2018年11月07日

卒業3377京都船旅2277古譜1277大原練習1177天の下1577 文だけ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

 文だけ


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3377京都船旅2277
古譜1277大原練習1177天の下1577 MorrocoRabat ラバト 名差大陸 BOTUCON (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/07、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社

【歌詞】創郷 


 狐の天気予報。〇r1918/08/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

 sotu3375の書きで、孔子廟という、逆城という、これで、逆城に
格子廟を祭るということになる。
 古く、聖徳太子像という。この像の足に廟があるという。
そういうことになる。びばれらという、像の造りとそ。
びんぱらべえという、像の造りである。やともいう。
やむる、やむ、やむせる、やむせら、とも。
 像をこという。これを、みいするという。みれら、ともいう。
古く、みいら、ともいう。みせ原のゆま、という。
ベールレレンズの山という。
 歩くという。あるする_あるほ、という。あるめる、あるめら、
という。城を移動する、これを、じょっとくという。じょみともいう。
じぇらじぇらという。じぇみそともいう。じょりはるの山という。
これを、じょじょはるという。じょじょという。この、じょじょを、
たくみるという、たくみという。これを、じょみはむ、じょみえら、
じょみとそ。
 城が歩くと言い表す、擬人という。言葉の使用の擬人法という。
この城を(擬人法で使われた城という言葉)、少女という。これを、
こうなご言いという。こうなごの言いが、漁師になる、魚の言葉
ともいう。こうなご(小女子)という魚とそ。
 これを、小さい子にとる時を、ななふるという、ななつだちと
いう、なめ山という。
 聖徳太子の七つの時の像に、これが、いずれるという。
これで、聖徳太子像の七歳児の時の像に、美容があることとそ。
 このいずれるを、いずちという。後、知恵いず、とそ。
(忠臣蔵の知恵いず、伊豆守である)
 孔子廟を建てるという時に、逆城の意が入る。孔子を、みつゆ、
という。この孔子が、ひをまという、その時の、ひという。
 日本をひという、ひの国という。これを、まのこるという。
ひのこるという。まの国という。ひまの言いという。
 ひがゆれたという、これをめずという。城を逆にすることを、
逆ごく、という。地揺れという、これを、拝すこととそ。
地震を拝むこととそ。これが、しゅう浜という、後、しゅうめ
という。後、しゅうるという。しゅう花の絵という。
しゅうるりあの、しゅうららという。ららむ_さめむみ、
という。
【ひそけまふ】
 ひそけまふという、ひそとそ。日祖。これを、にっぱらという。
ひびゆら_る_ふりやら、という。えみしけらという。えみ山とも
いう。これが、地震を置く、大陸という。地震が大陸に出るをいう。
『日本がありやった』という。ありるらという。
 日本が右(地図の右)をもっと大きくとっていた状態という。
日本が大きかった話という。日本の太平洋岸が、八丈島あたりまで
あったことという。これをむという。む大陸という。むうという。
 この時、ひよ原という日本のことである。豊芦という、ひよとそ。
豊芦という、ひよという、ひ鳥という、豊芦のひよみ、という。
これを、しょという。初めをしょという時の、とよひという。
これが、とよひのもという。とよひ国という。豊芦原の国という。
とよの国という。これを、八分(はっぷん)という、はちほともいう。
隷書のはっぷん(八分)の書という、この書体のはりれという。
書体をはりれという。これが、時の日本の状という。日本状の
話という。聖徳太子の頃に、この状態であった日本とそ。
 これの表しが、聖徳太子像の子供の時の像である。足の
中に廟があるという話とそ。穴穂という造りである。
穴穂造りという、像の中にものを入れる造りという。
 むれ原ゆり浜という。ぺという、べのことで、穴穂造りで
べと言えば、像を意味する、また、象の中に埋められた
ものをいう。『これをペランという、ペーラマという。』
 この解(『』内)に、うそをいう。これを、ぺぺ川という。
ペラべラという。ペラレルという。これが、うそを規定する
言葉である。この時に正語という。しょうようをいう。
しょうろの手という。これを、しようろという。うそは
うそという言葉が出る。これが、正語の使いという。
 自分がうそをいう、間違いを使うという、この時に
正語という、やなぎという、これを使う話という。
間違いを正す話という、質すという。うその矢という。
 ブットという、びみ浜という。びるせると。びそという。
かて山という。しだるきとそ。しだの字と。しだの矢の山という。
しだら文字という、この文字がその期の文字である。
平仮名も片仮名もあった頃という。聖徳の中という、像の中に
これがある。聖徳太子というければらという、けっせるふるに
これをいう、むみ山のふるゆるという、めてゆてのはるれ、という。
これが、はるれのはれ、である。フレーハンルラという。ブレキとそ。
ブレーキのことである。自動運転で、ハンドルがない車という。
大和朝廷の乗り物である。電波は大和朝廷で使われていたのである。
これを実という、小説の中での事実、現実である。これを現実
という、歌の記という、歌の期という。和歌を歌という。
これを歌うことを、和という。かず山ともいう。大和朝廷の歌
は、和歌を巨という。巨遣りという。これを卒という。
卒を歌という。卒歌という。この卒歌の意とそ。そつと書かれて
いた話という。卒巨という。そっきょるという、歌のことである。
和歌をいう時に、和歌以外も歌という、歌の話という。
 卒歌という。そっきょらという。そっきょらの意とそ。
そっきょるのことである。そっきょらともいう、そっきょるともいう。
歌一般のことをいう。
 卒巨歌という、そっこすとそ。そっこという、そっこる、そっこら
という。この、『そっこら』の『け』という。そっこらけという。
きんだるめばるという。そっこらけの地玉という。
 恐竜をそっこという。この恐竜という、じという。
あざともいう。恐竜をあざという。字と書く。恐竜がいる
話という。八丈島まであった陸地という。陥没した地という。
はんがんという。八条はんがんという。八の字状に開いていた
大八島という。日本の穴木地という。はち木という。
これを植わるゆらという。きちに植わったという。八状
ろっこという。八状島という。大八島の別名である。
ここわ、木地という。これを基地という、元の地である。
もとちの山という。この基地には、あのオスプレーがある。
古代大和朝廷軍という。この大和は、遥か彼方のニューヨーク
の御叔母の放たれる光を受ける基地である。御叔母の御指揮
という、若い人の軍人姿である。沖縄という八丈島という。
南の方の琉球にも、小母の指揮は及ぶのである。ルという字
の恰好である。二つの沖縄という。日本足のきょうるとそ。
グアムという、あの辺りは小母の指揮下である。あのあたり
という。米がなる実の、青い米という、陸穂の稲がある。
これを推理という、水辺(みなべ)の、ようくる、という。
 オストモンデーという、オストマンのオストアンデー
である。おすとも山という。八丈島の山の名という。
 ここに、あのおすと饅頭がある。オストアンデール
という。今の饅頭の皮という。饅頭川が流れている
八丈島とそ。
 国会の急場という。これを、八九条(はっくじょう)
急いで上がるオストプレーである。国会という、苦情の
場ではない話である。
 オストプレーというオストの絵と。饅頭の話である。
卑しい人であったという、饅頭盗りという、これが鳥
である。饅頭盗りという鳥がいる。人の言葉を喋る
鳥という。オームという、インコという、・・・
みな、饅頭プレーである。国会論をいう。饅頭プレーという。
この期の、饅頭という、饅頭機という、飛行機である。
頭に丸いものをつけた飛行機という。饅頭機である。
オストプレーという話である。
 あの日の饅頭という、三笠の饅頭である。三笠機とそ。
三段重ねの丸い飛行機の上の物という。三笠饅頭という。
三笠機という、この日の、大八島国である。協議の大
八島という。
 伊豆半島から下の八丈島まである陸上の稲という、饅頭機
という。ここの大八島である。オストマンデーという。
おかとも山のお書きという。青い稲の米の出という。今も
出ている話という。青い米である。海中ビル農作という。
上からは、なかなか見られないとそ。海中に沈んだビル
という。沖縄という、ビル沈めの階段という。
 オス上がりという、オスト上がりとも。斜めに上がっていく
飛行機という。あれで、悪気流につっこむという。旅客機と
いう。悪気流が出るかという。オストの勘定という。悪気流に
旅客機で入るという、若い人という。この出会いという、デー
という。悪気流門道である。気流図のことという。
飛行機はここを酒て飛ぶのである。悪気流はいつでるか。
この会いの計算、勘定という。オスト門算という。
秋残りの算数である。旅行に行けばあるとは限らない。
現れる時を計算する、これを、デートルという。デートル
算という。
 八丈島の原人の計算である。八丈算という。レーゾン・
デートル算とそ。オストアンの山という。気流にでくわす
算という。饅頭を食べて計算という、そういう計算である。
卑しい人の頭の計算である。算数を食べ物でする。計算を
食事中という。オストアンデール人である。ネアンモの話とそ。
 ネアンデルタール人という八丈島の人である。グァムの米穀
という、青い米の食べという。空食の人である。
 空襲のお書きという。
 聖徳大使の頃には、やくさのかばね(八色の姓)という、八色
冠という。青飯食らいという。位取りの算盤という。オスト暗算
という。片落とし、両落としの、桁駒の入れ省きである、算盤の
ことをいう。青飯算という、算盤の算である。
 虹に重なる虹という。二重の虹が出るところという。大空算の
空という。この計算の出という。これをレマという。会ううように
いかなければ、会えない。空のからの、計算である。
 両落とし、片落としという、ドーンと落ちた飛行機である、気流の
運びという、怖い話という。垂直降下気流とそ。旅客機で入るという、
これも計算する話という、空算という。そらさんの、そらさない
話である。聖徳算とそ。
 中略
昨今は、原子時計を使う日の測りとそ。原子炉の中、うとる話という。
後ろをううしろという。ううすという。うしろの城という。原子閣
という城の原という。ここに立つ天子は天守閣である。尼子という
人である。小さい子供をあまごと、天子、尼子と書く。この尼子は
原子をいう。原子核という、城の一点をいう。原子核という。

『じょじょわな、じょじょわな、わっせら、るるはる』という。

 双今日の良い時、正時を終えた時、よい夢を御覧
くださいませ。
 
書き人ゆ、はるれら、よみせら、ふふるる
そてさや、ろふれる、るるほる、むむれ、これよる、
ひひ、ありゆありゆ。
 やなぎ時、ありてそ、そわゆ。
 ゆめゆめ、ゆるゆ、ゆめゆるゆ。
 あるはられ、そそゆ、せるす、そわんず。
 
□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■□□□□■

Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1277大原練習1177天の下1577 MorrocoRabat ラバト 名差大陸 BOTUCON (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/02柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184889987

この記事へのトラックバック