2018年10月11日

卒業3352京都船旅2252古譜1252大原練習1152天の下1552 IcelandSickle 石の鎌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3352京都船旅2252
古譜1252大原練習1152天の下1552 IcelandSickle 石の鎌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/11、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌68
石の釜持ち刈る 稲は落とし植えの田んぼ
春に植え一月後 水を抜き刈れば青稲穂
早くなる稲 陸行く刈穂の舟を引き
我が家へ歩む
  春の落とし植えに 稲の根には
  石を付けて 舟に乗り足膝の深さ
  田んぼに稲を落とし植える
  田の上 我が家が立ってる
  見渡す限り水の海
下へ階段下げ降りる船に乗り
田を見る 大き海 遠くには
大き木船が浮かび帆の先見せて
ゆっくりこちらへ寄り来る
古い日の私の記憶

 狐の天気予報。〇r2018/10/13
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 
【いろは】
 家の周りは大きな水の海。そこに家を建てる海洋人である、
若い人という。
 稲の根に、石を付けて、それを船から落とし植える。
海洋植稲農法とそ。今を去る、2年ほど前である。
稲を落としていく農業の方法という。
比較的古い中の新しい植えである。
南洋人種という、若い人の部族の植えとそ。
 石の造りという。寝に石を直接つける造りとも。
根先に石を作る方法の農手という。これを、
石造りの造(みやっこ)という。若い人の宮の
話とそ。自分の家を宮という人である。
 家の中には、階段があり、下へ降ろす仕組みの
造りとそ。下は水である。船に降ろす階段という。
階段を降りて、階段を上げ、船を漕いでいく。
そんな日々である。
 よもの海という、この日の海の名という。
四海定平という、若い人である。【い】名をいという。
いの山のお書きという。【ろ】呂の人のいう、【は】歯の白い
人である。【に】にの山のお書きという。
 【ほ】穂を摘んだ船に、【へ】への山のなりの舟という。
へ型船という。【と】戸を開ければ、【ち】地は水とそ。
【り】りの絵という。【ぬ】ぬれば、【る、を】流々を
とる_をという。【若】
 若い人の覚えという。【よ】世々という、【た】
田が為の【れ】冷東という。【祖】楚の人の【常】
常という。楚の人である、若い人である。
いろはの覚えである。
暗記の山のお書きという。
この文を暗という。暗の家(や)の歌という。
本歌である。
【なら】ならを後で描く。これをならむ書きとそ。
ういういの略々という。そういう話という。
 その人の覚えである。若い日の田の記憶とそ。
 太陽が海一面であった日とそ。海一面の太陽
という。太陽の日のおゆれるという、おゆれ
ともとそ。
 いずれの頃であったか、という頃の頃である。
ころ終わりのころ書きである。
 コロポックル書、これなるを。
 いちさんよんご1345のお書きともとそ。
 13世紀4月5日である頃のこととそ。
 その日は、家は海に立つとそ。
 海洋家の若い人である。
 そういう日もまた来る、若い人はそう思う。
 若い人の中海である。地中海ともいう。
 絵ー毛文明の人である。
 絵に毛を見てそう思った人である。
 エニケ録という、中脳の目である。
 くるっと回ってにゃんこの目という。
 ここふりという。わんをとせという。
 わん落としの山という。渡世する人である。
 家を上げるという、上へ上げる人である。
 水の対応という。水対応家の住みという。
 絵ー毛海の見をするひととそ。
 自分を絵ーという。Aとも。
 そういう人である。
 絵野ともいう。海の絵を見てそう思った
 人である。
 エーゲ海文書、これなるを。
 著、若い人。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1252大原練習1152天の下1552 IcelandSickle 石の鎌 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3528
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/07/06雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184662093

この記事へのトラックバック