2018年11月04日

卒業3374京都船旅2274古譜1274大原練習1174天の下1574 MorrocoRabat ラバト (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3374京都船旅2274
古譜1274大原練習1174天の下1574 MorrocoRabat ラバト (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/04、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
AHarmonyAssiatant 自動作曲使用
【歌詞】創郷 
柳が半分 桜半分 町づくり 健康と安全
手に入れ歩く 道挟んで向うは桜が青く
 咲いて海から吹く風 汽笛ボーと鳴り
遠い町へ行くかしら
  近寄り見るさくらんぼ 幹は青く
  雲かかり 手を伸ばせば陽の百合
  花が咲く ライオン花の薗 連れてる
  ヤギの目から涙流れ鳴く 父母を思い
  古巣思い鳴くかしら


 狐の天気予報。〇r1918/07/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

 アメリカの軍隊に柳を、安全と健康を。それには、柳!!
 
【アメリ】

 アメリの国という。今の、アメリカのフロリダ辺りで、
フロルの海という。南米がなかった頃である。アフリカと
南米がくっついていた頃とそ。南米とアフリカと、そこに
南北に走る細い川がある、それを境界に南米がわかれて
いった話という。この頃である。喜望峰に高い塔が
あったという、川向うの本岬に々ような高い塔があった。
 今もその高い塔がある。ホーン・ロンドという。
希望っ辺(きぼうっぺ)という、高い塔をネヒュー川という。
ヒューメ塔という。
 このヒューメをはっつるという。はれす、ともいう。
みみよのおいたくという。とうせる山のお書きゆきゆきとそ。
 山が雨のように降った頃とそ。一週間かかって、フロルの
南へついた大陸という。いまの南北の継ぎ目がなかった頃とそ。
後、地が浮き上がり、今の南北のアメリカの繋ぎになったという。
ホンジュというジュッペの地という。しっさつともいう。
じみやみとそ。その頃である。
 一時、南の地とそ。これが北上したことの言いの残りという。
じっぺがそうである。ヒューという、場所の辺りにこれを残す
という。もっと北上し、今のニューヨーク辺りまで、その頭を
つけてきたとそ。ここをヒューという。ヒューラムという。
アトランスという、アトランセとそ。アトランティスの山という。
 この大陸にノラという、ノモという、ノーシバという、
ネネルという、えそのめるれるという、これをいたちらと
いう。鼬がいた話という。これが南下をした、ヒューハッパル
のプッペという。南下をして今の地に留まる、後、ホンジュが
浮き上がる地の動きという。
 この日、地球は回ったとそ。地球が回り、地が上がり繋
がった話という。このアタリカから離れていく日、地球は
止まっていた話という。これを、みっつという。みつれつという。
後、山が浮き上がり、剥離という、地表がはがれたようにいう、
これを、ぶべらくという。ぶっすという。ぶみともいう。
あってれーすと。山らるの丘と。地球が止まっていて、大陸が
離れ、違う大島の南へ着いたことという。違う大島とそ、今の
アメリルという、アメリカの来たである。来たアメリカという。
 これをアメリ風という。アメリカの島の言いという。
ヒューハルともいう。ヒューレルパックという。ヒュッス
ともいう。一週間ほどの行程という。このアフリカ西半分の
今の南米をヘッスという。アフリカと合わせてぽくゆりという。
ぼっく、ぼっぽくという。今様にボッポク大陸という。
ボッポク大陸西半分の旅行記である。
 【アトランティス】
 消えたアトランティスという。アットレールのゆふけむという。
これの言いの残りの、アットという。アット行き、という。
アット行のゆいふらるという。上下した南アメリカという。
地球が止まっていて動く頃のこととそ。ボッポクの山という。
 これをめつはるという。アフリカのやくふりという。
この山の歌という。花浮きという。ここを、行くれつ、とそ。
 後という、ナンテムという。なにんみのゆまとそ。れれす
山とそ。このれつをナンミマという。ナンソともいう。
島のことをいう、南米大陸である。
 消えたアットがめおとという。めるのことのよよふとそ。
アメリカ・ランデーという。ランデの山という。
島会いという、ランデブーという、ランドの絵の雪という。
 この山のいとという。いみそまという。いっつとそ。
アットいっつの家とそ。ここに山木がある。この山をふさるく
という、大西洋上の南米の北上した頃のことという。ふさるく
という。これをきされという。きされ宮のおゆふるという。
大陸と一緒に大海を上下した屋である。ふさるく宮という、
きされ屋、きされ宮とそ。ここをコングラという。コッシム
ともいう。コルハムともいう。ヒュー川のお絵という。
この宮をきんてという。きんてのゆり山という。くんるのゆゆす
とそ。くみはむともいう。くるれるともいう。ここの言葉とそ。
きんつ府という。後、こんごう宮という。かんしめのふるゆる
という。
 こはら山という。こりれくという。こすふすのゆまのけるゆ
とそ。おい山のせとという。
【ヘレフ、レシフェ】
 今のアフリカの地名という、南米の大西洋岸の地名のかかる
ことという。ヘレフ、レシフェとそ。これが細い川の流れの
町である。アフリカと一体であった時である。
 ギニという町という。これが、ルという、ルの掛かる地とそ。
 ギニルという、レシフェとルアンダという。これが、
対岸の町である。キニルという日に、ギニアとギという。
 これのいその服という、ダッポルという。後、ダッフル
という。なうせむのふるゆるという。いそでの山という。
 これが細い川である。レシフェ川という、対岸でルー川
という。木があたる日の頃とそ。その細い川の浜という。
浜ゆるうりという。
 この日のしっくという。しっくのふれるふふす、とそ。
しっく貝という。ここを震える地と。レシフェで、
ルアンダである。震える地の川岸町である。
 ここが、最初地が沈み浮きし始めた時とそ。これから地の
揺れが川沿いに南下していった時という。この時、山が
はがれた箱の屋という。これをフォという。遠い国のフォッサ・
マグナのフォである。フォルという地の名ともいう。
フォルタという場所である。ここを、ちんるという。後、朕流
とそ。ちんるの山のおふゆまという。言葉が同じ言葉がある。
同じ意という。同様、日本語がある。日本語が通じる場所がある。
朕のフォという。フォの言葉が々意味である。意を向かうという。
今の英語のフォーとそ。目的地をいう。ゴー、フォーという。
ゴー、フォー、ズという。ズへ行くとそ。ズが大陸の川対岸
である。
 北上した時という、これがファンツをいう、ファンダルの
津の先のみれはるという。これをはられという。はっすむの
山とそ。この日、アフとそ。アフのあふで、アウフの夢という。
アウフヘの津の辺とそ。ファンツベという場所である。これが、
アフリカの地名の移動という。地名をアフリカに置いた南米という。
 こうふの山のお書きという。ファンセルロンドの山という。
消えた大陸という、すぐに南下したなんべいの大陸である。
 これで、されさみのゆっぱという。めてはぬのこひうりとそ。
ボリのお書きという。ふろせられるのふっつとそ。ふりふる山
とそ。パッセの歌という。青い大陸の頃とそ。
 青い砂漠である。南米のボンゼラの町とそ。青い流れが
あるまよのふくるくという。
 本儒国というお書きとそ。
アメリカを美国といっていた頃。
Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1274大原練習1174天の下1574 MorrocoRabat ラバト (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3748
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/30柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184870515

この記事へのトラックバック