2018年11月02日

卒業3372京都船旅2272古譜1272大原練習1172天の下1572 MorrocoSafi サフィ 壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3372京都船旅2272
古譜1272大原練習1172天の下1572 MorrocoSafi サフィ (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/11/02、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
青丹よし サフィの町の柳と桜花
家並みも青染めに人々は青好み
動物も青く鳥も青 青虫 空気青
青い地 みんなが青 花山青くして
船登れば青い時の真っ最中
  青春を過ごす町に足跡残す人
  目は青く明日語る植林と原子炉と
  時速二千キロで最南端行く人
  夢は成り高い塔見てる今に
  戻れば 置いた船そのまま
  置かれた港に青波
海底のトンネル 欧州へと繋がれて
対岸はフランスのコルゼの町 古い町
夢大きく言えばライオンが吠えると
蛇が首もたげて立ち上がった
青い巳なり青く枝 翻す吹く風の海鳴り


 狐の天気予報。〇r1918/07/28
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【戦国時代】
 若い人はいう、『朕は戦う』と。
『あの城は、天守閣が外にある』と、原子炉神社へ参拝し、
柏手高らかに、恭しく拝し、目の当りの原子炉を褒め称える。
今日もつつがなく電気が使えることを感謝する。土でできた
家へ帰り、感慨深くコンピューターを見る人である。竪穴式
住居に住んでいる人である。

 そう言って、身支度を調えた。
 思えば先年、城の建築という、着手の日は、大雨が降った
日であった。秋城という城である。秋ががやってくれば、朱鷺
が飛んでくるという、そういう時の記録という。sotu3372番地に
この記録があるという。その日は、秋(とき)の日である。
 こうして、戦いの幕は切って落とされたのである。
若い人の戦いという。身支度という、出で立ちという、
出陣である。若い人の勇ましい恰好である。戦いは、
あの城である。長靴を履き、手に鍬を、鋤を持ち、
麦わら帽子の恰好である。戦争用の衣服は、普段に掃く
ズボンと、シャツという、軽装である。これの方が
これの方が戦いよいという、手には軍手を履いている。
白い手袋である。自家用車に乗り、戦場の城を目指
したのである。若い人の言う戦場である。

 バッタバッタとなぎ倒し、切りに切り、いくら切っても
次から次へとやって来る、古い武器の釜を手に勇ましく
戦闘するのである。雑草を切り払う、足元の細木の
ような雑草も切り払う。これが戦闘である。
後、田鋤という、田をすくのである。
足もとの木、払い、田をすき給う朕である若い人という。
戦闘の一場面である。天守閣の周りの田んぼである。

 休みをとる時は、天守閣に向かい、そを拝む人である。
これを天守閣拝という。城の外にある、城の呈の天守閣で
ある。これを、一白と言う人である。二黒の山の丘の歌と
いう。黒い丘の花という。三碧の山の丘でもある。これ
からの山という。山が城の中にある話という。紅い山の
丘という。緑なす白という。四緑の畚(もっこ)という。
これを畚状という。城の形態の一つである。携帯伝送、
携帯電という。けっぽうの山とそ。
 携帯伝送装置をスマ、スミ、スメという。スメマという。
これを携行する戦陣という。戦陣傾向の出向きという。
スマの屋という。毛憩している人である。

【ハンドルのない自動車】
 戦国時代とは、かくなるような時代である。
城の周りは田んぼであり、少し離れた所にある竪穴式住居という。
自動車を駆使する人である。思えばこの自動車にも世話になって
いると、自動車にも感謝をする人である。ナビという、それを
操作しながらよく思うのである。
ハンドルのない車という、若い人の乗る自動運転の自動車で
ある。スマホという、簡易操作装置を手にもっている、これで、
自動車に令を発信するのである。自動車令という、自動車礼を
もった人である。かように自動車には礼をとる、機械の操作に
たけた若い人という。礼を欠かさない人である。点検という、
礼儀という、機械への礼儀である。かかせば危険になる、
安全を常に考える人である。自動車礼を常に持っている人である。
 点検の語源を典礼というのである。朕と言う若い人である。
『朕惟うに、我が号素、合素・・』という、語素を大切にする
人である。号素、合素という点検の手法である。朕という灰の
話という。

 そうきょう号という車に乗っている人である。天守閣に
入っていき、そこにいる馬に挨拶をする人である。馬の家という人
である。テントに入っていき、馬合いの歌を歌う人である。
テントが天守閣に掛けてあった日とそ。テントーという、馬に
礼をつくす人である。馬を点検する典礼という。医馬という典礼
検である。馬の体を見て回ることとそ。馬の屋、典守剣という。
古くに、典守権という。剣状の城を児(ル)という。ルルルという。
城双びの山添う屋という。ルの上だけを描き連ねる、歌の音の
上下という。民謡医馬という、人の歌う馬向けの歌という、
馬籠という、馬追う歌という。馬の体を目が追う医馬という。
馬の体を調べる件という。馬喰山(ばくろうやま)の人である。

 田を耕し、その一角にある原子炉へ行き、馬をいう。原子炉を
点検する手法を方という、法ともいう。手立てをして、テントを
はずした人である。天守閣を日に干すという日干の時という、
秋(とき)という。日干秋という、日干時である。電動のテントの
でんことそ。電源のいけまという。スイッという。この置きを
スイッ置という。スイッ置の山という。これの置きを、吸いと
いう。吸置という。この吸いが進むススという。スマスマの
ススという。ススマ場とそ。進む場のスイッ置を、スマミに
入れた装置という、携帯のスマホである。スマホからも、
テントをはずせることという。天守閣の日干しという。
機械を使う人という。機械を人と思い、礼をつくす人である。
機械指令をするともいう。機械を動く人という、仁と書く人
という。機械人という、仁の人である。若い仁という、朕と
いう人である。これを朕代という、古く鎮台という。
天守閣の台である。この天守閣の台を一本という、二本
という、・・・・うにの天守閣という。うにという天守
という。うにとという、城門のことをいう。うには、十本
以上もある。柱を祖と。継ぎ祖もある話という。

 四本造りの天守閣に、三本抜いて傾けるという。これを
傾城(けいじょう、けいせい)という、そういう造りの城逆
という、そうしておいて、逆さにするのである。逆様の
天守という。
 残った一本を、ぐっと伸ばしていく、そこへ石垣を
作るという、白という、城作りの一方法とそ。
逆様天守閣という、普段の天守閣という。普段という
自然様の天守であり、逆様の天守でありとそ。
これを珍ともいう。この二様を有す白という。これを
白状という、城の様である。天守閣が外にある一白状
という。

 傾城を二黒という。傾いたままの城である。これを
自統という、自塔という、自党という。この傾城を見て
綺麗という、傾城の状という。この城を譲という。
二黒譲という、こんなことをいう人である。
 地獄を見る、寝る仏像の話とも。大きな寝転んだ姿の
仏像という、この形勢を見るのである。これを地獄という
人とそ。若い人の地獄で、地にそのまま横たわる姿という。

ピクニックの山である。軽装でごろんと横になる田んぼを
しんという。しん田という。これを、えにという。死田と
表す、えにたという。
田んぼで寝転がるという、五重の塔を傾けるという、
逆さにするという、えに造りという。また、ひっくり返す
返し返しのせ、という。これを、せき(堰)とそ。ひっくり
返した石垣をもいう。

 城をひっくり返した台をしくという。しっくという。
病という。この造りの城とそ。小さいものを、廟とそ。

 孔子廟を中に入れる形勢という、逆様天守閣という。
孔子を格子状に網掛ける、これをかれみなという。
かれみなという城の中である。山々という、秋残りの
国の話という。

 駄作の恐ろしさという、城の駄作という。そういう
駄作造りの城である。城を寝かしてある状態をいう。
そういう白造りの一方法を駄作品に置く駄作家の駄作
状である。駄作傾城のお書きという。
 根城という、根白という、白い大根の話である。
大根をひっくり返して植える人である。駄作大根
という、はなし大根という話という。
 城が地下に植わった城という。根城という。
そんな城の上を歩く人である。原子炉もそういう原子炉がある。

小さくして地雷というた戦国の頃という。地雷を上から
踏めばどうなる。踏まなくても爆発はあるという。近代の話
という。科学的平奨である。平地奨とそ。

 ヒトラーが埋めたのであるという。恐い話である。『一兵、
残らずとも』という。一軒一地雷という場所という、秋残り
という言葉はない。そういう時を戦国秋という。千秋楽の話
である。若い人は中略という。話の切りで積む、石垣の一本
という、自然石を積んで柱にするねこれをひっくり返して使う
千秋来という。寄らば爆裂があるという。上空の襲来とか。
聚落の一造りである。中を置かない外周落という、環濠集落
である。そこへ行けば地雷だらけであるという。地雷屋の話
である。メーカーはどこである。地雷メーカーのソンという。
ソンの名がそれである。尊という。たくさんある名前という。
どこそこのみこととそ。あれを絵にすれば江戸時代の地雷也に
なる。

 忍法で現れる地雷也という、爆発状をいう。城には爆発と
いう。戦国時代という。明示してこれを知らせる、危険地の
往来とそ。原子炉をひっくり返して置く話という。たくさん
ある原子炉である。そこに住む秋残りの衆という。愁秋の憂い
という。幽霊の機械という。有礼である。
この文が機械の幽霊文である。
そうきょうのよい話という。有礼の双句をそうきょうという。
そうきょうの話という。そうふる山のいやとそ。家をいやという。
いや山の弥山である。双脇のわが脇という。寝転んだ姿という。
東山の火山のあった頃とそ。たくさんある東山という。もろこ岩
の山という。小さい石である。それが重なっているさざれ石の
積み重ねという。小石山の歌という。山になっていたという。
建築現場へ行けばたくさんある風景という。そこへ登れば
上から小石が落ちてくる話とそ。遊労の山という。
ころいし山とそ。


Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1272大原練習1172天の下1572 MorrocoSafi サフィ (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3728
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/28柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184847496

この記事へのトラックバック