2018年11月13日

卒業3384京都船旅2284古譜1284大原練習1184天の下1584 MorrocoHighWay 高山道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3384京都船旅2284
古譜1284大原練習1184天の下1584 MorrocoHighWay 高山道(壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/13、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Awaontukuri2ver002.xlsx より
【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/08/08
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【高山歩き】
 たよ春のうという。たよ春の双都と書き、これをそう
きょうと読み、呼ぶ。これをさもひみという。花よみの
おいぞという。このいきの屋をろという。ろうふるという。
これを、たかみふる、という。山そのかわれる、という。
みふるみふ、という。みんみすのゆいふり、という。
高山う、という。この『う』が兎を表す。うさ山のふりるり、
という。京をといふるという。この『といふる』の『と』を
みたれまという。みんとくのゆみ山という。書きをほみという。
後、本見という。本見のふぬゆぬという。みぶやまの
おかきという。
 手を後ろへ引くとそ。両手を後ろへ降って歩く。
これが、たかほにという、いっぱしという歩き方という。
あんぴるのゆみゆるという。あせみとも。
 幕府の役人の歩き方で、こっぱ役人と。こはまともいう。
こしほりともいう。これをこみ山という。
幕府の山のお書きという。ばくせむの丘という。これを
きゅうふとそ。これの名の山という。きゅうふ山という。
これを名祖という。名宮のお書きという。後、名則という。
後、名佐という。名前をふという。これが、歩く時の姿の名宮
という。古いはゆれむという。ゆれよるのうか、という
田山のいるという。たみすのゆみれるという。
 手を後ろへ引く歩きをとるという。とるみやという。
歩き方をいう。とるみや歩きという。この歩きのはゆをめ
とそ。高山のわまふむという。われふるのふるゆという。
これを、めいゆという。めいそともいう。めいそ山のお書き
という。
 自分を京という、都という。これを双歩という。双歩の言い
が、自部を京といい、きょう(都)という。これを、きょう
きょうという。京都の言葉の出来という。一由来です。
一まむの丘のお書きという。
 高山歩きというきょうきよう歩きである。高山へ行って
やる話という。蝮が出てくる話とそ。蝮を尊ぶ歩きという。
高山の役のうつうつという。うつ山のお書きという。
 高山みむ話という。みむという蝮のことという。蝮が
 首をもたげている姿という。蝮山お書き、これとそ。
後略。
たまに、やればよい話という。
Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1284大原練習1184天の下1584 MorrocoHighWay 高山道(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3848
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/08柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184931716

この記事へのトラックバック