2018年10月27日

卒業3368京都船旅2268古譜1268大原練習1168天の下1568 MorrocoAutoMotto 自動一輪 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


馬にはのらない:健全家
そうきょうのよい思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3368京都船旅2268
古譜1268大原練習1168天の下1568 MorrocoAutoMotto 自動一輪 (壮強太陽)
鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/27、柳晴
     創曲、Blue Cherry
     造詞、Oasis Young
     監修、Blue Landers
     訳  青花 正(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Morocco townspeople
【場所】under the blue sky
【ファイル】sm3ファイル
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】創郷 
道一線に幕を張る時 斜に幕を張る
青いテントには鳥の飾りつけ拍子石
おの子の春 船の帆柱 船の形木
囲いにし手に銀杏木を片手桜花造り葉
柳のそよ吹かれに泳ぐ鮎 雨の日と
  雨見立ての陽に船を出す 砂漠港出る
  土上の船に車一輪の前回り船はうきで
  水が少なく少し浮いて進発す 手で回す
  櫂 力ため回す 自動の回り繋がる時
  後、行く方 取っ手取り
山行く時 玉木横添わし 肌上がる輪
針があり針の下に板がつき船進む
ふなゆくるみ 砂土へ行く天花屋に
泊まる夜 山羊の親子が横に並び寝る
砂漠に目は青 柳も青 植えていく
また植えて


 狐の天気予報。〇r1918/07/22
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【戦車】
 戦車という。戦争に使うという人がいる。若い人はいう。
『通学に使うものである』という。通学に使っていた人である。
『色んな戦車に乗っていた』ともいう。第一次大戦という記録の
映画に出てくる戦車という、また、今の戦車という。また、
ミサイルを積んだ戦車という。
 この頃の具服(具っ服、ぐっぷく、後、軍服)という、
戦車に乗る時の服装をいう。一つに
背広の三つ分けという。右中左という、こんな福である。
第一次大戦用のルックである。ボタン留めもチャックもある。
後、これをめんという。この服のある時というひぃは、今も
ある。大切に保存されているという。このめんの着という。
ベレセという。これを、ベルレルレンズラーという。
ペペ踏むの着とそ。これを、三つ分けであるひに、
こみをとめという。後、こみおとめとそ。
これが、磯見のやまと。インピルという。
いっぴはんびらという。戦車を使い農のことという。
古く、農業を、農こ、農みという。ネムソムの山
という。これを、津造りという。後、辻造りと
いう。津に辻があるという。津辻のふみ山という。
辻をよるというひぃを、くすれすという。くみゆりという。
ペメ山という。エルテルークスという。このびん浜が
ゆみをよる、ケントックという。ケルレルとそ。けめそ
ともいう。
【町、辻】
 道があり辻がある。この道に、先にたつ、辻があるという。
これを、つじふらとそ。つじふら山のおいゆという。
ペルセランクルーという。辻に君おりがある。
この'おり'のけてをいう。ケルセという。メテと
もいう。ペンツバのよみふみともいう、辻のことをいう。
せんとくという、戦車をいう。せみとも。せっつともいう。
ベルセのゆゆふりという。ここに大王という。だい山の
お書きという。
 戦車の通った所が道であるという。その通りのことを
れつるふりという。
 戦車を道造りにあてて、横をいう、これをみるという。
めせゆせのゆりふりという。このゆれをみという。
戦車の中のことをいう。せっつつれふりという。
めめせのつゆれという。これで、よみふりをふるすという。
 わちゆちのえるせ、という。これのかいせのふりという。
戦車のうりという。戦車をうりふりという。うりせの
山のお書きという。後、町を拵えることを戦という。
 『たた』という町作りである。『たたかう』という、
戦争をたまという。後、ふるれという。
【戦争】
 『朕は戦う』という。これを戦争の地という。
町造りを進めていくトンフォアという。
 南京フォア(ナンキンフォア)という。南京を
作る話という。レムテスーフルという、町造りの
一方法である。
 『朕の戦い』という。これを、やべという。
朕富という。レレンハのお書きという。
 これに、かーどをよるえせゆせの山という。
カードの札を使う国の造りのことをミッツルという。
カードで作る国である。この国の論という。
 ジャーミルスッパの山という。カードを持つ剣
という。カードのゆきという。カードをセルフと
いう。カーセルという、後に出るくみすものことという。
カーレルレースーともいう。
 このカードの国が中国をいう。中越という。
ちゅうのかるふという。中越のなんぱんという。
なんみのゆゆ、とそ。これで、国はできる話で、できた国
とそ。そみとみのゆせ、という。この文の書きの銑鉄である。
戦車をせんという書きである。
 せっつらるせの山という。みみそのふゆれという。
これのてのう、という。セレムセのゆぜら、という。
めめそするふれるすててそててふ、これをむむすという。
みつゆつれるそという。鉄の山のお書きという。
 これを朕だるという。朕の山のお書きという。
朕を自分という。自分をポという。これを、
ぽ朕という、朕ぽともいう。朕保という書きである。
【朕】
 『朕、思う』を、『自分、思う』という。これを、我が
ことという。朕の意味の一意という。
『朕、弓をゆ』という、ピーセルのけめるれという。
これを、げんとるという。後、元帥という。戦争に
かかった役目の言葉とそ。
 『朕は元帥である』という。戦争であるという。
これが、戦争の一意である。国を作ることの範囲に
入る、朕の言葉の話である。
 『朕、弓、山をいう』、せてすの山お書きという。
後という、朕を珍という、珍という朕である。
朕と珍を同じ意味に使った使いである。
この場合のことである。
 『珍、みてはる』という、みみすのゆゆすという。
とみゆすのゆゆめとそ。
 これで音をいう。音の屋の服という。三つ分けの服
という。指揮をいう。指揮者の服という。服せまという。
服るくのゆゆふむという。指揮をとる屋とそ。音を音楽という。
この指揮者の指揮を途(みち)という。途のじょうけという。
途をみむすという。途のほめという。こゆふるれるすという。
ペルレルともいう。めつゆふみという。左公という。
 私の左をさ(左)という、右をう(右)という。右公という。
自分を、サウ、ウサという、体のことにいう。自分のお書き
という。これで、小林一茶という、小林茶という。小林一茶に
あやかる人という。立山意知尋という、若い人という。
政治家の人である。
 『原子炉をとる』という、原子の屋を、ゲントルという。
ゲメともいう、ゲセともいう。ゲチともいう。ゲチ成す
ナチという。これをなやみ、なやむという。ナチスの元帥
であるという。そういう人という。第一次大戦のナチス
という。那智のお書きという。戦車論という。銑鉄のはとれとそ。
『は』を派と。これをはつという。お発(お初)のやまのおかき
という。
【南京】
 那智発の南京という。これを、線という。線上の立国という。
那智ではつめとそ。南京発の大そうきょう国である。東の条の
ドン発である。時速2000キロの敷設とそ。線であり条である。
 線上車の話である。2000キロ、じょっこくという。
条告のそうりるという。そむすての立国である。
 すでに手段は整っている。産業線という。産業を興し、
ゲッテルをいう。げつめつのゆみすよという。
東条英機のドン発である。第一次大戦と一緒に歴史をとる
この歴史のりせをいう。利用のことをいう。東条英機で
ドン発をいう。第二次大戦は、その幕を切って落とされた
という。大そうきょう国の話にする、駄作者の取りである。
 南京という、南京政府という、これを継承するという
駄作者の継承である。東条英機が駄作者である。
これを読む人等(ひとら)という。ヒットラーという
駄作者である、読者がヒットラーである。ナチスの
ヒットラーであるという。
【歴史上の戦争】
 同盟も取っておくのである。否応なく読者は、
東条英機の同盟者である。歴史上の事実という。
ドン発という、これももう、あったのである。
柳条構という、ドン発である。もうあったのである。
 こうして、読者は反対もなにもかもできず歴史上
へ出されたという。過去のことである。
東条の独裁という、戦争反対はいかがであったか
という、反対すればどうなるか、歴史上明らかである。
賛成という読者となる。過去のことという。
 こういうことで、大そうきょう国もできたので
ある。過去のことである。
 時速2000キロという、電車もできているのである。
南京ドン発の、上海端である、柳条麗しく、流線形
の電車である。アフリカの西海岸まで至る直線の
線路上の電車という。E線上のアーリアという
有名な楽である。東アジア発である。もう
音楽もできているという。
【E線上のアリア】
 earlierという電車である。2000キロ以上である。
東京発、日本海の海底経由、釜山、京城、中国北京、
アメリカ、南米、オーストラリア、インドシナ、中国
という、太平洋は庭、池である環太平洋というリニア
線路という、これもできた話である。一朝一夕にできる
話とそ。
 アメリカも、南米、各都市を、京と言えばよい話とそ。
北京、南京、京都、京城、アメリカ米京、南米京、安的来得
(オーストラリア)安京・・・・と、過去にできている。
至る所、京という、双んだ都市という、これを双京という、
私という双京である。双んだ話という。
 珍相のるくせくという。
 盧溝橋あり、柳条構あり、チグリス・ユーフラテス大河も
一跨ぎアフリカへ行った話という。時速10000キロも可能と
いうアーリアの話である。
 E線上のアーリアという、電車の線路であり、駅である。
双んでいた音符である。
 音楽から見ても、世界リニア網という、地図に線を引けば
もう出来たのである。先般発表された絵地図である。
駄画家の書いた絵地図である。
http://akinokori.sblo.jp/article/183936019.html
 歴史からも、地理学からも、音楽からも、・・・・
可能論である。、世界リニア網という。
 戦争という話てある。世界大戦という。東条英機が
好きであるという若い人という。
『朕は戦う』というた人である。
【目前過去】
 過去は目の前にある。これからである。『若い血潮の
予科練の』という、ドン発は目の前である。大そう
きょう国という。一字一蛛A一里塚という、柳、
松を植えた話とそ。
 これで精神病は快方に向かい、争いもなくなる。
巨大原子炉を作れば尚よい話である。時速10000キロ
という線路には、必要である。オリンピックスタ
ジアムという恰好のものである、原子炉に使うという
原子力構想である。人心安定の話である。
【廃炉後於砂漠利用】
 廃炉があれば、砂漠へ持っていき、時速2000キロ上海
モロッコ間列車の動力源にする話とそ。
世界経済学者の若い人である。
 経済活性という、植林を伴い、原子炉を建設し、
線路敷設という。流民という、流れている暇はなくなる。
とりわけ、植柳、植銀(杏)、植桜・・人心は安定し
紛争がなくなる。
 国連柳の若い人という。平和平和という言葉の
陰に隠れる悪を防ぐ一方法である、柳という言葉である。
【柳】
柳をもって応対という、脳が正常に働くことという。
合法という考えが出てくる。柳の言葉という。
犯罪がなくなる言葉でもある。安全健康である言葉とも。
 紛争地という、難民という、流民という、柳を使う話
という。政府軍であろうが反乱軍であろうが、柳である。
革命には柳をという。武器をもっての暴力の革命は、
ない話という。大昔の話という。フランス革命、
ロシア革命という古い話である。民主主義はああ
いうことをしないのである。言論によって体制、政体
を変える話という。ここに登場するのが柳である。
ヤナギ論という正論である。
 若い人の柳口より出でる言葉である。
『朕の柳口』という人である。
【朕】
朕という古い言葉という、明治時代には、作家のみ
ならず、庶民も使っていた言葉である。
芸者だけではなく、女性も使っていた話という。
自分という朕という言葉である。珍ともいう。
【朕駄味】ちんだみ
 ポン菓子の辛い物をいう。珍しいという意の使いである。
三味でも使うちんだみである。この字を書く話という。
月琴に合わせる時に、『朕を取る』という、音取りの
ことである。『シ』に合わせる合わせという。洋楽の
『シ』の音である。低い『シ』を珍という。これを、
ちん合という。ちん合わせという。珍朕という、朕珍とも。
沈合の合わせ出来の言葉である。合わせたら、『合(ごう)』
という、これを沈合という、古い音楽用語である。
他楽器の合わせにも、沈合という。沈合わせである。
 音をめという時の、めとりがこれである。
一般には、音取(ねとり)という。音取(おとと)
ともいう。
【沈合】
 沈合という。これを、ちんぜという。朕是という。
生殖器のちんの背ともいう。朕是、珍是と書く。
 楽沈、楽珍、楽朕という、音楽の合わせという。
曲を合わす曲という。曲と曲を合わす話という。
クラシックを歌に用いたりする合わせなどである。
楽食ともいう。クラシックの曲を取り入れた曲、
また、他の曲を取り入れた曲とも。楽帝の山という。
楽庭とも。帝の庭の意味である。
何々亭というのがその意味である。
【ロイヤル】
 英語でロイヤルという、囲われたという意味という。
ヤードという。ロイヤルヤードと言えば、囲われた庭
という意味の使いという。
 ロンドヤードというひに、ロワイエ、ロワイヤという。
古い小ロンドン、古ロンドンという、そこの言いである。
古ロンドンの小左という、さみゆみの言いという。
ベルッスのゆめという。ベーハンランマともいう。
ランゼルのゆり原という、ランドセルのことをいう。
ランダンミツという。ラックというラクセルのゆれという。
これをらんとめという。合沈のことをいう。沈合である。
音が合うて沈んだという。これを、るれる、るれ、とそ。
るみすらともいう。るみという。るれるみの音合いという。
これを、音成すか、という。'か'を可という。音成可という。
これが、成果の、楽曲を聞いた後という。音の成果である。
曲を終えたことをいう。その語源である。ろっすという。
この'ろ'の囲みという。ろわいという。囲みをろわく山
という。ろわいの語源である。ろいとそ。ろい山の
お書きという。ロワイヤル・キンゼラーという。これを、
ロックスという。ロクメスという。ロクロともいう。
ろっこくの山という。音楽にロックという話である。
六段の山である。これが、ロックをとるロックの意を
とる、いめふら、という。いめそみという。いめふら
ともいう。いめたらの音行きという。おんてまむの山という。
てすゆすの話という。てみそという言葉がこれである。
音の手で、沈合手である。合奏を沈合という、
沈合楽という。これが、キッポの山をいう。キッポー楽
という。音をめでて、吉音という、単に吉ともいう。
音楽のことをいう。きちゆつという。きちみつのはつともいう。
音楽発の世界地図である、五線線路の音玉という。音符の
見方の地図合わせという。駅であるという、また、建物で
あるという、五線上の早見方である。ドラムス大尉の
ため読みという。五線紙を形で見ていく見方という。
【楽地音】
日本の民謡などのギザギザの線で山のように書いてある
楽地音という。この見方の五線の見という。これを、
ドラ見という。ドラの見をむす、と。ドラムス見である。
ドラムス大尉という戦争の軍の役目に見立てた書きである。
合戦と合旋の話である。葦之ヶ原合戦絵巻という、合旋の
ことである。これを合戦という話という。
一種に歌合戦がある。のど自慢という。
ロイヤルフックスというのが、これでもある。
ろめすかお、という。ろめ山という。ろめの山のお絵とも。
ロイヤル論の話である。
【賀陽】
 ロイヤルという話で、音囲いをいう。合戦に太鼓や鐘を
たたく話という。幕を張った御前試合という、これにも
拍子木、太鼓、鐘塔をもちいる。音め山のお書きという。
音目という、がめほめの話である。'がめ'は鐘、金である。
賀陽という、がれとそ。がみゆりともいう。げめそという。
がっつという。賀陽山のお書きという。がよう、かようとそ。
古く、歌謡曲を賀陽(がよう、かよう)という話です。
です止めの文章という。本文とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

【MusicScoreViewer、ソフト】
 MusicScoreで楽譜を作っていますが、
(ファイル拡張子は、sm3です。)
MusicScoreViewerを使えば、楽譜が見やすくなります。
MusicScore専用のviewerソフトです。
無料でダウンロードできます。
https://www.silverstar.co.jp/music/product/msv/index.html

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1268大原練習1168天の下1568 MorrocoAutoMotto 自動一輪 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3688
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/22柳晴、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184787448

この記事へのトラックバック