2018年10月02日

卒業3342京都船旅2242古譜1242大原練習1142天の下1542IcelandMemoryComeBack 覚醒 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

すみません、明日にします。

そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3342京都船旅2242
古譜1242大原練習1142天の下1542 IcelandMemoryComeBack 覚醒 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/10/02、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌75
思い出す 御爺さんと御婆さんとおいられ
隣の部屋からは歌が流れる教わり歌を歌えば
楽し お声あげられ 一緒に歌歌う御爺さん
大き声胸に残るお声思い出す
  町歩き見て歩けば 見たよな気がする また
  せず またする そんな思い 心の中に
  いったり来たり 辺りを見てはまた見る
  確かか 思い出は遠い遥かな昔 
  かすか残る 憶えは切れ切れ
悲しくもあり 覚えは遠のき消え
長くも時過ぎ 町へ着き 着いて
しばらく なぜか何処か見たような
気がしたり 遠くの町だが いつ来たか
故郷は長い間に 心より薄れ消えていた
  楽しくも蘇った遠い世の日心の奥には
  里ありて ここにいてあり 我はいたり
  ありたと憶えていたりありたり 確かに
  いたりあり 故郷は蘇り遠き世より
  蘇りきたり
 狐の天気予報。〇r2018/10/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

 『そんな遠い所へいったことがあるか』と、人は問う。
若い人は言う、『オスプレイに乗っていった』という。
『斜めにあがった』とも。続けて『記憶番地はと、
おきあいす・ヌル oki-ice nulで、こんぴゅーたー
の覚えである』という。ヌル番地にあるという。
 コンピューターのことだから、確かに正確であるという。
メモリー00番地にある、という。ターミネーターが
運転していたという。高い山の高山であった記憶という。
恐竜の兎がいて、他の恐竜もいたという。飛騨竜というと。
飛騨竜、高山竜がいる。
自信をもって言う人である、若い人である。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1242大原練習1142天の下1542 IcelandMemoryComeBack 覚醒 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3





-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3428
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/27雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.


posted by 秋残り at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184581336

この記事へのトラックバック