2018年11月06日

卒業3376京都船旅2276古譜1276大原練習1176天の下1576 MorrocoRabat ラバト 名差大陸2 BOTUCON2(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3376京都船旅2276
古譜1276大原練習1176天の下1576 MorrocoRabat ラバト 名差大陸2 BOTUCON2 (壮強太陽)



wmaファイル
鳴恭川世讃歌)
【創曲】2018/11/06、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  A旋律部 エクセル自作、和音からの自動作曲100%
【歌詞】創郷 
めらめらと砂漠に太陽が顔を出した
紺碧の 青い顔 光矢を放つと近づいて
砂漠一帯を覆う 上を向けば太陽が青い
空になったと 遠く蜃気楼が見えている
風なびく町並み
  青く燃え 太陽の下 砂漠横断の陽
  太陽が動いてた 空の角を開けた
  歩いては砂漠の岩の家へ着いた
  船は天の岩戸前 尾振る獅子と
  中へ 火打石 音響く 火を興す
  古宮
土高く地に聳え いくつもの青い槍の
林様 腰掛けて獅子も傍の岩の壁を見る
飲むコーヒー 獅子に餌を遣る ひんやりと
した風に 尾の毛を立て中をのっしのっし
見て回る スフィンクスの古都


 狐の天気予報。〇r1918/08/01
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

controller2、vallue50 モジュレーションです。
midフアイルがにリンクが張ってあります。リンクをクリックしますと、
コンピューターに当初から備え付けのソフトで再生されます。
音源は、マイクロソフトの音源です。
wmaフアイルは、Music Score の音源 です。

【エクセルによる】
 エクセルで、プログラムみたいなものを組んで、作りました。
下手な手を加えずに、出てきたままです。使用和音は、Am、Dm、Em
です。この和音で、旋律を作り、改めて、和音をソフトの自動
コード機能でつけました。出てきたままです。
【京都大山陥没】
 京都市が山であった頃、京都の大山が陥没して、今の京都になり、
後に、アフリカが別れたことで、4、5日、前のことであります。
後、京都が水浸かりになったことであります。この頃に船旅を
する若い人という。今のうちに、しておこうという人であります。
 大船が京都に浮かんでいた頃であります。この期に城を建てる
という、岩がゴロゴロ流れていた今日の町という。東山、西山の
天辺まで水があった頃のことです。その記録が歌で残され
ているという。
 駄作家の歌で、4、5日前の凄かったこと、一連駄作では、
描ききれない光景という、若い人が聞かされた話である。
ヘ音部は大地の揺れで、ト音部は大地にあるものの揺れである
という。
【楽譜】
 ト音部だけの楽譜という。sotu3375の歌という。あの
楽譜の見方である。下の方のドレミは大地の揺れであり、
高いドから上が山の上下という。山が浮き上がり、落ち、
それを繰り返したという。そういうように上下にも
大地が別れたという。地球が回転をやめた頃である。
時折、耳に残っているという、大きな岩と岩がぶつかりあい
閃光が光ったという、これも、駄作のFlash Jazzに
書かれている。
 後、地球が回り始め、地球回転記念日の歌も作って
おいたという駄作家言である。激動の大地という、
そんな日々を、過ぎゆききたるという、今である。
http://akinokori.sblo.jp/article/78683423.html
 夥しい駄作のデータベースである。それに
よらなければ、その頃のことはわからないのである。 

Mr. Atom Lucky Ager, "A.A. report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1276大原練習1176天の下1576 MorrocoRabat ラバト 名差大陸 BOTUCON (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3768
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/08/01柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184882397

この記事へのトラックバック