見せる ジブラルタル岩山から鷹が
  飛ぶ 大きな嘴 もろこ魚を食べ
海にトビウオ渡る地と 船人のい海
狭間には常に住まう地 魚の住まいは
ここと鷹狩も指をさす く国に住まう
人々立ち話には 花売り花買い渡る
海の虹


 狐の天気予報。〇r1918/08/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【ポルトガル】
 ジプラルタルから、セウタへ橋が架かる。天の浮橋という。
天の岩戸の住人が見たという。ここにも岩山に住む人がいる。
鷹とくらしているという。こよなく音楽を好く人である。
 若い人がいう、『私も岩の家に住んでおります』と。
『鳥という一緒に歌を歌っています』とも、いう。天照す
大海でも歌った人である。天照大御という人である
 『どちらにも住んだことがある』という、虹の橋を
渡った人である。
 京の屋根飾りの鍾馗(しょうき)でもあるともいう。
天の浮橋を渡る人である、世間を渡る若い人である。
鍾馗(しょうき)になって渡りますとも、いう。両岸が見えて
いたという。青い砂漠を空から見た人とそ。鍾馗(しょうき)
の話という。虹が上と下に架かっていた時とそ。二重橋の
天の浮橋である。真ん中の橋を渡ったという、鍾馗の
人である。一休みしながら渡った人である。
小林豊、記
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■
Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1286大原練習1186天の下1586 Portugal セウタ橋(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3




-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3868
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/10柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184951287

この記事へのトラックバック