2018年11月03日

卒業3373京都船旅2273古譜1273大原練習1173天の下1573 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3373京都船旅2273
古譜1273大原練習1173天の下1573 MorrocoRailroadTown 線路町 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/03、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 



 狐の天気予報。〇r1918/07/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【浅野内匠頭】
 浅野内匠頭という人がいる。有名な人である。この人がいう。
切原という。はらを切るといういう。そういうて見事切ったのである。
建っている城をきりますかという。それとも、傾けてきりますかと
いう。そういうて城を切ったという。この城を白という話で、しら(白)
を切るという、しらばっくれたという、語源という。切れと言われて
おやすい御用と、切ったのである。はらを切るという。城の中に
はらがあるかという。城ではらをきりますかという。
鋤と鍬を持って地を耕した
話とそ。城の内外に原はある。と、字を言うて、白ばっくれたと
いう。
 これが問題になった話という。城の外で原をきるか、それとも
中で原を切るか。大きく問題になって、後世にも残るとか、いや、
残らんとか、一国の城の原を切るか、劇場の話である。
 この浅野長矩という人は、これを聞いて、逆城したのである。
城の中にある天守閣を城の外へ引きずり出して、逆にするという。
逆城ほとばしる人である。
この時という、外へ出して、傾城という。その後、逆にするという。
縄を掛け、ウンと力を入れて引いたという、大石力という力持ちと
いう。この人のそばにいた人である。有名な原切りである。しかと
見届けますという。このしかを恐竜という。大きな鹿である。
これが、山中鹿之助という、恐竜というるこの恐竜がたくさんいた
原とそ。
 城が傾けられ寝かせられたという、綺麗な光景を目にした
恐竜という。
 長矩という、長い矩である。いか程でござりましょうか。
この原の歴史という。あれをかぶくという。かぶきという。
その時間の測りという。これを量時という、測時という。
城を傾けることをかぶくという。かぶきという。鹿は
座って見ていた。しかと見届けたという。
 歌舞伎の話という、上演の時間の長さという。初めから
終わりまでという。その時間でやるという、歌舞伎の時間
という。
 予行演習も練習もない、ぶっつけ本番のかぶきという。
グサッと手を入れたのが胸であったという。取り出した
豆絞りの手拭を頭に締めてという、腰の草切り刀の薙刀
を大上段にふりかぶった話という。
 との、城をお切りになりますか。ほう、そうよ、見事
切ってごらんじよう、とのお言い。朝の長矩では、木は
短い木であったという。鹿山戸野という、野原の測距
という。あの影の長さはという。鹿の頭から尻であった
という。近くには祖倉という農具小屋があったという。
祖倉てっしょという、祖倉ですという、祖倉てすという
戸野の言いという。デン(殿)と座った鹿という。
横たわって寝ている形勢という、傾城と。子供を
連れて見に来ていた日である。鹿日の傾城、逆城
という。
 かぶきの長さの時間で、逆城になったかぶきという。
傾くが語源であるというかぶきのことである。
後に歌って舞う伎という。それを木という。長い木の
ことを伎という。短い木をかぶらる、かめるかという。
この二つの木を使うことという。
 長い木がよいという、これを若くして手にした若い人
という。長い木の中の短い木である。祖倉での思慮
という。ギリという、桐の軽い木という。手斧の木製と
いう。これで耕していた田んぼという。
 ギリ史という、ギリ詩という。とろいの田のヘリという。
城を逆にして生けるという、生け花、活け花という。
活花という、そういう大恐竜である。恐慌田のお書きという。
 あとは、城切りという、しら(白)を切るのである。
朝の長糸という、今様、ロープである。朝の長糸の紙
を城にからませた白装束という。白い綱という、白紙
という。
 そうして移動して、傾城綺麗という一日の一時を経て
逆城になられたという。お城という。これを顔にする
という、おしろいの話という。傾城の化粧という。
おしろいの意味である。面白いともいう。朝の長戸の
紙の劇場という。朝の長戸野河原という。長戸の紙
という。後に神と書く、四垂れの紙である。
 今様、運動会で、小旗をつけて飾る運動場という。
少し、古い今様で、櫓囲いの盆踊りの場という、そういう
種である。
 そのように城を曳いたという。天守閣である。

城を傾けた巧みな人である。後続

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1273大原練習1173天の下1573 MorrocoRailroadTown 線路町 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3738
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/29柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184853847

この記事へのトラックバック