2018年10月29日

卒業3369京都船旅2269古譜1269大原練習1169天の下1569 MorrocoWheelinDesert 砂漠の船車(車船とも) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳



馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3369京都船旅2269
古譜1269大原練習1169天の下1569 MorrocoWheelinDesert 砂漠の船車(車船とも) (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/29、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
車が回る回る 一つの前の輪が
くるくる 砂漠は雨期の頃桜植えて
向うに銀杏の木植え その向こうに柳植え
地には草 青色の草 生える 秋の日に
銀杏食べる よい祖水出て よい肥料
  砂漠に農業を興す 林業興す
  遥かな遠い国から線路をひき
  土管中に列車が走る日に駱駝を
  乗せ 牛山羊や鳥も乗せ 地を
  よぎる 南の果て 大き花
  手一杯の大き花 幸せを
  呼ぶ花と
話して人とともに生きる我が故郷
山羊には家を作りともに世を渡る
オアシスから水が湧き人々寄り
地をめでて陽に祈り捧げると
青い陽はくるくると回りに回る
夜 そよ風に星きれい。


 狐の天気予報。〇r1918/07/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

セタヂテという英語がある。
 イギリイ英語に、Coxという英語がある。これと、同時期のCockneyという、
英語という。これが、ターンturnのことを、ダウンdownという。これをメロウ
mellowという、みんたという。みんせるともいう。この時に、メルレン
フォアという。これにみったをという。みるせるのめつという。
ミルレルでゆゆすをいう。この『ミルレル』が、富山(とみやま)の
言いである。これを、コンフレーという。みってのゆゆすという。
【ホイールwheel】
 この使いに、ホイールをいう。ホイールダンという。ホイールを
回せという。このホイールの言いに、目の前の車という。
これを降ろすをいう。同時に回す回りという。これが、ハンドの
ハンセという。ハルフルレールという。
 ホイールラン・ロンズーという。車で走っていく形容という。
るぶせるのよみつゆという。えっぺの山のお書きという。
 これが、今のコックスに入ったホイール・ベースである。
この船の絵を目という。目でみるをいう。上手な絵という。
 この時の砂漠の様態という。固まった土のような砂漠という。
これで、浮くという、表現をとる、'うき'の日という。この
'うき'が翼の絵という。前図とそ。
http://akinokori.sblo.jp/archives/20181027-1.html
 ホイールダンで、ホイールをベースにする。ホイールを
ベースにつけることとそ。これの使いを、ホイール・ロンダム
という。メッツとも。ルメテとも。これの回りが、タンセラ
という。ターンスムという。タンゼルともいう。これが、今の
コックスの初期の頃という。ロンドン・ミーラーともいう。
後、この'ミーラー'は、ミイラという。後、今のミラーである。
これの回りのかかりつきという。砂漠のミイラのミラーである。
ミイラとミラーである。これを車という。
【ミラー、ミイラ】
古く、車をミラーという。ミイラともいう。
ミラーが車にかかる話という。レッテル論の話という。
ロンメルの山という。
 この'ロンメル'が、また、かかってくる。言葉のことをいう。
ロンメルが砂漠にいたという。自動車を論ずる話という。
道行く船という。この道が砂漠の道である。ロードレーハー
という。ローメルともいう。ロックルという、船の目という。
砂漠の船道である。陸路をいう。レムテという、砂漠のはつとそ。
はつれつともいう。れっつの山という。道が二つあった列である。
これが、後とそ、今の道である。対面交通の二列である。
これが、戦車のキャタピラである。一本のキャタピラの道
という。道作りがこれである。
【道、戦争】
 これを戦争という、戦争の中の道作りである。
戦車に乗っていけば、それで道になる。これを、クレルケ
という。朕が乗った戦車の話である。この場合は、若い人
である。若い人の朕である。若い人は、こういうように
『朕は戦う』と言うたのである。若い人の戦いである。
道作りのことをいう。後、農作業に使われる戦という。

 名高い文人は、『土との戦いであった』という、
感慨の回顧という、名作文の表現である。
この下りは、駄作家の表現という。名作の真似である。
若い血潮の戦いという、軍国主義のような歌である。
 これで、東条をしっかりと口にする人である。
ちゃんと台本はできている。すでに、実際の戦闘という。
戦車に乗った若い人の表現である。大砲を打つ筒もない
戦車もある。これを平和利用という、そんなことを言わない
表現である。戦争であるという表現をする人という。
 東条は何をしたかという、戦争の主役である。歴史的
事実である。これを真似る学びという。歴史は、先生に
教わったものである。

 これで、平和主義という。今は、この平和主義者が口
にする戦争という。若い人はそんなことにお構いなしである。
 今の平和の時から、この戦争を、駄作家の書きによる
解釈をしたのである。主役の若い人である。戦争を
賛成するという、、戦争に行く人である。これを戦闘
という。ものを一生懸命するという。日夜奮励努力の
学習である仕事である。本を相手に戦ったという。これを
ダンゼラーという、ダンブルの表現とそ。
【戦争】
 こういう使いをする人である。この使い方を真似する
場合は、意味を明らかにする。戦争とは以上のような
ものである。そういう見方で世の中を渡る人である。

『これの方がよいかもね』という人という。
田植えをする人を見て、一作の造りとそ。戦争人である
と見る人とも。土との戦いという。有名詩人が使う表現
とそ。
 土と戦っている人を見てヒトラーという。読者という。
戦争人である。こういう表現をする駄作家である。
平和平和という時に、戦争戦争という人である。
 どういう意味で、戦争といっているか、平和と
言っているかという、これも言わない人である。
 だから、東条を取った駄作家の台本を実行する
人である。若い人である。
東条が好きだという若い人である。
【世界外観】
 世界見渡せば、戦車もあり、戦艦もある、
ミサイルもある、爆弾もある。これを、戦争に
利用する人である。町やものを壊すのが、戦争ですかという。
線路を敷設する時には、爆弾でも落として、一瞬のうちに
壊し、後、戦車でこなごなにする。その後、町を作り
ますかという、これが復興という戦争に付き物である。
歴史上の事実である。

 これを平和利用という、戦争利用という。平和平和と
いう人は、平和利用であるという。戦争という若い人には、
戦争利用である。

若い人は、戦車は戦争に使うものであるという。
ここで、駄作者の台本は、戦争であろうが、平和であろうが、
戦車を使うという、現今の軍隊である。

 それぞれの兵器使用に習熟した最新鋭の軍隊という
手立てという、出来ている話である。誰も住まなく
なった廃村という、流民難民後という、廃村の一原因という、
原子爆弾使用すればよい話という。原子炉建設、線路敷設という、
平和利用も戦争利用も、安全利用という大前提が出てくる。

 誰もいなくなったところは、植林という、安全そのもの
である。大そうきょう国の一部という。
 在地の人には植林という、家の前に柳を植える。合法の
考えが出てくる、安全を手にする考えでもある。
難民という流民という、柳一枝を手渡し、旅の安全を
という。柳の話をすればよいことという。

 国籍が二つになるということもなくなる。難民後
流民後のことという。
【不難民、不流民】
『あら、戦争で家は町ごと壊れましたわよ』ということ
になる。不難民、不流民である人という。戦争後に、新家
建築の人である。沢山ある話という。

 難民後、不在町民家、大きい町である場合には、原子爆弾投下後、
戦車導入、線路敷設、原子炉建設という、安全利用である。
 国ごと町ごと、難民になろうという、そういう国に住む
人には、『はい、柳!!』と言えば、現行改良されるのである。
かてて加えて精神世界の改良でもある

 軍隊と言う、国を守る軍隊という、戦争への備えにも
なりますねと、戦争を想定しているのでしょう、当然の
話である。ちゃんと教育も整うている。戦争にも、安全第一
ですねと、軍人が賛成をするのである。戦場へ行くのに
安全第一と、軍人魂という、職業軍人という、戦争に赴く
ことも前提でである。柳を渡して安全にという。

 戦争とはどういうものであるかという。平和な国においては、
かようなことであり、かように考える人もいる。
平和のための武器は、戦争で使うという平和を得んが為の
戦いであるという、平和のために武器を持って立ち上がったと
いう、格好よく聞こえる話という。戦争肯定の隠れである。
こういう場合には、『はい、柳!!』という、『戦いには、
安全を』という、植柳ですか、町造りですかという、そんな
戦争解釈である。
平和という言葉に隠れる、戦争ならず者用という、
『柳一枝を兵士に!!』という、戦争成す人にも勿論
安全という。正常な考えが出てきて、いついかなる
健康安全にという、戦争であろうが平和であろうが
安全第一である。

挿入
 自由の女神の小母の目は、柳目である。その
叔母のお教えである。今もって軍を指揮されて
いるのである。若い人は、その叔母の指揮下の
人である。戦車に乗ったという、ミサイル搭載
軍艦という、乗った人である。
 砂漠の港から船車雄々しく出でという出で
立ちという。
【戦う】
 たたという、田々という、たたかうは、
田を開くことで開田である。これに兵という
言葉がかかってくる。屯田兵という、田を
開く人という、戦う人、兵士である。
寒い辺境へ赴き、開田したという、
5000年程前の歴史である。刀を持って
勇ましく、雑草払いにいったのである。開田
前作業である。これを、戦争といい、屯田兵
という。明示の歴史事実である。
 爆弾という、人がいない大きな古屋が
立っていた、それで爆弾投下をしたという。
戦争という。そういうことである。
戦争中では、こういうことはたくさんある。
戦争を熟知している若い人という。
爆弾の平和的利用というひともいるが、
戦争中の使用であるという若い人である。
カーキー色の軍服に身をやつしという、たんぼ
作りにはそれがしやすい話という。
秋残り開墾譚の一部である。戦争をこういうように
いう人である。通学利用の戦車による。

偉大な戦争論である。
 柳による。柳を植えて改革という。桜然り、銀杏然り、他木
然り、植林という仕事が出てくる。廃炉リサイクルという、
線路敷設という、原子炉建設という、産業界という、
その頃には国が窺うのである。

大そうきょう国建設である。国が国建設に携わるという、
新世界という、国造りの新手法である。植柳植林、原子炉
建設、リニア路敷設、産業が先にたつ話である。国が窺い、
国が添う、統一ということをしないで、統一に先立ち国が
できる。武力でもって、武力でなくとも、これから統一
などと、古い話である。柳をもって平和という、
金のかからない平和の取得である。
若い人のすることである。
 戦争という言葉の解釈という。平和という言葉の
解釈という。
 
若い人はいう、『国を作ることが私の仕事です』と。
一線上の立国という、線路立国である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html
上の【ファイル】を右クリック、『対象をファイルに保存』を
選び、拡張子をsm3に変えて下さい。これでダウンロード
できると思います。後も拡張子を確認してください。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1269大原練習1169天の下1569 MorrocoWheelinDesert 砂漠の船車(車船とも) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3698
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/24柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184804659

この記事へのトラックバック